Pocket

 久しぶりにレインボー3へ行って見ました。ナナプラザの2F左側にある店です。最近、ネットにレインボー3が復活したという情報があったので、その真相を確かめに行ったのです。


 水曜日の時間は9時前です。まだ少し早い時間かもしれません。でも、ネットの情報では8時で客も一杯で、カワイイ子がたくさんとあったので。
 
 店内に入ると、「あれっ!?」て感じです。客が少ない(誰もいない)のはまだしも、ダンサーが4人しかいません。以前より少し明るめの店内が、かえってうら寂しさを感じさせます。
 
 とりあえず座ってみてると、しきりに誘ってくる小柄な子がいます。まあまあと押さえつつ、しばらく様子を伺ってました。ダンサーが交代しても、やはり4~5人です。数人の客が覗いてみましたが、すぐに引き返しちゃいました。そりゃーそうでしょう。ダンサーはちっとも踊らないし、人数は少ないし、他に客はいないし。
 
 さっきステージから誘ってた子が隣に来たので、話を聞いてみました。すると、女の子は登録されているんだけど、みんなキーキヤット(めんどくさい)だから休んでるんだとか。あなたはなぜ休まないのかといじわるな質問をすると、ひとりで部屋にいても寂しいし、することがないから働いたほうがよいと。
 
 年齢は聞きませんでしたが、化粧の厚さからすると25歳はいってそうです。でも、小柄でスタイルもよく、もういいと言っても一所懸命にマッサージをしてくれました。60番の子です。他に、100番の子もちょっとカワイイ感じで、私の好みですね。
 
 タイ人は、両親や祖父母によくマッサージをしてあげます。だから、たいていの子が、マッサージを得意にしています。そういったところにも、タイ式マッサージの素養があるのかもしれません。
 
 そのあと、レインボー1へ行ってみました。客がいっぱいです。この差はなんなんでしょうね。そんなに圧倒的に違うとも思えないのですが、規模による差なのでしょうか。
 
 レインボー3は、あの小さなステージをどううまく使うか、工夫する必要があるでしょう。ただブラブラ踊っているだけだと、容姿端麗のダンサーばかりを揃えないと、なかなか難しいでしょう。ハリウッドのように、1曲ごとに踊る位置を変えるとか、もっとしっかり踊るように指導するとか。
 
 ここはママさんの手腕が試されるところでしょう。客からすると競争相手が少ないので、穴場と言えるかもしれませんけどね。