Pocket

 ついにGWが終わってしまいました。1週間は、長いようで短い。過ぎ去ってみれば、あっと言う間の賑わいでした。次は夏休み(お盆)でしょうか。秋のシルバーウィーク(SW)はそれほど大型連休にはならないので、夏に期待です。節電を兼ねて、長期休暇を作る会社が多いそうですから。


 
 さて、この日はナナプラザです。レインボー1(旧レインボー3)へ行ってみました。さすがにちょっと、客が少ないですね。ちょっと気持ちがしぼんだのですが、すぐに復活しました。好きなダンスミュージックが連続でかかったからです。やっぱり音楽の力は偉大ですね。
 
 特にこれはと思うような子はいません。一つ言えるのは、知っている子が1人もいないこと。「これもまたいいもんだな。」落ち着いて飲めるので、そう思いました。気に入らなければビール1本で出る私ですが、2本いっちゃいました。
 
 
 続いてレインボー2へ行きました。ここに来るのは久しぶりです。予想以上にガランとしています。うーん、上位争いでレインボー1にも負けてます。原因は、たぶん女の子が踊らないこと。レインボー系で比べると、突っ立ってるだけ率がダントツで1位です。
 
 それに、選曲も良くないなあ。まあ好みの問題もあるでしょうけど。これじゃあ踊れないし、踊らないことに慣れてしまうと、たまにノリの良い曲がかかっても、踊らなくなりますから。あれだけ気に入っていたフォンちゃんも、トップレスもやめて突っ立っているだけなので、少しくすんで見えます。
 
 
 これまた久しぶりにエンジェルウィッチへ行きました。行ってビックリです。本当に客が少ないですねえ。すでにショーが始まっていましたが、場末のストリップ小屋みたい。ショーを終えたダンサーが、「誰も見てくれる人がいない」と嘆いていました。
 
 遅い時間になって、やっとそれなりに客が増えましたが、全盛期のエンジェルウィッチの姿はありません。ショーはそれなりに楽しめるのですが、小道具に頼りすぎている感じ。以前のような激しいダンスができる子が、1人もいないということが寂しいです。
 
 
 締めは、レインボー3(旧レインボー1)です。こちらもそんなに客は多くありません。女の子の人数も、少ない感じ。それでも、ここが一番いいですね。音楽もいいし、女の子のレベルが高い。それに、けっこう踊っている子も多いので。
 
 レインボー系では、私のオススメはレインボー3です。レインボー4がいいという人も多いですが、その気持はわかります。でも、店の構造など総合評価すると、やはり私はレインボー3が一番好きですね。
 
 精算の時、ポイントカードのことを思い出して、使えるかどうか尋ねてみました。まだ使えるとのことで、スタンプを押してもらいました。やっぱり100バーツでスタンプ1つですね。10個たまると、ドリンク1杯がフリーだとか。「本当かなあ?」10個たまったので、次回使ってみることにしましょう。
 
 
 ナナプラザを出たあと、気になってテルメへ行ってみました。こちらもビックリです。だって、客のほとんどが日本人なんですから。こんなにも日本人比率が高くなったのは、いったいいつからでしょうか。それほど客は多くありませんが、女の子の数は客よりもかなり多そうです。
 
 しばらくすると、まるで申し合わせたかのように、客がいなくなってしまいました。閉店まではまだ十分に時間があるのに、どうしたのでしょうか。取り残されたようなたくさんの女の子たち。なんだかかわいそう。「GWという宴が終わったのだなあ。」なぜかそんな気がしました。
 
 
 祇園精舎の鐘の声ではありませんが、この世にはすべてに波があります。繁盛して良い時もあれば、客が少なくなって景気が悪い時も。波の高低差を小さくする努力も大切かもしれませんが、それよりも心の持ち方が重要だと思っています。
 
 いずれ悪い時も来ると思えば、良い時におごることもないでしょう。倹約して悪い時に備えることもできるはずです。いずれ良い時も来ると思えば、悪い時にくさることもないでしょう。じっと耐えて厳しい冬を乗り切る動植物のように、慌てたり嘆いたりすることなく過ごせるはずです。
 
 ゴーゴーバーも、そこで働く女の子たちも、良い時もあれば悪い時もあるはず。GWという大波は通り過ぎましたが、小波はこれからも何度も押し寄せてくるでしょう。そしてまたいつか、GWのような大波も。したたかに生きて、人生を楽しんでほしいものです。人生は、楽しむためにあるのですから。