Pocket

 23日早朝、パタナカン通りでLPGを積んだタンクローリーがガードレールに衝突し、爆発炎上する事故がありました。周辺の建物で窓ガラスが割れるなどの被害があったようですが、大規模な火災にはならなかったそうです。そして当然のことですが、運転手は逃走しました。これがタイの常識です。


 22年前にも同様の事故があり、そのときは周辺の建物が燃える大火災に発展したそうです。今回そうならなかったのは、偶然にもガードレールにぶつかった拍子に、消火栓か水道管が破裂したようで、そこから吹き出した水がガスタンクの温度を下げるのに役立ったからだとか。不幸中の幸いと言うやつですね。
 
 ただ、こういったタンクローリーの事故は、毎年のように発生しているのだそうです。日本以上に運転手のレベルにばらつきがあることや、待遇が悪くて、過酷な労働を強いられていることが原因と思われます。眠気を飛ばすために覚せい剤を使用する人も多いそうですからね。
 
 
 さて、この日はナナプラザへ行きました。予告通り、これで「今日のゴーゴーバー」というカテゴリーの記事を、最後(スッターイ)にすることにします。今後は、また別のカテゴリーで書いていきますが、それはまだ秘密です。
 
 
 まずはスパンキーズヘ行ってみました。実は前回行った時、1人気になる子がいたのです。唇を噛みながら、ちょっと緊張した面持ちで踊っていた子。ひょっとしたら入って間もないのかも。その気になった子に会えたらいいなと思いながら、入ってみました。
 
 残念ながら、その子はいませんでした。辞めてしまったのか、それともたまたま休みなのか。あるいはすでにペイバーされていたという可能性もありますからね。会いたいと思っても、会えないこともあります。それでも敢えて電話番号を聞いたりしないのが、私流の遊び方です。
 
 マンダリン1から移った子がいるのですが、スタイル抜群ですねえ。改めてそう思いました。マンダリン1にいたときは、それほど目立たなかったのです。だって、あそこはスタイルの良い子がたくさんいますから。足が長くて、お尻がキュッと上がっていて、胸の形もいいです。どうしてこんなに素晴らしいと気づかなかったかなあ。後の祭りです。
 
 
 次に、エロティカ1へ行ってみました。入るといきなり、ステージにいた女の子から手を振られちゃいました。へっ、だれ?そう思ってよく見ると、ポーちゃんでした。髪型を変えていたので、すぐには気が付かなかったのです。長い黒髪なのですが、前髪を眉毛のあたりで横に切りそろえています。
 
 「この髪型だと、顔が太く見えないでしょう?」後で私のところへやってきて、そう言います。たしかにお腹の辺りは痩せていませんが、顔だけ見ると痩せたように見えます。いつもニコニコと笑っている子ですが、いろいろ大変なこともあるでしょうね。すぐに隣のホテルへ行こうと誘ってきますが、ノーサンキューです。
 
 しばらくすると、他の客に呼ばれて行きました。そしてすぐにペイバー。おー、ラッキーだったねえ。その客から見えないようにして、私の方に手を振ります。そんな気にしなくていいから。こっちはお陰で、じっくり他の子を眺められると言うものです。
 
 
 以前のメンバーは、ほとんど辞めたようですね。ここには以前、フォーちゃんというお気に入りの子がいましたが、レインボー3に移った後、姿を見なくなりました。そのフォーちゃんの友達のノーイちゃんとイウちゃんは、まだエロティカ1で踊っています。しばらく会ってないから、もう私のことは忘れたかもしれませんね。
 
 エロティカ1を出ようとしたら、そのすぐ前に隣のホテルからポーちゃんとお客さんが出てきました。お客さんの背中を見送っているポーちゃんに、「じゃあね」と挨拶して私も階段を降ります。さて、次はストラップスでも行きますか。そう思って正面を見ると、入り口にシャッターが降りていました。ひょっとして潰れた?十分に考えられます。
 
 
 仕方なく、レインボー3に入りました。給仕のジージーちゃんがお出迎え。彼女、もう妊娠9ヶ月目になったのではないでしょうか。元々身体が小さいのでわかりづらいですけど、それでもけっこう大きくなっています。来月には店を辞めて出産準備に入るとか。ぎりぎりまで働くタイ人女性って、けっこう多いんですよね。
 
 この店には、元ミッドナイトバーの給仕の子がいます。ちょっと太めで、踊らせるとけっこう上手い子です。以前、ミッドナイトバーでママさんからきついことを言われたのか、大声で泣いていました。また何かあって、辞めさせられたのかもしれません。まあ、あそこのママさんは厳しいから、こっちの方がいいでしょう。
 
 
 ポーンちゃんが誕生日だからご馳走しろとうるさいです。「ここはタイなんだから、誕生日のあなたがご馳走するんじゃないの?」そう言うと、「お金がないんだもの、仕方ないじゃないの。」とのこと。おっしゃる通りです。それなりにお客は入っているのですが、まだお呼びがかからないようです。
 
 1人、見覚えのある子がいました。ストラップスで踊っていた巨乳の子です。やはり閉店したのでしょうね。奥まっているから、なかなか難しいのでしょう。他にも見たような気がする子がいます。ジャーアちゃんは見ませんでしたが、どこか別の店に移ったのでしょうか。ちょっと残念です。
 
 まあでも、栄枯盛衰は世の常です。流行るものがあれば、廃れるものがあります。そういう変化があるからこそ、全体としては継続できるというもの。生命の営みとは、そういうことなのでしょう。2007年11月24日のソイカウボーイから始まった私の「今日のゴーゴーバー」はこれで終わり(※)ですが、ゴーゴーバーは永遠に不滅です!