Pocket

 遅くなりましたが、みなさん、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いしますね。年末年始はずっとゴーゴーバー通いをしていたのですが、ブログを更新していませんでしたね。まあこんな感じで、気が向いたら更新されるブログですので、ご容赦ください。
 
 でも、過去記事を読んでいただけると、タイの夜遊びを考えておられる方には、随分と参考になると思いますよ。自画自賛しちゃいますけど、これだけ充実した内容のサイトは他にはない。そう思ってますから。
 
 
 さて、最初に反政府派によるデモの情報を。1月13日からバンコク封鎖を宣言しています。一番影響がありそうなのは、アソーク通りとスクンビット通りの交差点。ここがストップすると、バンコクのスクンビットエリアは、ほとんど車での通行ができなくなります。BTS(高架鉄道)やMRT(地下鉄)は動くようですけど。
 
 以前の赤シャツのときは伊勢丹前でしたから、ゴーゴーバーで遊ぶのには何の影響もなかったのですけどね。よりによって、ソイカウボーイの前で集会をするなんて。ソイカウボーイで働いている人たちには、タクシン派も大勢いますから。暴力沙汰にならなければいいのですけど。
 
 なお、そうなった場合でも、ソイ23を抜ければ移動は可能です。アソーク通りが止まったら、ソイ23からアソーク通りを突っ切ってソイ19へ抜けることができるようになるでしょうからね。不測の事態が起こる可能性はもちろんありますが、強制排除に動かない限りは、それほど心配はないかなと思っています。
 
 
 ということで、ゴーゴーバーの話をしましょうか。ナナプラザには、エンジェルウィッチ系の店が増えましたね。どうもクラウングループが、ほとんど(ひょっとしたらすべて)の店の権利を売ったようです。したがって今、エンジェルウィッチ系なのは、1Fがプリティーレディーのあとのスペルバウンド、エンジェルウィッチ2、プレイスクール。2Fはエンジェルウィッチ、ファンタジア、改装中のG-SPOTです。3Fは、元ラスベガスのワイルドシング、ビルボードですね。
 
 そしてこのエンジェルウィッチ系列で、コヨーティーが広まりつつあります。1Fのプレイスクール、2Fのファンタジア、3Fのワイルドシングです。そしてエンジェルウィッチと言えばショーですが、2Fのファンタジアではショーも始めました。まあ、まだ可愛らしいショーですけど。オープニングの曲は、エンジェルウィッチでかけているのと同じです。
 
 
 同じオーナーの店が増えると、似たような店ばかりになるという懸念もありますが、これも仕方がないことかもしれません。いわば小売の大型店舗化みたいなものです。大型店が出店すると、小規模な店が潰れたりしますよね。ある意味で、それと似たようなものだと思うのです。
 
 消費者は、変わり映えしない小規模な店に飽きているのです。大型店は、その資本力を活かして、ときどき飽きられないように模様替えをします。小規模な店は資本力がないので、そういう模様替えは経済的に無理です。だから結果として、消費者は大型店の進出を支持するのでしょう。
 
 そのことによって、全国どこへ行っても似たようなもの、という感じになってしまいます。それは一方で、安心感ももたらします。どの地方のイトーヨーカドーへ行っても、同じようなものが同じように売られていますから。そうやって均質化されていくと、今度はその同じであることに飽き始めます。消費者というのは、本当にわがままなものです。(笑)
 
 
 まあでも、そうやって絶えず変化をしつづけるのが、この世の慣わしと言うものでしょう。諸行無常と言われる通りです。ですからゴーゴーバーの世界でも、一時的に同じオーナーの店が増えていくのも、仕方ないことですね。それぞれの店の個性というものはなくなっていきますが、どこでも安心して入れるようになります。
 
 そのうち、同じであることに飽きてくると、またオーナーが店を売ったりして、何らかの変化が起こるのです。世の中、そういうものです。だから私は、同じオーナーの店ばかりになって面白くない、なんて思いませんよ。そのときはそのときで、それを楽しめば良いのです。どんな状況であろうと、見方を変えれば楽しむ方法はありますから。
 
 
 と言うことで、今年もゴーゴーバーを楽しみますよ。くっついたり離れたりするのが男女の楽しみなら、夜遊びだって同じこと。あっちへ通いつめたかと思えば、次はこっちへ。そうすれば飽きることなく、いつだって楽しめます。人生は楽しむためにあるのですから、楽しまなきゃ損ですよ。