Pocket

 ナナプラザに新風を起こすことができるでしょうか。3連休ということで、日本人旅行客で混み合うナナプラザ。レインボー系はどこも客がたくさん来ていましたが、そんな中で意外と知られていない(すみません、私が知らなかっただけかも。^^; )スパンキーズを紹介しましょう。


 ここは、ソイカウボーイのスパイスガールズの系列店になります。ソイカウボーイには他に、アウアプレース、デジャブ、ミッドナイトバー、キスがあります。段違いのステージ、ソファー席の前にあるテーブルステージなどが特徴ですから、すぐに姉妹店だとわかります。
 
 ソイカウボーイでは、各店にコヨーティーが派遣されており、ゴーゴーガールのショーやコヨーティーのショーなども楽しめます。そんな中で、取り残された感じのスパンキーズでしたが、以前からショーをやっているといううわさを聞いていました。しかし、実際に見ていなかったので、紹介できませんでした。
 
 この日、たまたまスパンキーズの前を通り過ぎようとしたら、ショーをやっているという看板が目に入りました。ショーと聞いては見ないではおれません。どんなものかと覗いてみました。
 
 いやあ、びっくりしました。ここのショーは、エンジェルウィッチに匹敵する(ちょっと大げさかも)くらいに洗練されています。ひょっとしたら、ソイカウボーイの姉妹店と、指導者が同じなのかもしれません。でも、女体盛ショーは初めて見ましたよ。
 
 ステージ上に横たわる女性の上に、これまたスタイルのいい女王様のようなダンサーが、次々と食べ物を盛っていきます。彼女が客を指名し、手で触れないように食べさせるのです。最後は客をステージに上がらせて、女性の股間に乗せた食べ物を...。
 
 猫の着ぐるみを着たダンスも、エンジェルウィッチのものを彷彿とさせます。きわどいコスチュームのもの、ナースの制服を着たもの。そして、透明な円筒状のシャワーブースでのシャワーショーなど、なかなか多彩です。
 
 女の子も、スタイルのいい子やかわいい子がけっこういます。ナナプラザの2階以上はだいたいどこでもタバコが吸えるようで、タバコを吸う人にはいいかもしれませんね。逆を言うと、タバコを吸わない人には大変かもしれませんが。
 
 ただ、ナナプラザは脱ぐことに対して厳しいようです。ここもトップレスはありません。ニップレスを貼っているので、その点がちょっと残念かも。エンジェルウィッチやマンダリン1では、警察の手入れがない限りトップレスですから。まあそれを言えば、ソイカウボーイならトップレスどころかオールヌードもありですけど。
 
 もしナナプラザでオールヌードのショーをご覧になりたいのであれば、3階のハリウッド(カルーセル)へ行くしかありませんが、スパンキーズはショーの内容で勝負というスタンスのようです。その点では、エンジェルウィッチと似ているかもしれません。レディースドリンク(150バーツ)やペイバー代が高いのは難点ですが、このショーは一見の価値があると思いますよ。毎日10時から開演とのことでした。