Pocket

 先日、読者のヒデさんから、ソイカウボーイのドールハウスがコヨーティーの派遣受入れをやめたとの情報をいただきました。そのメールの数日前に、コヨーティーがいることを確認していたので、間違いじゃないかと思いました。でも、その後で行ってみると、本当にコヨーティーがいませんでした。疑ってごめんなさいね。


 派遣されていたコヨーティーの中で、表のステージで1人で踊っていたかわいい子がいます。あまりにかわいかったので、思わずチップをあげちゃった程です。(笑) ヒデさんの情報によると、その子はゴーゴーガールに転身して、ドールハウスで踊っているとのこと。それは見ものだと思って行ったのですが、そのときは残念ながら会えませんでした。
 
 前にも書きましたが、私が1つの店に行くのは、せいぜい1周間に1回くらいです。その間は、何が起こっているかわからないし、いつの間にか変わっていることがよくあります。こうして、読者の方から情報提供していただけると、本当にありがたいなあと思います。
 
 
 このブログを書き始めて、メールをくださった読者の方は、実に284人いらっしゃいます。その中には、クレームだけの方もおられましたが、99%は好意的なメールでした。こうしてメールでやり取りさせていただくことでも、ブログを書く意欲が湧いたものです。
 
 気になる最初のメールは、2008年1月4日にいただいたJETさんからのメールで、「伝説のKUNG」ちゃんがシャークにいるという噂を知っているかどうかの問い合わせでした。グンちゃんの顔は、以前にナナプラザのレインボー2で働いていたときから知っていたのですが、名前はJETさんからの情報で知ったのです。
 
 その後、グンちゃんとも話をする機会がありました。私にとってレインボー2は、ゴーゴーバーに行き始めたころの基点となる店でした。そのころが懐かしく思い出されましたよ。まずはレインボー2へ行き、そこから次はどこへ行くかを考える。そんな感じでした。エンジェルウィッチにハマった時も、10時まではレインボー2にいましたから。
 
 
 それから、読者の方とのメールのやりとりが楽しくなり、大盤振る舞い企画をやっちゃいましたね。2008年6月くらいですが、ティーラックの給仕の子たちの制服であるTシャツをプレゼントするというもの。そういえば、ブログを書かれていたあ~いさんも、その企画に応募されたのでしたね。いずれタイに移住したいと言われていたスコータイさん(最初はtnさん)も。スコータイさんは今、夢を実現されてタイで頑張っておられます。
 
 そのとき当選されたのは、ゆげさん、にっぴーさん、james0071さんの3人。喜んでいただけたようで、私も満足しました。こういう企画をその後もやりたいとも思ったのですが、住所や本名を教えていただかないと送付できないので、それも少し重たいなあと感じていました。それで、そんな企画もそれっきりになってしまいました。
 
 
 ゴーゴーバーのお店のTシャツは、以前からときどき買っていたのです。特にエンジェルウィッチですけど。たしかあの店は、変わるたびに買って、3枚くらい持っていたかも。一度も着ませんでしたけどね。だって背中の女性があまりにセクシーすぎて、着る場所がなかったものですから。
 
 お店でそういうグッズを買うことを覚えたのは、実はソイカウボーイのアウアプレースが最初です。ちょっとチャイニーズ風の店作りで、それほど流行っている感じでもありませんでした。ただ店が大きかったので、行けばいつでもゆったり座れる感じで、友だちと一緒に行ったりしたものです。
 
 そんなとき、あれは多分年末だったのでしょうね。店のママさんが、カレンダーがあるから買わないかと言うのです。いくらか忘れましたが、多分400バーツくらいじゃなかったかと。せっかく勧めてくれたのだからと思って、特に欲しくもなかったのですが、そのカレンダーを買いました。もうどんな写真だったか忘れましたが、ヌード写真のカレンダーだったと思います。
 
 まだタイに来て2年目くらいだったと思います。何語で話したかも記憶していませんが、タイ語もろくにしゃべれないのに、そんな会話をしたのでしょうね。言葉は通じなくても、考えを伝える方法はあるということでしょうか。飲んで気持ちも大きくなっているし、何とかなってしまうのも楽しかったのでしょう。
 
 
 その後、ゴーゴーガールと付き合っている読者の方から、いろいろな相談を受けたこともありました。「一緒に暮らしているけど、彼女が何を考えているかわからない。」「年に数回やって来るが、メールでは恋しいとか言うのに、会うとなんだかそっけない。彼女にとって自分は何なのか?」そんな真剣な悩みに、私なりに答えさせていただいたこともありましたね。
 
 そういう相談にお答えする中で、私自身の考え方も掘り下げられていったように思います。ブログでも何度も書いていますが、私自身、実に底の浅い薄っぺらな生き方をしていたのです。相手の言動に反応して傷ついたり、怒ったり、自暴自棄になりかけたりしてきました。そういう経験があるから、悩んで苦しんでる方が元気になるようなことをお伝えしたいと思ったのです。
 
 
 私に相談された方は、その方の状況を良くしたいという自分の思いでされたのでしょう。でも私からすると、そういう相談をしていただいたお陰で、私自身の思索が深まったし、それが私の人生に良い影響を与えていると思うのです。つまり、そういう方々のお陰で、今の私があるということですね。
 
 ブログを書き始めてからの5年間は、かつてないほど自分が成長したように感じています。それは、私が愛するゴーゴーバーや、そこで働く女の子たちのお陰です。それと同様に、ブログの読者の方々から、様々な反応をいただいたお陰です。本当にありがとうございます。今後ともどうぞ、よろしくお願いしますね。