Pocket

 いよいよ下院の投票日が近づいてきました。反政府デモ&集会のお陰で、選挙運動はまったく盛り上がっていませんけどね。選挙運動の騒音はなくなりましたが、代わりに反政府デモのホイッスル音が賑やかなこと。いや、賑やかなんて穏やかなものじゃありません。すぐ近くで吹かれたら、思わず耳をふさぎたくなるくらいうるさいです。
 
 
 さて、先週末は期日前投票日でした。選挙を延期するかどうかがはっきりせず、期日前投票もどうするのだろうと思っていたら、予定通りに行われたようです。ただし、反政府側のリーダーのステープ氏が地盤とする南部と、中央部の一部で、投票が行われませんでした。もちろん理由は、反政府側が投票所に押しかけたため、選挙管理委員会が安全のために中止したのです。
 
 テレビで報道されていましたが、すごいものですね。投票所に訪れた人に帰れコールをし、それで入ろうとすると前に立ちふさがり、服をひっぱり、非難中傷して投票の意欲をくじこうとする。まったくひどいものです。それでもめげずに、閉じられた投票所の門をよじ登って、投票所に入る投票者もいました。投票の権利を守れというデモもあったようです。
 
 期日前投票を予定していた人は約200万人いたそうですが、そのうちの44万人が投票できなかったそうです。政府は、2月2日の投票日に、期日前投票の分も合わせて行うよう発表したそうです。それにしても、投票の権利を無理やり奪うという暴力がまかり通るなら、民主主義は死んだと言うほかないでしょう。
 
 
 そんな中ですが、ゴーゴーバーは営業したようです。1月25日(土)は、ナナプラザもソイカウボーイも、アルコール飲料の販売なしで営業されました。外国人にはまったく関係がないことなのですが、ホテルだけは飲めるのに、繁華街で飲めないというのは理不尽ですよね。1月26日(日)は、夕方で投票が終わるということもあって、通常通りにアルコール飲料も販売されたようです。
 
 来週の2月1日(土)と2日(日)は、どうなるかわかりません。大規模な選挙ですから、本来なら休業になりそうですけど。少なくとも、土日ともアルコール飲料は販売しないのではないかと思われます。パッポンは例によって、営業される可能性が高いとは思いますけど・・・。
 
 
 実は今週は、中国正月(旧正月)が1月31日ということで、中華系の人にとっては重要な週なのです。例年、中国からの旅行者も大量にやってきます。しかし今年は、かなりキャンセルがあるようです。諸外国はタイの情勢を危険度が高まったと見ており、自国の国民に渡航を自粛するよう伝えているようです。旅行業界の落ち込みは、ものすごいことになるでしょう。
 
 それなのにステープ氏は、メディアの取材で経済への影響を問われたとき、「まったくない」と言い切っています。集会所には人が集まり、近隣の商店は売上がたくさんあるはずだと。まあ、こういう人には何を言っても無駄だと思います。彼にとっては自分がやることはすべて正しく、政府がやることはすべて間違いなのでしょうから。
 
 昨日は、反政府デモの指導者が、それに敵対するグループと遭遇したとき、発砲されて亡くなったそうです。これで、今回の一連の反政府運動に関わる死者が10人になりました。こういう報道を聞いて、やはり暴力的なのは政府側じゃないかと短絡的に言う人がいますが、それは間違いです。警察の検問では、反政府集会に合流しようとした人で銃器や手榴弾などの爆弾を所持した人も、何人か捕まっています。暴力は暴力を呼ぶのです。
 
 
 先週の金曜日にソイカウボーイへ行ったのですが、9時を回ってもほとんどお客がいないという店がいくつかありました。金曜日ですよ。週末の書き入れ時に、こんなに客が少なくてやっていけるはずがありませんよ。まったく困ったものです。
 
 久しぶりにティーラックへ行ったのですが、週末のコヨーティーは健在でしたね。レックちゃん、ノックちゃん、オーちゃん、アイちゃん、フォンちゃん。あと誰だっけ?顔は覚えているけど、名前は忘れちゃったよ。まあ彼女たちも私の名前は覚えていないようですから、お互い様ですね。
 
 久しぶりに会っても顔を覚えていてくれて、ステージ上からワイ(タイの挨拶)をしてくれる。「いいよ、いいよ、そんなに気にしなくても。」そう言いたくなります。みんなが楽しそうにしていたら、それを見ているだけで私も楽しい気分になるのですから。「今日も、楽しませてくれてありがとう。」そう心の中で思いながら、店をあとにしたのでした。
 
 
 そのあと、どこへ行ったかは秘密です。やはり深酒をして、2時過ぎまでソイカウボーイで飲んでいました。「もうすぐ店が終わるから、今日は一緒に行こうよ。」そう誘われるのですが、「ごめん。また今度ね。」と言って別れました。もちろん、遊ばせてもらったのに見合うチップを渡して。モテ自慢をしたいわけではなく、それだけ客が少ないってことですよ。