Pocket

 ゴーゴーバーは風俗だから女性が行くところではないと、思い込んでいませんか?だとしたらせっかくのバンコク旅行なのに、ずいぶん損をしてますよ。実は女性でも、ゴーゴーバーを堪能できるのです。


 ゴーゴーバーには、もちろん風俗という一面があります。その一方で、エンターテイメントという面も持ち合わせています。また、タイ社会の一部を垣間見ることもできます。そういう興味深い場所ですから、ぜひ女性の方にもゴーゴーバーを楽しんでいただきたいですね。
 
 まずは、エンターテイメントとしてのゴーゴーバーを楽しんでいただきましょう。その一つがショーです。セクシーショーやレズショーなどがありますが、ソイカウボーイもナナプラザもやっています。それぞれの店に特徴がありますから、お店情報などで確認してください。日本では、たまにどこかでトップレスショーを見るくらいでしょう。それをバンコクでは、予約なしでいつでも見に行くことができるのです。
 
 ショーと言えばオカマショーを思い浮かべる方も多いでしょう。オカマショーと言えばマンボなどが有名ですが、実はマンボよりもきれいなお姉さま方がたくさんいるお店がナナプラザにあるのです。残念ながら、最近はショーをやっていないようですが、その美しさは一見の価値があるでしょう。
 
 もう一つ、生演奏を聞かせるゴーゴーバーもあります。やはり生の音は迫力がありますよね。女の子そっちのけで音楽に聴き入ってる男性客を見て、ふーんそんなもんかと客をウォッチングしてみてはどうでしょう。
 
 他にも、照明など内装に非常にお金をかけた店もあります。へたなバーで飲むより、こちらの方が豪華な気分が味わえるでしょう。
 
 ファラン(西洋人)の女性は、けっこうゴーゴーバーにやってきます。だいたいは男性の連れと一緒です。ツアー客らしい人もいます。お店の女の子たちと仲良くなって、店外で記念写真を撮っている人もいます。
 
 おそらく日本人の女性が想像するより、ゴーゴーバーはオープンなところです。せっかくのバンコク旅行ですから、ぜひゴーゴーバーも楽しんでみてください。