Pocket

 マッサージと言っても、さまざまな種類があります。もちろんここで取り上げるのは、夜遊びと呼べるマッサージのことです。


 まずは、普通のタイ式マッサージ店。通常は、普通のマッサージしかないはずです。そのはずなのですが、やはりお金を稼ぎたい女の子にとって、マッサージでもらう料金だけでは満足できないのです。それで、個室やカーテンで仕切られていることをよいことに、ハンドマッサージを誘ってきます。だいたい500バーツが相場のようです。それ以上は...ケースバイケースです。
 
 次にファッションマッサージのお店。タイでは、店の名前に区別はありません。ただ、それらしい広告を出していたり、店構えがいかにもエッチそうに見えるので、すぐにそれとわかります。料金表の中に、すべてコミコミの料金が載っています。
 
 サービス内容は、ハンドマッサージ、性感エステ、本番まで。基本的にはマッサージをきちんとしてくれるので、MPより多少高めの料金設定となるようです。入場時にマッサージのみの料金を支払い、あとは女の子と交渉するというテクニックもあります。
 
 最後は出張マッサージ。基本的には店舗を持たず、電話だけの対応になります。マッサージ嬢も電話連絡を受けて、それぞれの居場所から客の元へ向かいます。これも最初から全て込みの料金を支払う方法と、マッサージだけで呼んで、女の子と交渉する方法があります。
 
 ただし、出張マッサージでスペシャル(=特別なマッサージという意味)をしないと、女の子はとたんに不機嫌になって、帰ってしまうかもしれません。マッサージ料金のほとんどがお店の取り分になっている場合が多いからです。便利さもありますが、当たりはずれが大きいのも、このマッサージの特徴でしょう。