Pocket

 震災から2ヶ月以上が過ぎました。まだ多くの人が避難所での不便な生活を強いられています。また福島の原発事故も、まだ安心できるレベルまでは収束していない様子。自主避難を指示され、避難場所の確保にも困っている人が多いとか。まだまだ支援の手を緩めることはできませんね。
 


 
 日本赤十字などで集めた義援金は、まだ多くが被災者のもとに届いていないようです。原因は、自治体職員の人手が足りないから。各地の自治体から応援もあるようですが、こういうとき、もっとボランティア団体を活用できないものでしょうか。もどかしさを感じますが、今回の教訓は、必ずや次回のために生かして欲しいものです。
 
 私たちにできることも、まだたくさんあります。ボランティアとして直接支援することや、被災者の支援活動を行っているボランティア団体へ支援金を寄付すること。被災地の企業再建を支援する投資ファンドもあります。被災地の生産品を購入したり、旅行してお土産物を買うこともいいですね。7月16日(土)17日(日)は仙台で、東北の夏祭りが集結するイベントがあるとか。ぜひお出かけください。
 
 
 さて、震災の被災者や、原発事故によって避難を余儀なくされた人たちは、本当に大変だったでしょうね。でも、義援金や賠償金などをもらえるので、まだマシという意見もあります。それよりも風評被害にあった人は、安全基準をクリアしたものを生産していても売れず、誰からも支援されないと。
 
 また一方で、原発事故による義援金や賠償金をもらえたとしても、廃炉によって交付金などがなくなるため、やっぱり福島の人たちは悲惨な目に遭うという考え方もあるようです。しかし交付金がなくなることで新たな活路を求めることができ、今まで以上に発展する礎(いしずえ)となると考えることもできます。
 
 つまり、どう考えるのが正しいかという、客観的な答などはないということなのです。あるのは常に、自分がどう考えるかということだけ。自分は損したと考えて、愚痴や不満を言う生き方もあるでしょう。その逆に、自分は得をしたと考えて、心穏やかに生きることもできるのです。
 
 
 私の考え方は後者です。どんな出来事があろうとも、その中に感謝の種を探します。「そんなことは、本当に悲惨な状況に遭ったことがないから言えるのだ。」そう言いたい人もおられるでしょう。たしかに私は、目の前で親を殺されたとか、恋人がレイプされたなど、そんな理不尽な目に遭ったことはありません。だから、そう言う人の言葉にも一理あります。
 
 でも私は、たとえそういう状況になったとしても、なお感謝の種を探すだろうなと思っています。それは自信があります。だって、そうしないと自分が損するだけですから。感情は、天に通じる言葉です。天はその言葉を聞き、それにふさわしい現実を与えてくれるのです。いわゆる「引き寄せの法則」を、ちょっと詩的に表現してみました。
 
 実際、そういうことはあるのです。幸せな気分でいると、幸せになれる出来事が起こります。だから、幸せな気分でいないと損だと思うのです。「本当かなあ?」と疑問に感じる方の気持ちは理解できます。でもそうなら、試してみたらどうですか?
 
 
 昨夜は雨が降り、ソイカウボーイも客が少なめでした。でもね、やっぱりいいことがあるんですよ。キスへ行ったら、久しぶりに天才ダンサーのドゥアンちゃんに会えました。ステージ上でのダンスは控えめでしたけど、ステージから降りて私のところへやってきて、そこで彼女らしい変幻自在のダンスを見せてくれました。
 
 先日、ロングガンのヨーちゃんのコミカルなダンスが素晴らしいと絶賛したのですが、ドゥアンちゃンも負けず劣らず素晴らしいです。「すっげー!」もう大喜びですよ。こんな私のために、素晴らしいプライベート・ダンスを見せてくれるのですから。これが有り難くなくて、何を「ありがたい」と言うのでしょう。
 
 
 その後は、またシャークへ行きました。気になっていた91番の子に会いたくなったのです。いました、いました。私ってツイてますね。よく見るとまるで、韓流のアイドルみたいなかわいい顔をしています。「いやー、いいなあー。」もうほれぼれしながら見ていました。
 
 名前はゲーエちゃんだそうです。他にも2人同じ名前の子を知っていますが、2人ともコヨーティーで、ダンスの上手い子です。「あなたもゲーエちゃんですか。」と言ったところで、彼女には何のことだかわからないでしょうけどね。5ヶ月くらい前から、ここで働いていたそうですが、全然気が付きませんでした。
 
 
 実は他にも、名前を知らないけど気になっている子がいました。半年くらい前に入った子で、ステージ上で楽しそうに踊っていたので注目していたのです。慣れていないのか積極的に売り込むこともせず、ステージの脇で友達と暇そうにしていたので、ドリンクをご馳走してあげたこともありました。それから互いに意識はしていたのですが、名前を聞いていなかったのです。
 
 この日は私の気分がハイテンションだったので、思い切って名前を聞いてみました。パーティーちゃん(167番)だそうです。「なるほど、あなたがパーティーちゃんだったのですか。」と言ったところで、それこそちんぷんかんぷんでしょうね。読者のあ~いさんがブログで絶賛している子です。
 
 
 「うわー、今日は最高!」と思っていたら、さらに良いことが。もう引退したと思ってた1番のジューちゃんが、ステージで踊っているではありませんか。すぐにペイバーされて話しはできませんでしたが、ジューちゃんのくねくねダンスも見ることができました。
 
 ドゥアンちゃんの素晴らしいダンスを見れたし、ゲーエちゃんの名前も聞けた。気になっていた子がパーティーちゃんだということもわかった。さらにジューちゃんにも会えた。「いやー、今日はいいことがたくさんあったなー。」そう思って歩いていたら、キスの前でコヨーティーの子から声をかけられました。ゲーエちゃんです。
 
 この日はいつものデジャブではなく、キスにヘルプで来たようです。最後にお気に入りのゲーエちゃんに会えるとはね。私は本当にツイています。ほら、言ったでしょ。幸せな気分でいるとね、幸せになれる出来事が次々と起きるんですよ。
 
 
 なになに、「そんなこと、ぜんぜん大したことないじゃないか」ですって?「それくらいで幸せだなんて、バカじゃないの?」なるほど、そう考えることもできます。でも言っておきますが、そういう風に考えるから、幸せになれないのではありませんか?「世の中、幸せになったもん勝ちじゃけんね。」(NHK「てっぱん」のおのみっちゃん風)ぜひお試しあれ。