Pocket

 バンコクの代表的なナイトスポットを紹介しましたが、ぜひ知ってほしいのがゴーゴーバーなのです。その理由は4つあります。
 

 第1に、日本に同様な形態の遊び場がないこと。裸同然の女の子が踊っているのは、ストリップ劇場くらいでしょう。でも、その踊り子を自分のそばにはべらすことができますか?店から連れ出すことができますか?しかも、踊り子の数は少ないですよね。
 
 ゴーゴーバーの大きな店では100人近い踊り子が交代に踊り、その中だけでなく給仕の子まで含めて、そばに呼んで話をしたり、連れ出すこともできます。まさによりどりみどり、客の願いを最大限にかなえてくれる世界なのです。
 
 
 第2に、女の子に拒否権があること。MPやカラオケでは、女の子が客を選ぶことは基本的にできません。しかしゴーゴーバーでは、女の子が拒めば、連れ出したいと思っても連れ出せません。そればかりか、そばに呼んで話をしたいという願いさえも、拒まれてしまうことがあります。
 
 相手に自由があるからこそ、心から楽しめる。そんな大人の遊び心を満たしてくれる場所。それがゴーゴーバーなのです。そういう意味では援交パブと同じですが、女の子がお店に所属していることで、身元に対する安心感があります。連れ出してホテルへ行ったら、睡眠薬を飲まされて財布などを盗まれたなんてことになったら、最悪ですものね。
 
 
 第3に、基本的な料金が安いこと。入場料やテーブルチャージなんてものはありません。ビール(ソフトドリンクも可)を1杯だけ注文すれば、その料金しかかからないのです。全部まるごとセットではなく、どこまでやるのか、どれだけやるのか、全て客が自由に選ぶことができるシステムなのです。
 
 だから、今日はいろいろな店を見て回るだけという遊び方も可能だし、気分がいいからステージ上の女の子全員にドリンクをご馳走しよう、なんて大盤振る舞いもできます。女の子を連れ出してもいいし、連れ出さなくてもOKです。2~3人の女の子を一度に連れ出すこともできます。
 
 
 第4に、女の子の容姿を完全に確認できること。MPやマッサージ、カラオケや援交パブも、女の子は服を着ています。また着席している場合もあります。そのため、スタイルがどうなのか確認できません。それは脱いでのお楽しみとなるわけですが、それで失敗したという話もよく聞きます。
 
 その点、ゴーゴーバーは基本的に裸同然ですから、容姿をバッチリ観察できます。たしかにブラをしている店だと、乳首の色形まではわからないこともあるでしょうけど。でも、どうしてもそこまでこだわるなら、呼んで座っている時に、100バーツくらいチップをあげて見させてもらったらどうでしょう?そんなことも、もちろん可能です。
 
 
 以上の4つの特徴があるのは、ゴーゴーバーだけ。ゴーゴーバーは、大人が大人として楽しめる完璧な遊び場なのです。