Pocket

 ここのところ、雨のことばかりが話題になります。アユタヤの市街地が冠水しているという情報はお伝えしましたが、ロジャナやハイテックなど近くの工業団地の多くが、営業停止になりそうです。バンコク東部のチョンブリーは、まだ大丈夫みたいですけどね。
 


 
 あまり暗い話題ばかりでも何なので、明るい(?)ニュースを2つ。1つは、洪水対策のビックリ大作戦についてです。チャオプラヤー川の水が早く海に流れれば、洪水は発生しません。そうなら、水を押し流してしまえばよいのです。ということで49隻の船を固定し、スクリューで水を押しやる作戦を決行したとか。笑っちゃいけないけど笑えます。
 
 次は実用的な話題。BTS(高架鉄道)のアソーク駅前に建設されていた総合ショッピングセンターのターミナル21が、いよいよ10月11日(火)にオープンします。オープニング記念の特価販売もあって、数日は客で賑わうことでしょうね。おそらく対抗して、近くのロビンソンデパートでも何らかのセールをやるのではないでしょうか。
 
 
 さて、この日はナナプラザです。またしても夕方から雨。というより、この日は早朝も雨、日中も少し雨、そして夕方にも雨でした。そんなには降りませんでしたが、降ったりやんだりを繰り返して、タイらしくない雨の降り方です。
 
 客の出足を心配したのですが、マンダリン1ではそこそこ客が入っていました。ただ私のお気に入りの子たちはおらず、そればかりか顔見知りの子も少ないです。随分と入れ替わりがあったのでしょうか。制服組の子を見ると、元ソイカウボーイのキスの子が数人。ママさんだけでなく、ゴーゴーガールも移籍してきているようです。
 
 背は高くありませんが、大きめの胸とベビーフェイスが特徴の子たち。それに、キスのころよりよく踊っています。店の方針かもしれませんが、これは良いことですよ。やはり踊って客を楽しませないと。ゴーゴーバーが、ただの置屋になってしまいますからね。
 
 
 続いてレインボー4です。さすがにレインボー系の店だけあって、女の子のレベルは高いです。かわいい子、スタイルの良い子、きれいな子などがけっこういます。足りないのは、やっぱりダンスで楽しませてくれる子。客はそこそこ入っていて、その中に読者のニヤーイさんを発見。ブログに旅立つと書かれていましたけど、ここにいましたか。
 
 次はレインボー3を覗いてみました。あれあれ、客が少ないですねえ。日本が3連休ということで、金曜日などはけっこう多かったようです。まだ連休中だから多くても良さそうなのですが、少し時間が早いのでしょうか。ここにはダンスで楽しませてくれる子が2~3人います。名前は知りませんけど、21番と74番だったかな。
 
 特に私が気に入っているのは74番の子のダンス。細くて手足が長いという、ダンサーにはうってつけの体。その見事な体を自在にくねらせて、官能の世界に引きずり込んでくれます。やはりファラン(西洋人)の客に人気のようですね。
 
 
 最後に、プレイスクールへ行きました。この前、久しぶりにお気に入りのヌーナーちゃんに会ったのですが、そのときは彼女がすぐにペイバーされてしまったのです。それで、また会いたいなあと思って来たのです。
 
 残念ながら、この日は会えませんでした。彼女と会える確率は、20~30%くらいとかなり低いです。体の具合が悪いとか、家の事情とかで休むことが多いのです。この日は来ていて連れ出された後かもしれませんが、でもそんなことは確認しません。今、目の前にあるものを楽しむ。それが私の流儀ですから。
 
 
 いつもは人気があって、すぐに売れてしまう子が2人残っていました。1人は、背中に大きく刺青をした子で、丸顔のかわいい子です。しかもスタイルが抜群。胸は本物かどうか知りませんが、とても形が良いのです。もう1人は、細めですけど割と胸があって、セクシーなダンスを見せてくれる子です。どちらも名前は知りませんが、気に入っている子たちです。
 
 そのうちの刺青の子は、ファランの客に呼ばれてペイバーされてしまいました。それでもう一方の子を呼んで話をしたのですが、名前はティックちゃんだそうです。番号は11番ですが、ここでは番号を付けずに踊ることも多いので、あまり識別の役には立ちません。
 
 この店でエロエロなダンスをする子は多いのですが、たいていは誘いかけるような踊り方なのです。そうちょうど、洋物のAVに出てくる女優が男を誘うときのようなポーズと表情。私、あれは好きになれないのです。他の客とやりとりしているのを見るのは良いのですが、自分にされると引いてしまいます。すぐに目をそらして、わざと見ないようにしてしまうのです。
 
 そういう中で、このティックちゃんは真面目(?)にエロエロダンスを踊る子の1人なのです。大きく背中を反らせた時のしなり具合や、体に浮かび上がる筋肉の筋、柔らかそうな脂肪の塊がたわむさまなど、思い出してもヨダレが出そうです。ジュルッ!
 
 
 ティックちゃんのことは前から気に入っていたので、ここまでは想定内です。しかしこの日、もっと私を楽しませてくれる子がいました。名前は知りませんが、95番の子です。この子も以前から見てはいたのですが、踊り方がイマイチ固い感じがしていたのです。それでお気に入りに登録していなかったのですが、この日の彼女は、完全に私の想定を超えてくれました。
 
 あのダンスはどう表現すれば良いのでしょうか。完全な形でそれを見るのは、おそらく私にとって初めてです。言うなれば、バックダンサーがやるような振り付けされたダンス。それをまるでアドリブでやっているような感じ。しかも約20分間のダンスタイムの間、ほとんど休むことなく延々と。
 
 もう他からどう思われようとかまやしない。そんな気持ちで、食い入るように彼女を見つめ続けましたよ。それでも私に誘いかけるようなことは一切しません。ただ踊るのが楽しいから踊っている。そんな感じで楽しそうな表情で、ずっと踊っているのです。こんな子は初めてですね。コヨーティー以上に踊るゴーゴーガールです。
 
 
 ダンスが終わると店の奥の席に戻り、メニューで扇いだりしています。あれだけ一所懸命に踊ったら、そりゃあ暑いでしょう。この店の子の不思議なところは、ステージから誘いかける子はけっこういるのに、ダンスが終わってから客のところへ押しかける子がほとんどいないこと。私としては、落ち着いて飲んでいられる良い店なのです。
 
 結局その日、その子のダンスを3回も見てから帰りました。お気に入りのヌーナーちゃんがいないのに、約2時間もいるなんて。それだけ楽しかったんですよ。もちろん、その楽しかった気持にふさわしいだけのチップを、帰りがけに渡しましたよ。「こんなに楽しませてくれて、ありがとう。他のどの店の誰よりも、あなたたちが一番輝いていた。あなたたちは本当に素晴らしい。」