Pocket

 ついにあのスパイスガールズが大変身しました。まさか本当にこれをやってしまうとは。オーナーの狙いはここにあったのかと、改めて思いましたね。バカラの物真似で始まったスパイスガールズでしたが、ゴーゴーバーに新たなジャンルを確立するかもしれません。


 スパイスガールズは、コヨーテ・パブになりました。入って右側の縦長のステージで踊るのは、コヨーテ・ガール(タイではコヨーティーと言います)たちです。ゴーゴーバーのダンサーと何が違うかは、見ればすぐにわかります。まず、コヨーティーは服を着ています。もちろん大きく肌を露出したセクシーな衣装ですけど、ビキニとか下着、あるいはトップレスやオールヌードといったゴーゴーバーのダンサーとは全く違います。
 
 それじゃあ全くおもしろくないだろうって?いやいや、それがそうでもないのです。まず、ダンスのタイプがゴーゴーバーとは全く違います。ゴーゴーバーのダンスの主流は、例のクネクネダンスです。ポールにつかまって、腰をクネクネとさせるダンスです。これはこれで、とてもセクシーなんですけどね。ただ、そういうダンスもせずに、前後に体を揺するだけのダンスをするダンサーが多いのも事実。これが見ててちっとも楽しくない。
 
 一方のコヨーティーは、常に動いてます。特に手の動きが特徴で、体をあまり大きく動かさずに、手を動かすことでダンスを派手に見せてます。また、最近のテンポのいい曲とマッチしたクイックな動きが特徴です。ゴーゴーバーよりコヨーテ・パブの方がいいという人がいるのもうなずけます。
 
 スパイスガールズは、大きなステージではコヨーティーがダンスをし、入って左のテーブルステージと2Fでは、ゴーゴーバーのダンサーがトップレスで踊ります。どちらも楽しめるという仕組でしょうか。
 
 ただ、コヨーティーが目的なら、入って右側のソファー席に座った方がいいでしょう。みんなそちらを向いて踊りますから。後姿が見たいのでしたら、入って左側のソファー席でもいいのですが、奥の席は長いソファーで、他の客が出入りするときに立って通してあげなければならず、あまり落ち着けません。新しく作った割には、こういうところは良くないです。
 
 1人だと座りにくいですが、入って左の席に座るのなら、テーブルステージのある席がいいでしょう。左手前の席は、他の客の出入りのじゃまにはならないものの、ステージを横から見る形になり、柱もあって見づらくなっています。
 
 飲み物代は、ちょっと高めです。コヨーテ・パブと同じくらいかもしれません。レディースは、コーラが150バーツですが、テキーラは200バーツです。ちょっと気を許すと、勝手にダブルで入れられちゃいます。そういう難点はあるものの、素人っぽい女の子がきびきびと踊ってる姿は魅力的ですね。ハマりそうです。