Pocket

 11月になりましたが、まだ蒸し暑い日が続きます。例年だと11月中旬に雨季が明けるのですが、今年もそのくらいになりそうですね。最近はあまり雨が降りませんが、毎年、雨季の最後にスコールが来ます。雨が2~3日降ってから、乾季に入るようです。


 
 さて、このブログも始めてから丸5年が経過しました。早いものです。と言うか、よくここまで続いたと思います。特に何年続けようと考えたわけではありませんが、それにしても5年も続くとは思いませんでした。それもこれも、応援してくださったみなさまのお陰です。本当に、ありがとうございます。
 
 
 ちょうどよい機会なので、ブログを始めた頃からのことを振り返ってみたいと思います。まず、このブログを始めたきっかけですが、単純にアフィリエイトだったのです。アフィリエイトをやりたくて、ネット上のスクールに入ったのですが、そこでブログの作り方などを教わりました。
 
 まずはブログを始めましょうということになり、そのテーマを選ぶ作業を行いました。自分が好きなことを選ぶのが一番だということで、私が何が好きかと考えたら・・・やっぱりゴーゴーバーしかなかったんですね。それだけでも、どれだけ好きかがわかると思います。ともかく初めてアフィリをやるので、何をどうして良いかわからず、言われるがままに好きなことをブログのテーマにしたのです。
 
 
 ライバル調査をしたり、構成を考えたり、アクセスアップのための対策(SEO)をしたりと、いろいろと教えてもらいました。そして最後にアフィリエイトの商材を選ぶことになったのですが、何を選んだら良いかわかりませんでした。私のブログを見る人が買いそうなもの、ということで探したのですが、どれもこれもイマイチなんですよね。
 
 あれこれ試してみましたよ。エロビデオなどもやりました。でも、やはり思ったほどには成果が上がりません。アフィリエイトは難しいなあと思った次第です。とは言え、レンタルサーバー代とかドメイン代くらいは稼げてますけどね。最初のスクール代があまりに高かったので、それは回収できてませんけど。
 
 
 そのうち、主目的が変わったのです。アフィリエイトのためにブログを書くのではなく、ゴーゴーバーにもっと関心を持ってもらうためにブログを書こう、という気持ちが強くなりました。それは、そこで働く女の子たちへ恩返しをしたい、という気持ちを持っていたからです。ブログを書くことによって、私自身が自分の内面を見つめたから、そういう気持ちが強くなったのだと思います。
 
 バンコクに来た当初、ストレスが溜まる日々があったことは事実です。そのストレスを、ゴーゴーバーで発散してきました。少なからず「オレは客だ!」というような、尊大な気持ちを持っていたことも事実です。
 
 女の子たちと、ときには衝突しながら、「どうして上手くいかないんだ?」と悩みながら、それでも通い続けてきました。そんな中で振り返ってみると、随分と癒されてきたのだということがわかったのです。「ありがたいなあ。」そう感じたとき、私はゴーゴーバーのことが本当に好きになったのです。
 
 「生きるのに必要なすべてのことは、ゴーゴーバーが教えてくれた」なんて本が書けるんじゃないかと思うほど、いろいろなことを教わりました。もちろん、直接指導を受けたということではなく、その体験の中で気づかせてもらったという意味です。
 
 
 ブログを始めてから、タイでは政治的な衝突が発生し、空港閉鎖などの問題が起こりました。「こんなことをやってたら、観光客がタイに来なくなる。」そんな危機感を覚えました。観光客が少なくなれば、困るのは観光業で働いている人たちです。ゴーゴーバーの女の子たちも、その中に入ります。
 
 弱いものから先にやられていく。厳しいですけど、それが社会の通例です。誰も守ってはくれません。私が愛するゴーゴーバーの女の子たちが苦境に立たされるのを、私は黙って見ていることはできませんでした。ですから、それこそ必死で宣伝したのです。ゴーゴーバーがいかに楽しいか、どれだけ役立つか、そんな情報を発信し続けたのです。
 
 
 そんなことも数年続けていると、また違った考えが浮かんできます。「意外と潰れないものだな。」最近は客足が戻ってきたということもありますが、それにしても、潰れたゴーゴーバーというのは、ほとんどありません。人間というのは、けっこうしぶといものだと教えてもらいました。
 
 女の子たちも、稼げないからと田舎に帰った子もいますが、ずっと働いている子もいます。「最近、お客さんが来ないのよ。」というセリフは、もう耳にタコができるくらい聞きましたが、それでも何とかやっているようです。
 
 私自身は、ゴーゴーバーの女の子たちのためにと思いながら、ブログを書いていました。またブログを書くために、ゴーゴーバーへ行かなければと思ったこともありました。けれどもそうしているうちに、その中で私自身がどれだけ楽しませてもらっているかということに気づきました。どうやらまた、振り出しに戻ったようです。
 
 
 私が少々なにかをしたくらいでは、ゴーゴーバーというシステムはびくともしません。誰かのために、誰かを助けようとして参加することも、何でもないかのように受け入れてくれる懐の深さがありました。もちろん自分自身のためであっても、それを拒絶することもありません。同じように受け入れてくれます。
 
 「そうか。ただ楽しめばいいんだな。」そんな風に思えてきました。所詮は夜遊びです。ビールを飲んで酔っ払って、自分自身をさらけ出しても受け入れてもらえるところ。だからそうやって、本当の自分をさらけ出し、そういう自分を見つめてみればよいのだと思います。そうすれば、自分がどうありたいかが、よくわかると思うからです。
 
 最近、私は、あまりいろいろな店に行かなくなりました。どこに何があるという情報をみなさんに提供するために、という目的で行くことがなくなったからです。それより、まず自分が楽しもう。楽しめると思うところへ行ってみよう。そんな感じで過ごしています。
 
 
 5周年を迎え、今後このブログがどうなるかわかりませんが、一つの区切りになったように思います。なのでここで、とりあえず読者のみなさんにお礼を言いたかったのです。ずっと読んでくださって、本当にありがとうございました。みなさんの夜遊びライフが充実することを、心より願っています。