Pocket

 前回、「大満足のチェックビン!」を送ってくれたマムアンさんです。コヨーティーが大好きで、けっこう私と好みがダブっています。お陰でいろいろな情報をいただけて、私も助かってます。さて今回は、どんな旅だったのでしょう。


◆・・・・・・・・・・・・<読者投稿>
3ヶ月ぶりにトランジットでbkkに寄りましたので、帰りの一夜を投稿します。
 
フライトが次の日の朝便ですので、bkkを朝5時半出発の予定。当然朝4時まで遊ぶでしょ~と気合を入れていたら、ラッキーなことに駐在員との食事会がキャンセル。gogoスタートの9時から目一杯遊べることになりました。
 
 
一人で食事の後、8時半ごろタニヤに到着。タニヤリカー?で換金すると、大一枚で3120Bでアベノミクス恨めしやですね。
 
まずはパッポン、キャッスルグループを3店流しました。
コヨーティーを導入してから10ヶ月ほど経つでしょうか。彼女たちも仕事上手になったのか、定着したのか、客がそこそこ入っていましたね。
またドリンク代もソイカ、ナナにくらべて安いのも魅力ですかね。
各店知り合いも居なく、ドリンク一本ずつで周り、スタートは上々といったところでした。
 
 
次はピンクパンサー。カーテン越しに覗くと、知り合いのコヨーティーに発見され入店。
ベイビーちゃんその他と乾杯。前回に会ったインちゃんに会えず残念。ということで一杯おごって退散しました。
 
ベイビーちゃんは前回より痩せていて、相変わらずの腰の動きを楽しませて頂きました。
店は相変わらずダンサーの子に可愛い子が多く、音楽もいい選曲をしていましたね。
 
次にキングスの新しいgogoも覗きましたが雰囲気が合わず、釜多しでスルー。バダビンは行きのトランジットで覗いたし、ファーンちゃんも居ないのでスルー。ブルーもスルーです。
 
友人に聞いた、2階にあるコヨーティーの店らしきところもわからず、ソイカに移動と思案中。
 
 
シーロムを去る前に、12月ごろタニヤに出来たコヨーティーラウンジ?のallureにいってみようと思い、行ってきました。
場所はヤダpの道沿い、牛の家、プレイガールの有る道沿いといえば分かるでしょうかね。
 
入店すると、コヨーティーをカラオケみたいにチョイスして同席するシステムみたいで、私の前に全員並ぶと、可愛い子が私の名前を呼ぶじゃないですか。
よく見ると以前ソイカ、ピンクパンサーにいたパーティーちゃんでした。
 
昔話で盛り上がり、ダンスタイムに彼女の長い手足を使ったセクシーなダンスを堪能してチェック。ハグをして再開を誓い合うと時間は11時となり、ソイカへと向かいました。
尚、コヨーティードリンクの取り分は一杯100Bだそうです。
 
 
ソイカではまず、前回気になったコヨーティーがいるスパイスガールに入店。
彼女に何度も視線を合わせるも来てくれず、ダンス終了後も私の前を通り過ぎ外に移動。
私も追いかけ、外で座りながら見つめるも来てくれず・・諦めてチェック。
 
ロー・スペックな私には、なかなか釣るのは難しいですね。
(私の楽しみ方なので「何で呼ばないんだ!」というご意見は無しで願います。)
最近のスパイスはツンツンな子が多い気がします。
 
 
12時を回り最終目的地、ゲーちゃんのいるダンディーへと入店。
(年末で辞めると聞いていたので前日に電話してみると、まだ働いているとの事。やはりタイ人ですね~)
相変わらず狭い店なので入店直でみつかり同席。今日はここで4時までと覚悟をきめました。
 
相変わらず、よりかかってきてくれたり手を繋いでくれたりとハイ・ホスピタリティーで、シャイな私には自分から出来ないので、そこを察するところが流石です。
彼女の腕を見てみると、前回お土産で上げて嬉しそうにはめていた腕時計がないので、訊いてみると「店で壊れた」と言いましたので、次回のお土産に決定ですね。
 
時計は2時を回り、恒例の店の前でのコヨーティー達との食事会になり、当然私の払いでローカルタイ料理のオンパレード。
私はこの後フライトですので、サムズのカオパット(炒飯)で勘弁頂きました。
 
しばらくするとお腹も満足し、疲れと眠気がやって来てウトウトしてると時間は3時。周りのgogoも閉め出したので、ホテルに帰る事を彼女に伝えました。
事前にチップも上げていたせいか、さらっとしたお別れでしたが。
でももう会えない、会わないでおこうと思っていたので、会えただけでも満足だったので、それでも良しでした。
 
 
4時まではいけませんでしたが、こうして私の「限られた幸せな時間」は終わりました。
次の予定はまだありませんが、またいち早く幸せな場所に戻れる事を糧に、イロイロがんばっていこうと思います。
◆・・・・・・・・・・・・<読者投稿>
 
 
 今回も、さらっとしたマムアンさんらしい遊び方ですね。投稿記事を読んでいただければわかると思いますが、何か嫌なことがあっても、そこにひかからないところが素晴らしいです。だから何があっても嫌なことが心に残らず、良いことだけあったように感じるのでしょう。
 
 パッポンのキングス系の新店舗は、キングスコーナー2でしょうね。キングスコーナーと同様に、オカマちゃんと女の子が混在する店だと思いますが、たしかにオカマちゃん比率が高いと感じました。あれならキングスキャッスル3と変わらないじゃないかと思います。名前もキングスキャッスル3+とか、キングスキャッスル4にしても良いくらいです。
 
 コヨーティーラウンジは、ちょっと気になりますねえ。でも、最初に誰かをチョイスしなければならないとすると、私には合わないかも。最初は1人で飲んでいて、気に入った子がいれば呼ぶというスタイルが好きなので。でも、もし機会があったら覗いてみようかな、なんて思ってます。