Pocket

 昨年、「はじめてのこと」を投稿してくださった南国狐さんが、またレポートを送ってくださいました。メールでは、リオのボッタクリを告発するという話でしたが、どうなったでしょうか。何度もボッタクリに出合ってしまう不運な南国狐さんの、4日間の旅を前半と後半に分けてどうぞ。


◆・・・・・・・・・・・・<読者投稿>
●1日目
まずは、夕食もそこそこにナナプラザへ出陣。
オブセッションでLB(レディーボーイ)娘を鑑賞した後、少し早くエンジェルウィッチに移動です。
 
『ショーが始まる前に席を確保しなくては』で、9時10分頃に入店。
(看板にはショーは10時からになっていますが、3月の訪タイ時に9時30分からスタートしてたので)
なじみのサービスの娘に、ドリンクを御馳走しながらまったりとしていると、いきなり歓声が・・・。
そちらを見てみると、スキンヘッドのおじさん(店のボスなのか?)が、入り口上にあるモニターで、サッカー中継を見てました。(笑)
この日は、オリンピックの日本対スペインの試合。
どうやら日本を応援してくれている様です。
 
『日本の勝ちにでも賭けてるのかな?』なんて邪推してると、なんと、日本が先制するではないですか。
おじさんは大喜びで、店内唯一の日本人である私に向かって親指を立ててます。
もちろん、私も親指立ててお返ししましたよ。
そんな事で盛り上がっていると、ゴーゴーガール全員がステージへ。
曲も終わり、いよいよショーのスタートのはずが、なかなか暗くならない。
 
すると先ほどのおじさんがDJブースに入り、
試合の途中経過を実況・日本が勝っている事を放送すると、店内は盛り上がり、客に日本人が居るぞと私の方を指差します。
ちょっとしたサプライズの演出に、嬉やら恥ずかしいやら・・・。
一応、ワイをしてこたえときました。(笑)
 
 
ひとしきり盛り上がった後、ショーがスタート。
しばらくすると、ステージ上に椅子が運ばれてきます。
そう、ジャンメダイさんが参加した、あのショーです。
そして、この雰囲気で選ばれるお客は・・・私以外居ませんよね。(笑)
さすがに、粋な演出をしてもらっていますから、覚悟を決めてステージ上へ。
 
初めは恥ずかしかったのですが、まぢかで見るダンサーの動きはエロチックで躍動感に溢れ、感動して魅入ってしまいましたよ。
終わる頃には、特等席で観れてちょっと得した気分になってました。
もちろん、2度とごめんですけどね。(笑)
ああいうモノは、やはりノリの良いファランの方が絵になります。
 
ショーが終了して、しばらくマッタリしてチェックビン。
その後、何軒か廻りソイカに移動です。
 
 
今回の目的は、リオのコヨーティーPちゃん。(仮名)
(名前が聞き取れなくて、結局最後まで名前を知らないままでしたが。笑)
3月の訪タイ時で、お気に入りだったサハラのAちゃんが辞めていて、それではと入店したリオで、新しく気に入った娘です。
 
このPちゃん、ステージ上で踊る真剣な表情と、時折見せる子供の様な笑顔がとても印象的な娘で、働きだして間もないせいか、最初はちょこんと隣に居るだけ。
打ち解けた後の甘え方も、子供が親に甘えてる様な微笑ましい感でした。
テキーラを飲みたがるくせに3杯でキーマオになり、ママさんやサービスの娘に怒られる。
そんな初々しく、『ちょっとこの仕事には向いていないかも』と思わせる娘でしたが、4日間通い、最終日には携帯番号まで教えてくれました・・・。
(今まで、何人か携帯番号を教えてもらいましたが、私から携帯番号を聞いた事は無いです。
この時も、トイレと言って席を外し、戻ってきたときに紙に書いてある物を貰いました。)
ま、電話すると全く知らない男性が出るというオチでしたが。(笑)
 
 
そんなPちゃんに会いにリオに入店。
席に着きドリンクを注文しながら、Pちゃんを探すが姿が見えず。
コヨーティー達のダンスが一巡しても、やはり居ない。
『今日は休みかな?』と思っていると、コヨーティーで見覚えのある娘が話しかけてきて、一言
『Pは辞めたよ』
・・・いや~参りました。
まさか、3月の訪タイと同じパターンになるとは・・・。
 
まぁ、仕方ありません。
夜の仕事には向いてないかもと思わせる娘でしたし、それでなくても、夜の仕事は出入りが激しいですからね。
 
リオを退店して次の娘を探そうと思いましたが、やはり、目的を失ったショックが大きかったのか、単なる疲れからなのか、強烈な睡魔に襲われてしまい断念。
おとなしくホテルに帰り、1日目終了です。
 
 
●2日目
今日も、ナナからスタートです。
ナナでは数軒回り、ゴーゴーバーの雰囲気を堪能しソイカへ。
 
新しいお気に入りの娘は見つかるのか?
まずは、デジャヴに入店。
コヨーティーは多いものの、席に呼びたいと思える娘は居ない。
次は、キスへ。
やはり好みの娘は居らず、退店。
さて、次は何処にしようかと悩んでいると、ジャンメダイさんの記事を思い出し、サハラへ。
 
 
入店してすぐに感じたのが、明るくなった。
照明ではなく、雰囲気がです。
ママさんが変わると、雰囲気も変わるんでしょうね。
もちろん、私の主観なので感じ方は人それぞれかと。
 
しばらくして、盛り上げ役のFちゃん登場。
『リオには行かないのか?』とたずねられ、(この娘には、リオにお気に入りのコヨーティーが出来たことを教えてました。)
お気に入りの娘が辞めていた事を伝えると、『じゃ、あの娘はどう?』とステージで踊るコヨーティーを指差します。
 
スタイルは好みと違いましたが(笑)、顔は私の好みだなぁ~と悩むと、
『凄く明るくて、楽しい娘だよ』とFちゃん。
とりあえず、席に呼んでみる事に。
 
 
ダンスを終えて席に来たコヨーティー、名前はGちゃん。
Fちゃんが言う通り、かなり明るくノリが良い・・・
っていうか、接客がかなりエロい、エロすぎる。
はっきりいって、ゴーゴーガールと変わらん・・・以上かも。(笑)
 
(私は、自分から彼女達の身体に触れる事は無いです。
打ち解けてきて、彼女達が自ら私の手を腰にまわしたり、胸やお尻を触らせたりしない限り、ではありますが・・・)
 
Gちゃん、乾杯もそこそこに
『私の胸は大きいよ』と胸を触らせたり、私に跨がり、腰をフリフリ喘ぎ声を出したり、股間に顔を持ってきて○○○の真似したりと、いやぁ~、セクハラのオンパレードでした。
私も負けじとセクハラし返しましたが、Gちゃんは嫌がるどころか、さらに激しさを増す有様。(笑)
 
ゴーゴーガールで、エロ接客をする娘はたまに居ますが、コヨーティーで、こんな接客をする娘は初めてです。
 
結局、ちょっと話をするだけのつもりが、エロ接客にやられ閉店まで楽しく過ごすことに。
閉店後はGちゃんとFちゃんと3人、店の外のオープンテラスで食事タイム、が、店の片付けに追われる様に食事が終了して、2日目終了。
会計はプチボッタなしの明瞭会計でしたよ。
◆・・・・・・・・・・・・<読者投稿>
 
 
 南国狐さん、また新たなお気に入りに出会ったようですね。コヨーティーをこよなく愛する南国狐さんですから、自然と引き寄せられてしまうのかもしれません。それにしても、すごいサービスをする子がいるんですね。と言いながら、私も書かないだけで、あんなことやこんなことをしちゃってますけど。(笑)
 
 リオのプチボッタの件は、結局解明できなかったようですね。私は先日行って、金額が違っていたから抗議しましたよ。ビールが180Bのはずなのに、170Bになってたから。どうやらキャッシャーの子が間違えて入力したみたい。サービスにしておくから許してくれと言うから、許してあげました。多くても少なくてもダメですからね。
 
 さて、新たなお気に入りを見つけた南国狐さんの旅は、このあとどういう展開になるのでしょうか。続きはまた。お楽しみに。