Pocket

 江戸時代のことですが、「火事とケンカは江戸の華」と言ったそうです。どちらも喜ばしいこととは思えませんが、どうしてこんな言い方をするのでしょうね。たしかに江戸は、火事が多かったようです。耐火性の低い木造長屋が多く、密集していたことが原因のようです。そしてケンカも、人口密度が高かったことと関係があるのかも。


 江戸時代の江戸の人口は、100万人以上と推定されていますが、いろいろと説があるようです。ただ、江戸の町の町人街の人口密度は、非常に高かったようです。多くの人が押し合いへし合いしながら暮らしていた。だからケンカも多いし、家が密集していたから火事になると、大火事になることが多かったようです。
 
 
 それでなぜ江戸の華かと言うと、ただ「多かったから」というわけでもなさそうです。威勢のよい江戸っ子は、ケンカも大立ち回りで派手だったのでしょう。野次馬がたくさん集まって、応援したのかもしれません。喧嘩している方は真剣ですが、見物客たちにとってはタダで見られる見世物。人口密度が高くてストレスも溜まったでしょうから、その憂さ晴らしになったのでしょうね。
 
 そして火事ですが、これは火事そのものの派手さを江戸の華と呼んだのではなさそうです。火事にはつきものの火消し。火事と聞くや、威勢よく駆け出していって、まといを振りながら火を消すのです。この火消したちの勇ましさもまた、江戸の人たちにとってはタダで見られるショーだったのでしょう。ただし、自分に被害が及ばなければ、ですけどね。
 
 
 人口密度の高さで言うなら、ソイカウボーイも負けていません。先日も、スパイスガールズでボヤがあったようです。入口近くの配電盤がショートして焦げたのだとか。コヨーティーがいる店の情報は、さすがにコヨーテ評論家のTさんが早耳です。わざわざナナプラザから呼び戻されたそうですから。
 
 このボヤ騒ぎをきっかけに、Tさんは思ったそうです。「店の奥の方に座っていると、避難が遅れて危ないかもしれない。」たしかに、たいていの店は出入り口が1ヶ所しかありません。奥からだと逃げづらいでしょうね。
 
 
 でも、私は思うのです。家事になったときにもっとも重要なのは、冷静さを失わないことだと。パニクって慌てて駆け出すから、怪我をしたり、かえって避難が遅くなったりするのです。そういう意味では、奥にいた方がすぐに駆け出せないので、冷静になるのに良いかもしれませんよ。
 
 トイレは近いし、水道の水を確保することもできます。水をかぶって、濡れタオルで鼻と口を抑えながら、ゆっくりと避難すれば良いのです。火が身体に燃え移ることは、実はあまり心配する必要はありません。それよりも熱と煙。特に煙を吸ってしまうのが一番危険です。次に危険なのが、煙で視界を塞がれ、逃げる方向がわからなくなること。ですから、冷静になることと濡れタオルの確保が重要なのです。
 
 
 あと強いて言うなら、避難時の障害は、何も距離ばかりでなく、障害物の多さも関係します。特に障害物になるのが、実は人間なのです。みんなが出口に殺到すると、そこで将棋倒しになったりして、それがまた後ろの人の避難を妨げ、それによってさらにパニックになります。ですから、人がたくさんいるような店で、しかもその2Fなんていうのは、もっとも危ないかもしれませんよ。
 
 ただ、本当に危ないのは、みんなが出口に殺到する瞬間です。そう考えると、奥からゆっくり逃げた方が、実は安全かもしれませんね。ただし、方向を見失わないように冷静でいることと、煙を吸わないように濡れタオルで口と鼻を覆うこと。これで完璧です。
 
 
 さて、もう一方の華のケンカですが、これもソイカウボーイなどでよくありますね。客同士というのもありますし、女の子同士というのも。コヨーテ評論家のTさんから聞きましたが、昔、スパイスガールズで働いていたコヨーティー同士が、大立ち回りを演じたそうです。双方と知り合いのTさんは、相当に困ったようです。そのケンカが、Tさんの奪い合いだったかどうかは、定かではありませんが。
 
 そしてティーラックでも、先日、女の子同士のケンカがあったそうです。方やビール瓶を投げつけ、方やブーツのヒールで蹴飛ばす。江戸のケンカに勝るとも劣らない派手なケンカだったようです。こちらは読者のKさんからの情報でした。これもKさんの取り合いが原因かどうか、定かではありません。
 
 
 ケンカも見物客には面白いのでしょうけど、下手に近寄ると危ないですよ。ビール瓶を投げつけるのは反則ですね。観客がケガをしますから。なるべく関わりあいにならないように、近づかないことが重要です。客同士のケンカも、うかつに近づくと殴られますよ。ムキムキマッチョのファラン(西洋人)は特に、気をつけないといけません。
 
 人が密集していてストレスが高まる上に、さらにアルコールが入りますから。ちょっとした一言が災いのもとにならないとも限りません。他の誰かに奉仕させて楽しもうとしていると、思い通りにならないときにプチンと切れちゃう可能性があります。ですから、楽しみ方を変えるというのも、自分を守る秘訣になると思います。