Pocket

 もともとはシルバードラゴンという名前の店でした。その上のマンダリン1と、ソイカウボーイのシャークが姉妹店です。


 この店の特徴は、大きなステージがないことです。ソファー席の目の前に小さなステージがあり、そのような小ステージが店内にバラバラにあるという感じなのです。
 
 ダンサーは、数曲をその上で踊り、交代して、今度は他のステージで踊るというスタイルなのです。最近それに似たスタイルの店がソイカウボーイでもオープンしました。ティーラックです。ここは中央に十文字型のステージがありますが、基本は客の目の前で踊るというスタイルです。
 
 これは、ゴーゴーバーの新しいスタイルになるかもしれません。ソイカウボーイのスパイスガールズなども、一部がそういうプライベートステージになっています。
 
 元々は中央のステージと周りの客席というように、客とダンサーの距離が離れていました。もちろんステージ周りのカウンターに座れば近いのでしょうけど、ダンサーがまとまっているので、意識の上でもダンサー対客という構図になっていました。それをプライベートダンサーの意識に変えてくれるのが、このスタイルだと思っています。
 
 ただ、欠点もあります。それは、ダンサー全体を見渡せないことです。ですから、入ってなるべくローコストで自分好みの女の子を見つけ、すぐに連れ出したい人には不人気でしょう。
 
 でも、ゴーゴーバーは置屋ではなく、ダンスそのものを楽しみ、女の子との会話も楽しむという人には、価値があるように思えます。とりあえずざっと見て良さそうな子を横に座らせ、会話を楽しんでいる間に、目の前で踊る子も眺めて楽しむような、そんな遊び方です。
 
 マンダリン3は、すぐに女の子を選ぶようにと少ししつこい感じもしますが、コーラをご馳走したからといって連れ出さなければいけないわけでもありません。1杯ご馳走するだけでもよいのです。座っていればいろいろな子が目の前で踊ってくれるので、それを見ているだけでも楽しいものですよ。
 
 5番、39番あたりが目をひきましたね。他にもスタイルの良い子、ダンスのうまい子、陽気な楽しい子などいろいろいますから、ご自分の目で確かめてみてください。