Pocket

 お待たさせいました。今回の読者投稿は、くろべさんのスケッチ旅行記です。前回は「3回目のスケッチ旅行」で、昨年の9月でしたね。さて、今回はどのような旅だったのでしょうか。くろべさんのスケッチとともに、どうぞご覧ください。


◆・・・・・・・・・・・・<読者投稿>
4回目のスケッチ旅行を披露させていただきます。
今回は残念ながら(苦笑)・・・せがまれて同行者1人いて、私がガイド役です。
スマホとレンタルしたwifiでFXをしながら旅行することにしました。
 
 
初日、ホテルはソイ15の(ご存知テーメーカフェのあるところ)少し奥に入ったロイヤルプレジデントです。(テーメーの近くのホテルは高いので)
ここならナナプラザ、ソイカ両方に近く移動に良いと考えました。
 
さて夜のゴーゴーはソイカからです。サハラに入ります。
ゴーゴー姫達も、私がスケッチブック取り出したところで、指さしながら何か言ってます。
きっと、「あ~こないだ来たスケッチの人だよ」・・・なんて言ってるみたいです。
 
前回2ショット写真の太い腕に刺青したママがやって来ました。
前回描いた絵も写真にしてサハラのママに渡します。
他にもゴーゴー姫本人にも渡すと、笑顔一杯喜んでくれ歓待してくれます。
もちろんコーラ奢ります。
サハラの給仕しかし、なぜかペンが走りません?思うような線が描けません?
旅の緊張が抜けていないのかな?2時間で時差ボケか?まさか!
 
初日スケッチは、そうそうにあきらめ見学することにしました。
ロングガンに入った頃はもうショーも終わりの様子。残念。
ロングガンのショーでもここに来たのは、女給プロイに会うつもりでしたのでマイペンライ(大丈夫)。
(さっき店先にいたときに、すかさず彼女の名前の細工品を渡しておきました。)
こういうことマメにしなくちゃアキマヘン・・・で当然の成り行きとなり、本日終了です。
 
 
翌日はLINEしていた娘から熱烈コール。ついつい高いカラオケに行きました。
完全に私はネギを背負ったカモです。(同行者がネギかも)
美人のチーママは、イープン(日本人)真っ青なほど歌が上手です。(アンタ ホンマニ タイ人?)
本当はこの人をペイバーしたかった。
 
タイに何回か来ると、スケッチしたくても行けない、しがらみがあちこち、できてしまいました。まずいなあ。
しかし!こんなことではジャンメダイ尊師に申しわけない!と自身を叱咤!
(ジョー!立つんだ!たちあがれ!)・・・丹下段平の声が聞こえ・・・
 
 
翌日からようやく描く気になります。
カウンターの客テーブルの客動きの少ない観客から描いていきます。だんだん面白くなってきました。
ただ描いてるのに私も描いてと、横から催促のうるさいこと、邪魔しないで!
 
ナナプラザに同行者を案内します。日本人の人気店レインボー4です。
客一杯です。私はそんなにいいとは思えないですね。
場内も暗くてスケッチも無理。踊らないゴー姫には興味ありません。
エロティカの給仕
エロチカに入って座ったとたん、ゴー姫2人がスカートまくって熱烈歓迎です。なにも履いていません!ワオッ!
モチロン、チップあげて席に呼んでコーラ奢ります。
 
 
パタヤにも2泊してきました。
ここのバービアとゴーゴーの多さにはビックリです。
ソンテウ(乗合タクシー)の多いこと。面白い乗り物ですね。角を曲がると倍料金です。
 
同行者と別行動となり、さあこれからが本番です。
ウォーキングストリートまで行かなくとも、ホテル近くにゴーゴーがあったので、そこに入りました。シルバースターです。こじんまりしたところでした。
シルバースターで女の子を見る客たち
奥でバスタブショーをやっています。パタヤはファラン(西洋人)ばかりです。
 
当たり前ですが図体の大きさが目立ち、恰幅の良さがまた絵になるので描きました。
途中で振り向いた1人に気づかれましたが、彼は絵を見て親指を立てて、GOOD!のサイン。意志が通いあって楽しい夜です。お気に入りの1枚です。
今回観客描くのが楽しくなってきました。絵になります。
 
 
2日目のパタヤの夜はスーパーガールからです。
ここは日本人好みの娘が多いと聞いています。どれどれ。
スーパーガールのセクシーな女の子スーパーガールのセクシーな女の子ナルホドそのようです。酔っていないうちにスケッチです。
 
カウンターで明るく描きやすい環境です。ゴー嬢も目の前です。
気がついた娘に100バーツチップ。モデル料です。
あのワイはいいですね。可愛い娘ならなおさらです。
 
ここはウェイトレスの衣装がチャイナドレスです。けっこう似合っています。
スーパーガールの給仕スーパーガールの給仕私の描いてる姿を、こっそり描かれてしまいました。
お返しに私も描きます。きょうはペンが走ります。乗ってきました。
 
2人のチャイナさんが話しかけてきます。私の名前もタイ語で教えてくれました。
女性のあそこを日本語で教えたら、突然デッカイ声で「お**こ!」。
笑わせてくれます。サービス精神旺盛です。アハハ
私も、お返しに言います・・・「**(名前)、コーヒー・ダイマイ・カップ?(※)」(笑)
ダイカー(いいですよ)と答えてくれたら、ペイバーしたかも・・・
 
 
 
次はエンジェルウイッチです。
ここはビックリしました。イチオシの店ですね!
まず圧倒されたのが高い(5メートルくらいか)パイプが円筒型にあり、はしごも付いています。舞台は不気味な雰囲気が漂っています。
 
魔女に扮したダンサーが高いところから180度開脚。(パンツなし)
両足裏をパイプにかけ、股の中心をパイプにこすりつけながら、ズズズーと降りてきます。まさに魔女!店名にピッタリの演出です。
次は頭を下に向け、開脚のまま、一気に落ちて来たりと、サーカス並の芸です。凄い!の一言です。
 
大蛇を首から巻きつけ、降りて来る技も見せてくれます。
蛇も毎日出演では、たまらんでしょうに。
演出も衣装も凝っていて、次々とショーを見せてくれます。
 
スケッチは無理そうなので聞いたら、やはりダメとのこと。
頭に焼き付けて次の店に行きます。
 
12時を過ぎ、アルコールもほどよく効いてます。
最後にしようと店名も知らず飛び込んだ店・・・面白い所でした。
座った客と相迎えの位置にある、25センチぐらいの平均台のような仕切りの上に乗ったゴー姫が笑顔で踊っています。良いダンスです。
 
当然コーラ奢ります。触るとクーラで冷え冷えです。でもキモチイイ!
私の膝の上に乗ってダンスしてくれます。触り放題。キモチイイ!
 
名前のわからない店でスケッチもしますが、もう酔っ払ってテキトーです。
それでも隣りのモヒカン刺青の兄ちゃんが、ベリーグッドと言ってくれます。
絵はバンコク共通。言葉要りません。
 
肌スベスベの娘と帰ります。こりゃ寝るのは何時になることやら?!
 
 
残り3日です。バンコクへ戻ります。
ソイカーボーイ近くのホテルですが、Wifi全然つながらずFXができず、肝心の女の子との連絡手段のLINEもダメです。部屋はいいのに。
 
ピンクパンサーのダンサーピンクパンサーのダンサーパッポンのピンクパンサーへ行きました。
いい店ですね。気に入りました。雰囲気良く、ゴー姫も近くで、よく観察しやすく、スケッチしやすいですね。
 
ピンクパンサーの給仕給仕のお姉さんジェップさん、デカイ胸と品の良さそうな顔つきが私の絵心をそそります。まだ酔っていませんので、綺麗な出来です。
 
Beeちゃんは、私の帽子をかぶって踊ってくれます。いいなあ。
意外とこれが良く似合うのです。今度から帽子も良いね、と伝えます。
ピンクパンサーのBeeちゃんここでのスケッチは、気に入ってます。
 
ペイバーのお誘いありましたが、まだ宵の口。その気にはなれません。
 
少しお腹がすいたところで、うまい具合にミズキッチンを見つけました。
評判聞いていたので、即決です。
店構えと違って、ホント美味しかったですね。肉も、コーンスープも、満足でした。
 
 
次の日、前日すっぽかされた娘から電話かかってきて、店(カラオケ)に同伴してくれと言います。
高いから嫌だと断りますが、まだまだ駆け引き下手な、情けない未熟な私です。アーア
 
なんでカラオケは、通うほど高くなるんでしょうか?不思議ですね。
だから客足が遠のくわけです。2時間で7000バーツ。高い!
前はもっと安かったのに。
 
ソイカーボーイもずいぶん通ったせいで、入口近くのファンタジー・バーにすぐ捕まります。
しかしメ―ちゃん、ピッチが早くてエライ出費です。
 
でも知った顔が、少しづつ増えてゆくと嬉しいですね。
バンコクますます好きになりそうですよ。
 
帰りたくない気持ちいっぱいで、微笑みの国をあとにします。
帰ってからも娘からLINEがきます。胸がキュッとなる気分です。
 
今回もジャンメダイさんの情報が、旅を面白くさせてくれました。
また、よろしくお願いします。ありがとうございました。
◆・・・・・・・・・・・・<読者投稿>
 
 
 くろべさん、今回はバンコクとパタヤと、両方を堪能されたようですね。かなり長かったので、大幅にカットしてしまいましたが、くろべさんが楽しまれた様子が伝わると思います。
 
 アソーク周辺は、最近はデータ通信があまりできません。おそらくスマホを利用する人が爆発的に増えたため、電話会社の設備が追いついていないのだろうと思います。まあタイのインフラですから、こんなもんですよ。
 
 パタヤのエンジェルウィッチ、パッポンのピンクパンサーと、私のお勧めを気に入ってくださったようで、私も紹介した甲斐があったと言うものです。言葉が通じなくても、絵ならバンコク共通ですか。いいですね、それ。私の場合だと、エロはバンコク共通ですかね。