Pocket

 先日、これで雨季も終わりかもと申し上げましたが、大間違いでした。あれからも雨が降るし、今日なども蒸し暑くて今にも雨が降りそう。もう11月も後半に入っているのですが、どうしたのでしょう。タイ東北部のイサン地方を中心に干ばつが発生しており、これから乾季にかけて渇水被害が予想されます。バンコクや南部の雨を、少し分けてあげたいですね。


 
 さて、日本のニュースを見て知ったのですが、今日は祝祭日で3連休が始まるようですね。最近は日本のカレンダーを意識しないので、すっかり忘れていました。勤労感謝の日でしたっけ?通りで日本人の旅行客が増えているわけです。
 
 増えているのは、何も日本人だけではありません。韓国人や中国人も増えています。面白いことですが、日韓、日中の領土問題に端を発した関係悪化の影響で、双方を訪れる旅行客が激減しています。その人たちの一部が、タイに訪れているのです。
 
 タイは漁夫の利を得たかっこうですが、関係が悪化している双方の国の人が、タイで顔を合わせるというのも面白い。いや、運命のいたずら。まあ関係を断つことは不可能なわけですから、こういうきっかけがあっても良いでしょう。これも何かの縁ですから。
 
 因みに、タイ人は中国人に対しては良い印象を持っています。やはり中華系の国民が多くいるということが、一つの要因でしょう。タクシン元首相やインラック首相も中華系のタイ人ですし。もちろん日本人に対しても、良い印象を持っています。韓流もブームですし、3つの国の人の橋渡しをするには、もっとも都合が良いポジションです。
 
 
 さて、先日久しぶりに、デジャブでオームちゃんに会いました。しばらく顔を見ないと思っていたら、田舎に帰っていたとか。本当かなあ?「太ったでしょう?」と聞かれましたが、まったくそんなことはありません。いつもながらみごとなプロポーションです。細いのに、胸が大きいところが私の好みです。
 
 まあ巨乳というほどでもありませんが、寄せて、上げて...うーん、マンダム。ちょっと古くて、若い人にはわかりませんね。チャールズ・ブロンソンですよ。検索していただければ、写真が出てきますので。
 
 
 巨乳と言えば、ただ大きいだけなら他に何人もいるでしょうけど、形の良さも考慮すると、ローハイドのネーンちゃんなんかいいですね。2人いますけど、巨乳の方のネーンちゃんです。ちょっとエキゾチックな顔たちも、なかなかそそられます。特にローハイドは、ときどきノーブラで横に座ってくれるので、まじまじと見てしまいます。
 
 でもネーンちゃん、見られてもまったく平気です。それどころか自分の両手で乳房を抱えるようにして、「大きさが違うんだよね。ほら、こっちが大きいでしょう?」とのたまいます。いやー、そういうときはちょっと恥ずかしそうにしてくれるのが、おじさんの好みなんだけど...。でも、彼女の口を半開きにした誘い顔が気に入っているので、チップをはずんであげました。
 
 
 まあべつに巨乳好きというわけではありませんので。どちらかというとオールマイティーです。目で見て刺激されるのは巨乳とか、形の良いおっぱいですけど、刺激されるのは目だけじゃありませんからね。それぞれ特徴があって、なかなか良いものです。
 
 「あの子、おっぱいが大きいね。形も良いし。」そんなことを言うと、嫉妬する子もいます。リオのミァオちゃんなどもそうです。胸が小さいことにコンプレックスを感じているのか、胸の話題になると反応します。そんな彼女が、最近、なぜか大きいんですよね。
 
 「ほら、今日はおっぱいが大きいでしょう?」かなり強力に寄せて上げているようです。いったいどれだけ詰め物をしたのか。「外は触っていいけど、中に手を入れたら肘鉄だからね。」そう言って、ムエタイの肘打ちのポーズをしてみせます。わかってますよ。私は、女の子が嫌がることはしませんから。
 
 
 リオの新しいコヨーティーには、身体がとてもスリムな子が何人かいます。(太めの子もいますけど。)その中に、背の低い子がいました。体重がなんと35kgしかないのだとか。その話を聞いて、思い出しましたよ。そう言えば、体重35kgのオーンちゃんというコヨーティーがいたなぁって。
 
 実は、つい最近、オーンちゃんを見かけたのです。BTS(高架鉄道)のアソーク駅に直結しているターミナル21というショッピングモールの中です。どのフロアだったか忘れましたが、女の子の2人連れの姿が見えた時、そのうちの1人の顔にピンときました。「あれっ、ひょっとしたらオーんちゃん?」
 
 私の顔を見つめる彼女の顔を見て、オーンちゃんに間違いないと確信しました。言葉を交わすことはありませんでしたけど。でも、そのとき思いましたよ。もうコヨーティーという仕事はしてないのでしょうけど、元気でやっているんだなと。
 
 
 袖すり合うも他生の縁と言いますが、彼女と出会えたのも縁です。縁のある人が元気で幸せに暮らしているなら、それで十分だという気持ちになりますね。今週末は、また大勢の旅行者がやってくるのでしょうから、たくさんの良い縁が生まれますように。