Pocket

 ゴーゴーバーは、日本ではあまりなじみのないシステムです。ですが、とてもシンプルですので、心配は要りませんよ。
 

 言葉が通じない外国においては、システムを知っておくことが大切です。たとえば乗り物でも、どこで、どのタイミングで、だいたいいくらくらいを支払えばよいのか、行き先をどう伝えればよいのか、そういうことを知っていれば安心して乗れますよね。
 
 同じように、ゴーゴーバーのシステムを知っていれば、安心して遊ぶことができます。少々言葉が通じなくても、全く気にすることはありません。
 
 まず、ゴーゴーバーでの遊びで支払う料金は、次の3つです。標準的な金額も示しておきます。
 
1.飲み物代:100~200バーツ/杯
 ※レディースドリンクは、客の飲み物代と多少違いがあります。
  特にコヨーテドリンクは高めになっているところが多いので、ご注意ください。
2.ペイバー代:500~700バーツ/人
3.女の子へのエスコート代/1,000~4,000バーツ
 
 飲み物代は、注文した飲み物に応じて支払います。女の子に飲ませるコーラ代(レディースドリンク代)も同じです。注文した飲み物が届いたつど支払うこともできますが、普通は店を出るタイミングで、卓上の伝票を合計して支払います。
 
 ペイバー代は、女の子を連れ出すことにしたときに、お店に支払います。女の子との交渉が済んでから、支払った方がよいでしょう。この支払いが終わると、女の子は着替えに行きます。
 
 女の子へのエスコート代は、女の子との遊びが終わったときに、女の子へ支払います。金額にかなりの幅がありますが、これはお店ごとの相場の違いと、ショートかロングによる違いです。ショートとロングは、女の子と遊ぶ時間の長さと考えてください。詳細は、次の「ゴーゴーバーの専門用語」で説明します。
 
 これら以外には、いっさい支払う必要がありません。どうです?簡単でしょ。
 
 もちろん、チップというものは存在しますが、これは義務ではありません。楽しかった、サービスが良かったと感じたとき、直接その人へあげましょう。
 
 また、女の子をホテルに連れ帰ったり、遊びに連れ出したりして遠くまで行ったときは、店に帰るくらいまでのタクシー代(100~200バーツ程度)は、チップとして追加してあげるとスマートですよね。
 
 精算した時のお釣りの小銭はトレーに残してあげると、あとで給仕の子たちが分けて持ち帰ります。サービスが良かった子に直接あげるチップは、お札にするのがスマートで良いと思います。ちょっとしたことのお礼なら、ホテルのベルマンに渡すのと同様で、20バーツで十分です。気に入った女の子にあげるなら、100バーツくらいを目安にすると良いでしょう。