Pocket

 席に着いたら、次は飲み物のオーダーです。オーダーの仕方は、それほど難しくはありませんので、スマートにオーダーしましょう。


 席に着くとすぐ、給仕の子が注文を聞きに来ます。「えっ、今何て言ったの?」なんてこともあるかもしれませんね。なにせここはバンコクです。給仕の子は、ほとんど日本語が話せませんから。
 
 こんなところでつまづいていては、先が思いやられます。ここはスマートに飲み物を注文して、ゴーゴーバーを楽しみましょう。
 
 席に着いてすぐに給仕の子が話しかけてきますが、聞き取れなくても心配要りません。まず100%、「何を飲みますか?」と聞いているのですから。中には片言の英語で聞いてくる子もいて、「ドリンク」くらいは聞き取れるかもしれませんね。
 
 オーダーできる飲み物は、けっこういろいろあります。ビール、ウイスキー、ブランデー、カクテル、ソフトドリンク・・・。ですが、ここはゴーゴーバーですからね。珍しい飲み物がないかと探しても、あまり意味がないでしょう。
 
 オススメなのは、自分の飲み物をあらかじめ決めておく方法です。これなら迷うことがありませんから、スマートに注文できます。値段もあらかじめ調べておくのがベストですが、知らなくても大丈夫です。だいたいどこでも似たような金額ですし、少なくとも日本の値段よりは安いのですから。
 
 代表的な飲み物は、ビールです。銘柄でオーダーします。だいたいどのお店にもあるのは、「ハイネケン」「ビアシン(シンハービア)」です。「アサヒ」「チャーン」「リオー」「タイガー」「サンミゲル」なども、置いているお店はありますよ。
 
 ビールはダメという人は、「ジントニック」「モスコミュール」などのカクテルはいかがでしょう。これもオーソドックスな何か定番を決めておくと、スマートにオーダーできます。
 
 アルコールがダメという人も大丈夫です。ソフトドリンクとしては、「コーラー」(だいたいペプシコーラですが、コーラーと発音すると通じます。最近は、「コーク」という言い方も増えてきました。)「オレンジジュース」「チャー」(紅茶)「ウォーター」などがあります。
 
 スマートにオーダーするには、自分自身の定番を決めておきましょう。どのお店にもあるものを決めておけば、メニューを見なくてもオーダーできますよね。それでも選びたい人は、「メーヌー」と言ってメニューを求めましょう。