Pocket

 「隠れ家」って、なんとなく魅力的じゃありませんか。子供のころ、秘密基地と称して空き家の中におもちゃを持ち込んだりして遊んだ経験がおありでしょう。男というヤツは、どうもこういうほかの人が知らない場所に居心地のよさを覚えるようです。「大人の隠れ家」もその延長にあると思います。今回は、ナナプラザの隠れ家をご紹介しちゃいましょう。


 「紹介したら隠れ家にならないじゃないか。」なんて突っ込まないように。そんなにこのブログを読んでる人は多くないですって。もし共感して読んでくださる方がとっても多かったら、ソイカウボーイのバカラに行く客が激減しているはずですよ。けしてアンチ・バカラ、アンチ・レインボーじゃありませんが、メジャーなところばかりじゃつまらないと思って紹介していますから。
 
 さて、今回ご紹介のファンタジアですが、ご存知ですか?「えっ、それってどこ?ナナプラザにあるの?聞いたことない。」なんて声が聞こえてきそうです。同じCROWN GROUPのG-SPOTやハリウッド、ロリポップなどと比べて、ガクンと知名度が落ちます。だからこそ穴場であり、隠れ家の要素があるんです。
 
 でも、知名度が低いとか、客が少ないだけでは穴場にはなりません。ましてや隠れ家とは呼べませんよ。他にはないような魅力がないとね。そのポイントははずしませんよ。なんたってジャンメダイのオススメですから。
 
 ファンタジアは、ナナプラザの2Fの、マンダリンとレインボー4の間にあり、隣がLB店のテンプテーションズになっています。マンダリンからレインボー4に移動するときなど、よく店の前を通過していました。ここ数ヶ月、ずっと気になっていたのです。
 
 それは、意外といけてる女の子に出会うのです。あれっ、この店にこんなカワイイ子がいたっけ?そういう思いを抱きながらも、目的のレインボー4へ足を運ぶという感じだったのです。この日はレインボー4へ行き、それからマンダリンにしようかどうしようかと考えたとき、ふとそのことを思い出したのです。それで入ってみました。
 
 店内の様子は、「ゴーゴーバーのお店情報」の「22.ファンタジア」にあるのでそちらをお読みください。踊っているのはわずかに5人。しかし、そのうち2~3人はけっこうかわいいじゃないですか。グループが替わっても同じ感じ。ということは、ダンサー10人中4~6人がいい線いってるということすよ。
 
 さらに、入口でただ座っているだけの給仕の子。これがまたカワイイ子がいます。ダンサーの子がやってきて、「あなたも給仕の子がいいんでしょ?」なんてやきもちをやくくらい。まあロリポップほど華やかさはありませんが、それだけに隠れ家としては最高でしょう。ご希望なら両手に華どころか、両手両足、さらに背中とお腹に華なんてことも可能です。
 
 また、ここのDJくんが健在でしたね。これが私にとっては何よりうれしいです。洋曲も私好みの曲が多いし、さらに私が好きなタイソングもたくさんかけてくれます。これでもうちょっと真剣に踊ってくれたら最高なんですけどね。そこだけはさすがにCROWN GROUPです。踊るよりピンポンが好きなようです。
 
 ともかく入って腰を落ち着けて味わってごらんなさいって。そうすれば、良さがわかるかもしれませんよ。給仕の子にひっぱられて店内に入ったのに、女の子か客の少なさに驚いて飛び出してしまった君、損したね。コーラ1杯たったの95バーツ。ビールでも135バーツ。最低それだけの投資で、隠れ家を発見できたのに。