Pocket

 今週末に訪タイされる読者のwawawaさんから、バンコクの情勢に関して質問をいただきました。何せクーデターが起こったのですからね。心配するのが当然でしょう。さっそく、質問にお答えしましょう。
 
◆・・・・・・・・・・・・<読者からの質問/相談>
今月末よりバンコクに旅行に行く者ですが、タイの政情不安を非常に危惧しております。夜間外出禁止令の中、ナナ、ソイカウボーイの営業はどうなっておりますでしょうか?
プロンポン駅の近くに滞在しますが、タニヤ辺りにも交通規制などで行けないなどの情報も入っております。
一年に一度の楽しみのタイ旅行が、夜間外出禁止なんて言ったら何しに行くかわからないというものですよ。そのあたりのお店の状況や交通などの影響がわかりましたらお教えねがえませんでしょうか?
◆・・・・・・・・・・・・<読者からの質問/相談>
 
 
◆・・・・・・・・・・・・<ジャンメダイからの回答>
まず大前提として、事態は流動的であるということを、よく肝に銘じておいてください。誰が何と言おうと、言った瞬間から過去のことになります。それに、すべてを把握して発言する人など、1人もいません。もちろん私もそうですし、メディアもそうです。
 
ということで、私が見聞きした範囲で、私の感覚としてお答えします。
 
 
軍が全権を掌握し、タクシン派の幹部および、反タクシン派の過激分子の幹部を拘束しています。軍が反タクシン派ということは間違いありませんが、それでも過激派とは一線を画しているようです。
 
そのため軍は、夜間外出禁止令を出しているものの、主要な交差点に人員を配置するなどといった、2006年のときのクーデターほどは、バンコク都内に展開していません。軍が警戒しているのは、UDD(通称赤シャツ隊)などタクシン派勢力が結集し、武力闘争になることです。
 
 
現在、バンコク都内では、一部の勢力(UDDだけではなさそうです)が反クーデターデモを展開しています。人数は200人ほどと外国メディアが報道していました。タイ国内のメディアは、軍の情報統制のせいだと思われますが、このことをまったくニュースで取り上げていません。
 
昨日はBTSチットロム駅周辺でデモがあり、ナナ(スクンビット・ソイ3,ソイ4)近くまで、かなり混乱した状況だったようです。その時間帯は、BTSも運行を中止したようです。(通常は6時から21時くらいまで運行しています。)本日も、戦勝記念塔(BTSビクトリーモニュメント駅)近くで抗議集会が予定されているとのこと。軍は強制排除する動きはありませんが、デモ隊が過激化した場合は、どうなるかわかりません。
 
 
こういう状況ですが、私の想像では、軍は一般市民の活動を妨害する意図はないと思われます。抑えこみたいのは、軍政に反対するタクシン派たちの過激な行動です。そのため、夜間外出禁止令は出されていますが、目立った取り締まりはされていません。検問などでひかかったときは、とがめられる可能せはありますけどね。
 
パッポンやタニヤは、夜間外出禁止令発令後も、ずっと営業を続けています。開始時刻を少し早め、徐々に遅くまで営業しています。ソイカウボーイとナナプラザは、22日や23日は閉める店も多かったようですが、24日からはほぼ全店が営業を再開しました。ソイカウボーイのスパイスガールズ系は店を閉めていましたね。コヨーティーの派遣ができないからかもしれません。
 
 
夜間外出禁止令によって22時から翌朝5時までの外出が禁止されていますが、これを出しているのは軍です。したがって今のところ、警察は取り締まりに動いていません。ただし、軍政は進行して警察も抑え始めていますから、そうなったら警察も協力して取り締まる可能性もあります。
 
しかし、繁華街で働く人たちも生活がかかっています。仕事をしなければおまんまの食い上げです。そう考えると、いくら警察が取り締まりを始めたとしても、それなりの目こぼしはするだろうと予想されます。なにせここはタイですから。
 
24日の時点ですが、パッポンのキングスキャッスル1では、深夜零時までは営業すると言っていました。タニヤは22時半くらいには明かりを消したようですが、店内のお客がいなくなる23時半くらいまでは営業したようです。ソイカウボーイも同様で、23時までには表の明かりを消しましたが、店内は熱気ムンムンで、23時半でもかなり多数の客がいました。おそらくナナプラザも同様でしょう。
 
 
ただし、1つ注意が必要です。タクシーがほとんど走っていないのです。繁華街の近くには、タクシーやツクツクが停まっていますが、彼らはメーターでは行きません。交渉制ですし、かなり高めになると予想されます。
 
ホテルまで歩いて戻れるなら、歩くというのも1つの選択肢ですが、当然、危険度は高まります。どうするかはそれぞれの判断ですが、200バーツや300バーツをけちって、強盗に襲われるのもバカげたこととも思えます。仮に500バーツと言われても、日本でタクシーに乗ったと思えば、安いものですからね。
 
 
普段なら、タクシーの交渉には一切応じないことにしていますが、今は緊急事態です。いつ来るかわからない流しのタクシーを路上で待ち続けるのは、それだけでリスキーだと認識しておきましょう。最大限の注意をした上で、あとは何が起ころうともそれを受け入れる覚悟をすることです。怖がって表に出なければ、人生は楽しめませんからね。
 
 
 
<5月27日追記>
昨夜、ソイカウボーイは早々と22時に店じまいを始めました。
通常通りに20時にオープンしたカウボーイ2も、22時には出番がなくなったコヨーティーたちが帰り始め、22時半には最後のグループがダンスを終えました。
どうやら、軍が警察のトップクラスのタクシン派を一掃したことで、警察も夜間外出禁止令に協力する方向へシフトしたようです。
ナナプラザやパッポンの状況はよくわかりません。
 
ソイカウボーイで店を閉めていたスパイスガールズ系各店も、昨日は早めにコヨーティーを踊らせてましたね。
シャーク系列で元シバズのライトハウスは、営業が可能になる17時から早々とオープンさせ、コヨーティーも導入していました。
コヨーティーのペイバー代は1,500バーツとのこと。ハッピーアワーもつくので、ビール代も安い(70バーツ)です。
22時半にソイカウボーイの各店が店を閉めるころ、アソーク通りはけっこうな台数のタクシーが走っていました。
夜間外出禁止令が甘いと判断したタクシーの運転手が、生活のために働き始めたと思われます。
 
こういう状況なので、警察がどこまで本気で夜間外出を取り締まるかが、営業時間のポイントになります。
できるだけ営業したい店やタクシーなどが、警察の動向を見定めながら、出したり引っ込めたりをすることでしょう。
 
 
<5月28日追記>
本日から夜間外出禁止の時間帯が、0時1分から4時に緩和されました。
これにともない、BTSは6時から23時まで営業するようです。
ゴーゴーバーの営業開始時刻が元に戻るかどうかは不明です。
タクシーも拾いやすくなると思われます。
 
 
<5月29日追記>
昨日のゴーゴーバーの営業開始時刻は、これまでと同様に早めだったようです。
ナナプラザではだいたい18時くらいから営業しています。
17時からというところもあるようですが、女の子がどれだけ揃っていたかは不明です。
終了時刻は、23時とか24時と言うところがありましたが、どうなったかはわかりません。
ソイカウボーイの終了時刻は、やはり警察が言ってきたようで、24時過ぎに突然に終了しました。
パッポンの状況はわかりませんが、おそらく同様かと思われます。
タクシーはそれなりに走っていますが、やはり遅い時間になると通常よりかなり少ないようです。
 
 
<5月30日追記>
ゴーゴーバーは、早めの営業開始を続けています。
営業終了は、同じく23時から24時くらいです。
ソイカウボーイのカウボーイ2も、ついに18時くらいから営業を始めましたね。
その代わり、ハッピーアワーがなくなってしまってました。残念です。
ティーラックはコヨーティーの派遣を解除したようです。ティーラックのコヨーティーたちは、ライトハウスに行ったため、ライトハウスはコヨーティーだらけになっていました。
ついでに、デジャブのコヨーティーもかなり入れ替わっており、追い出された(?)コヨーティーが、ライトハウスやナナプラザの方へ行ったようです。
 
 
<6月3日追記>
プーケット島、サムイ島、パタヤ市の3ヶ所のみ、3日から夜間外出禁止令を解除すると発表されました。
残念ながらバンコクは、相変わらず0時1分から4時まで外出禁止で、警察がしっかり取り締まっているようです。
 
 
<6月14日追記>
その後も、外出禁止時間は同じでしたが、夜間外出禁止令を解除する地域が徐々に増えていました。
そして昨日(13日)、タイ全土で夜間外出禁止令を完全に解除すると発表がありました。
ゴーゴーバーはどこも、営業開始時間を早めることで対応してきましたが、今日から通常通りの営業時間になるようです。
早く行き過ぎると、女の子がまったく踊っていないなんてこともありますので、ご注意くださいね。
◆・・・・・・・・・・・・<ジャンメダイからの回答>
 
<注>
いただいたメールやコメントを、なるべくそのままの形で載せるようにしています。
もちろん、個人が特定できるような情報は省いたり、修正したりして、わからないように編集しますので、ご安心ください。