Pocket

 久しぶりにジャンメダイのオススメ情報を書きます。と言っても、今日のゴーゴーバーで書きつくしていますけどね。それでもあえてオススメに値するお店。それがソイカウボーイのティーラックです。パッポンなどでおなじみのステージと客席が分かれた配置をやめ、バーのあちこちでダンサーが踊るスタイルの草分けでしょう。


 さらに、コヨーティーとゴーゴーバーの融合。これがすばらしい。スパイスガールズ系もコヨーティーがやってきますが、ステージは別々です。コヨーティーとゴーゴーバーガールが、同じステージで競演することはありません。
 
 さらにさらに、ドリンク代が安い!もう一度声を大にして、「ドリンク代が安い!」んですよ。あちこちの店でドリンク代が値上げされましたが、ティーラックは比較的に低めの設定。しかも9時まではハッピーアワーで、ビールが70バーツで飲めるというのもうれしいです。
 
 レディースドリンクも、たった100バーツです。アルコール飲料でも130バーツ。これなら女の子からせがまれても、どんどん飲ませられるでしょう。(と言っても限度がありますけどね。)スパイスガールズ系やバカラだと、レディースドリンクは150バーツです。ついつい「チップとドリンクとどっちがいい?」なんて聞いちゃいますよ。「チップ」って答えたらラッキーと、100バーツで済ませちゃいます。(ちょいセコイ)
 
 また、女の子たちがよく踊るのも、ティーラックの特徴です。よく踊ると言えばシャークの専売特許だったのですが、今や完全にティーラックが上ですね。これもコヨーティーとの競演効果かもしれません。
 
 それで女の子のレベル(美しさ、かわいさ、スタイルの良さ)が劣るかといえば、それほど悪くはありません。中にはソイカウボーイで1番カワイイと私が勝手に言っている、元レインボー2のヌックちゃん(78番)もいますしね。ナナプラザのレインボー各店と比較されると困りますが、ソイカウボーイなら平均以上でしょう。
 
 ソイカウボーイの女の子は、あまり高望みしない子が多いように思います。お店の上階で暮らしている子も多く、お金をかけない生活が身についているのでしょうかね。私の経験では、あまりねだられたことはありません。
 
 そして私の一番のオススメは、やっぱりコヨーティーのダンスです。ゲーエちゃん、ジッキーちゃん、イウちゃんの3人は、背が高くてダンスが映えますね。それに大きな目が魅力的なエァムちゃんが加わると、もう最高ですよ。
 
 また新人のコヨーティーが加わったようです。ちょっと太目のゲートちゃんは、2週間くらい前からティーラックへ来ています。ペッギーちゃんは、コヨーティーとして踊るのも初めてだとか。なかなかかわいい子です。その割には堂々としたダンスを披露してますけどね。
 
 客層は、まだファラン(西洋人)がほとんど。日本人は少ないですね。あまり知り合いに合わずに済むというのも、ティーラックの魅力の一つかもしれませんね。