Pocket

 相変わらず、反タクシン派の集会やデモは続いています。来年行われる予定の選挙への立候補をさせないようにするため、届け出所を占拠しようとして、警察から排除されたようです。その際、日本人のジャーナリストが怪我を追ったようですが、警察が発砲したゴム弾によるものではなく、おそらく反政府派が警察に対して投げたコンクリート片が頭に当たったのでしょう。
 
 反タクシン派の無法に腹を立てたおそらくタクシン派の誰かでしょうが、集会しているところに車で乗り付けて発砲したようで、1人が死亡したとのこと。暴力がエスカレートするのは世の常ですが、お互いに自制してほしいところです。
 
 一時、軍が介入するかもしれないと可能性を示唆したような発言がありましたが、今はまた、その動揺を抑えるような発言を繰り返しています。選挙を支持するという公式見解を出しているので、おそらく静観するものと思われます。
 
 また、もう1つの強大な権力を持つ選挙管理委員会が、選挙の延期を提案しましたが、政府は拒否したようですね。すでに民主党議員が議員辞職していますし、このまま選挙を行わずに国会で新たな決定もできないでしょう。法律的には選挙をやる他ないのに、他の選択肢が次々に現れるのが、今のタイの状況を如実に表している気がします。
 
 
 さて、こんな混乱状態ですから、タイ旅行をキャンセルした人も大勢いるようです。あるいはバンコクを避け、パタヤやプーケット、チェンマイやチェンライ辺りへ行く人も多いと思います。旅行者も迷惑を被っているでしょうけど、観光業界の人はもっと悲惨ですね。ゴーゴーバーも、いつもの年末年始と比べると、客が少ないようです。
 
 とは言え、そこはやはり年末年始です。普段よりはやや多めでしょうか。バンコク在住者ではない、旅行者ふうの客が目立っています。タイ在住者は逆に、日本に帰省したりしていて、この時期は出回る人が少なくなります。私はその逆を行ってますけどね。
 
 
 パッポンへ最近よく行くのですが、プチボッタのあったエレクトリックブルーを避けながら、ピンクパンサーやバダビンへ行っています。ピンクパンサーは、相変わらずスタイルの良い子を揃えていますね。しかもよく踊っているので、見ているだけで楽しめます。
 
 バダビンは、以前にいた子のほとんどがいなくなり、まるで総入れ替えしたような感じです。1人、スタイルが良くてセクシーなダンスをするコヨーティーがいるのですが、話を聞いたら1年前からいるとのこと。まったく気づきませんでした。まあ、しばらくバダビンへ行かない期間がありましたからね。
 
 
 ナナプラザへもたまに行きますが、最近の定番はマーキュリーです。ビール代が安いというのも魅力ですが、女の子たちも比較的によく踊っています。同じ2階にあるファンタジアは、レベルの上下動が激しすぎます。本当にどれだけ人が入れ替わるのか。最近はコヨーティーが派遣されているので、9時過ぎからはそれなりの子がいますけどね。
 
 同じくコヨーティーが派遣されているプレイスクールですが、私が注目しているのはコヨーティーではなく、シャワーブースで踊っている子です。ここは本当のシャワーではなく、光線でシャワー風に見せかけていて、ただシャボンで体を洗っているだけです。だいたい2人が交代で踊っていますが、1人、セクシーなダンスを見せてくれる子がいて気に入っています。
 
 隣のエンジェルウィッチ2も、それほどかわいい子はいませんが、ショーはけっこうオススメです。ステージが広いこともあって、2階のエンジェルウィッチとは、また一味違ったショーになっています。2階のエロティカ2は、ビリヤード台をなくしてステージを広げたのですが、女の子の数が増えませんね。最近はダンスもイマイチなことが多く、ちょっと行きたいという気持ちが減ってしまいました。
 
 
 ソイカウボーイでは、ソイ23にあるクレージーゾーンがすごい人気です。通り沿いの店なのに、女の子たちは完全にすっぽんぽん。U-18もいるそうですが、オーナーに警察関係者がいるのだとか。これもいわば汚職みたいなものですが、こういうのはタイでは当たり前なのです。
 
 タクシン氏の汚職を糾弾する人たちが、自ら汚職に手を染め、あるいは汚職による利益を得ているというのが事実です。どの口が批判するのかと問いたいですが、「タクシンの汚職に比べればかわいいものだ」と言う人もいます。まあ、目くそ鼻くその世界だと、私は思いますけどね。
 
 そう言いつつ、クレージーゾーンでU-18の子の裸を楽しんでいる私も、汚職による利益を得ているとも言えるので、私は誰も批判しませんよ。お互い様でしょ?どっちが正しいかではなく、どっちが楽しいかで考えましょうよ。そう、斎藤一人さんも言われてますしね。
 
 
 話が横にそれちゃいましたが、ソイカウボーイで注目しているのは他にはカウボーイ2です。ここはもうほぼ95%がコヨーティーです。衣装は同じなので、ゴーゴーガールがいても気づかないでしょう。コヨーティーのペイバー代はゴーゴーガールより高いのですが、中には気付かずにコヨーティーだと思って、ゴーゴーガールを連れ帰っちゃった客もいるようです。
 
 高いペイバー代を払ってしまったわけですが、でも、自分がそれで満足したなら、それでいいと思いますよ。彼女は、コヨーティーたちと比較してもよく踊っている子ですから、本当ならコヨーティーにしてあげたいくらいです。ただコヨーティーの会社から派遣されてないだけ。それで、ゴーゴーガールのままなのですから。
 
 でも、あとで事実を知ったら、悔しいかもしれません。その気持ちもわかります。まあでも、それもひっくるめて楽しむことです。人生は楽しむためにある。あれやこれや、期待したことも期待しなかったこともあって、様々な体験によって自分の枠が広がるのです。そういう体験をさせてもらえたと思えば、すべてが楽しいことになります。
 
 
 と言うことで、今年は今夜が最後で、来年は今夜が最初になりますが、これからもゴーゴーバーライフを楽しみたいと思います。みなさんどうぞ、良いお年をお迎えください。みなさんが幸せであることを、心より願っています。