Pocket

 12月もはや中盤です。タイは、5日と10日が祝日だった関係で、先週から昨日までずっと、お休み気分で過ごしました。気がつくともう12月半ばで、今週末が過ぎれば、もう終盤になります。そうすれば、日本からの旅行客もどっと増えるのでしょうね。


 
 在住者にとっては、旅行客が少ない今こそ遊び時。ということで、ブログの更新は滞っていますが、先週はそれこそ毎日のように遊んでました。そのとき、このブログにもよく登場するコヨーテ評論家のTさんともお会いしました。Tさんも、最近は毎日のように遊んでおられるとか。
 
 そのTさんから、こんなメールをいただきました。「おっ、これは面白い!」と感じたので、シェアしますね。私がTさんと会った後、2時まで遊んでいたことを伝えたメールに対する返信です。
 
 
> 2時までいるとはまったく・・・それも平日なのに・・・
> ブログの読者さんの中には、ジャンメダイさんのことを「GOGOバーの神様」
> みたいに思ってる人もいるんですよ。
> なんかこう、「渋い中年の魅力を醸し出したナイスガイ」みたいな。
> まさか、デジャブあたりで、
> 「あのコヨーティのおっぱい揉んでいる人がジャンメダイさんだよ」なんて言えませんw
 
 
 あはは。これには参りましたね。でも、とても不思議な感じがしました。私は自分のことを、そんなナイスガイだなんて思ったことはなかったので、「そんな風に思われているんだなぁ」ということが、とても面白く感じたのです。
 
 まあたしかに、「スマートに遊びましょう」みたいなことを言っていますからね。でも、「スマートに遊ぶ」=「おとなしく座っている」ではないと思うのです。相手も自分も楽しむことがスマートだし、その上で周りも楽しんでもらえたら最高だなと思うのです。
 
 
 もう1つ面白いなと思ったのは、「GOGOバーの神様」が「コヨーティのおっぱい揉んでいる」というギャップです。これ、最高にイケてると思いませんか?神聖な神様が、女性のおっぱいを揉むという下品なことをする。その価値観の倒錯が、とても重要なことを示唆している。私は、そう思ったのです。
 
 
 神様に対する多くの人のイメージは、神聖で汚れがないというようなもの。だから神様がスケベじゃいけないし、ましてや女性のおっぱいなど揉むなんて下品なことは絶対にやってはいけない。そう思っているのでしょうね?
 
 でも、私が抱く神様のイメージは、ぜんぜん違います。神様はすべてですから、神聖でもあり下品でもあるのです。「すべて」なら、当然でしょう?多くの人は、「神はすべて」だと言いながら、すぐに神は一部だと主張し、その矛盾を何とも思わない。私からすれば、その方がよっぽどおかしいことですけどね。
 
 よくアイドルは大便やおならをしないとイメージする人がいますが、そんなわけがないことは、考えてみればすぐにわかります。それと同じですよ。神様だって大便をするし、おならもするし、おっぱいを揉んだりもするんです。それを神聖でないと考えるから、イメージが崩れると感じるのでしょう。
 
 
 おっぱいを揉んでもらいたがっている女の子のおっぱいを揉むのですから、何も問題はありませんよ。揉まれたくない人のおっぱいを揉もうとするから、相手からは嫌がられ、遊び方もスマートでなくなるのです。それに、犯罪行為です。
 
 「いやいや、それはただお金が欲しいだけで、別におっぱいを揉まれたいわけじゃないよ。」そう言いたい人もいるでしょう。それは、当たっているかもしれません。けれども、それが真実かどうかって、どうやってわかります?女の子に尋ねるのですか?尋ねたって、本音で答えるとは限りませんよ。
 
 わからないのであれば、自分が決めるだけではありませんか。その状況で、どうするのが自分らしいことなのかを。私は、せっかくおっぱいを揉まれたがっているなら、最高に喜んでもらえるように揉んであげたい。どんなにそれが素晴らしいかを、あらゆる方法を使って表現したい。そう思うのです。そうすれば、その子が、その瞬間が、最高に価値のあるものになるではありませんか。
 
 
 もちろん、おっぱいを揉ませてくれたなら、それなりのチップは払いますよ。それが私の流儀ですから。それを期待して、おっぱいを押し付けてくる子もいますけど、私がそうしたくないときは、残念ですが断ることにしています。やはり両方が楽しんでこその遊びですからね。
 
 もし仮に、私が払うチップでは少なすぎるから、おっぱいを揉まれたくないとその子が考えたとしましょう。そのときは、私のところへやって来ないか、あるいはもっとチップをくれと要求するでしょう。私は、別におっぱいを揉む必要性は感じていませんから、「それなら別に揉ませてくれなくていいよ」と言うでしょうね。
 
 
 おっぱいを揉むのは下劣でも、暴力を振るったり、暴言を吐くのは下劣ではないのでしょうか?誰かを批判・非難して傷つけるのは、下劣ではないのでしょうか?相手の意に反して何かを押しつけることは、下劣ではないのでしょうか?そして、そういう価値観を持ち続けて、人生はうまく行っているのでしょうか?
 
 もし、自分の人生がうまく行っていないとか、イライラすることが多いと感じているなら、自分の価値観を疑ってみることですよ。人生は楽しいものです。もし楽しく生きようとするならば、そうなるはずです。相手に何かを求める必要性もないし、幸せであるためには、何も足りないものはないのですから。
 
 
 さて、最後にまた宣伝です。バンコクの夜遊びを満喫したいけど、初めてでちょっと不安という方や、お客様を接待するのに詳しい情報を知っておきたいという方に、ぜひお勧めしたい無料レポート「ゴーゴーバー完全攻略マニュアル2012年末」です。ただ、先日もお知らせしたように、一部情報が古くなっています。ナナプラザのラスベガスではショーをやめたようですので、ショー目的の方はご注意ください。