Pocket

 読者のワイリーさんからの投稿は、今日が今回の分の最後になります。パタヤで楽しまれて、またバンコクに戻られたようです。今回の旅の目的でもある、前回お世話になった女の子たちと再会できたのでしょうか。どうぞご覧ください。
 
 
◆・・・・・・・・・・・・<読者投稿>
・7月17日(6日目)
 再びバンコクに戻り、最後の人探しです。
 
 1軒目 ソイカに向かい、シャークで景気づけです。ハッピーアワーに間に合い、しばし今日の対策を練ります。背の高い二人の嬢にステージからからかわれてしまいました。
 
 スージーウォンに先日の彼女に会いに行きます。彼女にはパタヤに行くことを話したのですが、お世辞でしょうが、私もお店休んでパタヤに行きたいなぁなんて言われました。もうめろめろですね。しかし、彼女まだ来てないよ。後で遅い時間に来なさいと給仕さんが教えてくれます。
 
 2軒目 カーボーイ2へ。先日の弾けたときの嬢が、あなたが探している娘が今日はいるよ。と教えてくれます。店に入って待ちます。どきどきです。ありがとうってうまく言えるかな。それだけのために来たといっても過言ではありません。
そして連れてきてくれた彼女は、番号が変わっていました。あれ?君は去年の彼女なのか?と書いてもらったメモを見せると、そうだよ、番号が変わっただけで、名前は変わってないといいます。そうなの?私が驚く番です。番号なら間違いないだろうと探していたのに、そうだったんですね。
 
 探してくれた彼女と、会いたかった彼女にドリンクを振る舞い、サライも配り、前回好きだといい食べてくれたお菓子もあげます。彼女はいきなり目の前でダンスです。そうなんです。前回はじめてこの店に来たときに、回りを警戒してばかりでしかめっ面だった私に、笑いなさい、と笑顔を教えてくれたのは彼女なのです。そして彼女のダンスが私に光を与えてくれたのです。
彼女はもう一度踊ってくれました。しばらく話して思い出してくれたのでしょうか、ステージで踊ってくるねといい、ステージに上がります。
 
 一方探してくれた嬢の相手ができなくて悪いなぁと思いつつドリンク3杯ご馳走しましたが、さらに頼んでいい?とあまりのハイペースに申し訳ないがこれで勘弁してくれと頼みました。彼女は怒っちゃうよ!とモーションをとりますが、それ以上頼まれたら怒るのはこっちだよと。探してくれて本当に感謝してるけど、二人きりで話したいし申し訳ないなぁと思いつつも、探偵代としてチップを渡し他の席に移ってもらいました。
 
 運命の彼女はステージで最高のキレッキレのダンスをします。フロントと背中のタトゥーが映えます。お世辞抜きで、一番のダンスだと思います。周りからも今日はすごいね!といわれてるのが聞こえます。そして思い込みかもしれませんが、今だけは私のために踊ってくれているのだと。
初めてです、涙を流していました。このダンスが見たくてここまで来たんです。今日まで会えるかもわからず通ったんです。そして見ることができました。笑顔で見てました。本当、彼女のダンス以外何もいらないと思いました。全ての苦労を忘れました。なんで泣いてるんだろう…。
 
 前回彼女はまぶしすぎて触ることもできませんでした。今日は一生懸命勉強したタイ語をちょっとだけ話します。なんでタイ語話せるの?と言ってくれますが、みんな君のおかげなんだよ。気持ちのままにチップを振る舞い(2乳)最後までダンスは止みませんでした。
日本に帰っても、また探しに来るね、と話すと、彼女はずっと踊って待ってると言ってくれました。笑顔でさよならです。全ての人にありがとうといいたかったです。自分は次回またこの店に来て彼女を探すと思います。そして笑顔で三度再会したいです。(ちなみに支払いは振る舞いすぎて結構な額になってました。でも彼女のためですからマイペンライ)
 
 店を出て、スージーウォンの前を通ると背の高い給仕さんが、彼女来たよと教えてくれ、一緒に店に入ります…、が他のファランの接客中です。あちゃー、いけないタイミングで来ちゃったなぁと給仕さん共々顔を見合わせてしまいます。彼女は、なぜ今来たんだというような声を発しています。
私は、この瞬間が辛くなり、明日また来るよと店を出ることにしました。出掛けに、彼女にこれを渡してほしいとパタヤのお土産を頼みます。店の人はみんな私のことを知っていてくれているようで、ごめんねといいながら、ちゃんと渡しておくからね、と預かってくれました。辛いですね、これって…
 
 3軒目 あまりの辛さにどこかに逃げ込みたくなりロングガンへ。でもそんな状態では楽しめるわけも泣く、店ではほとんど寝てしまってました。起こされ店を出て
 
 4軒目 ローハイドへ。ここでも寝てしまい、気分転換に
 
 5軒目 クレイジーハウスへ。23時に入りましたが、とんでもなく混んでました。先日は遅すぎて人がいなかったのかもしれませんが、今日はお客もステージもぎっちぎちです。ペイバーもしないコーラだけの私は、ママから10分も経たずにチェックを促され店を出ました。
 
 悲しい気持ちを振り切り、もう一つのありがとうを言うために、ナナに向かいますが、途中LBの襲撃に遭い、捕まえられ、つめで引っかかれました。痛いです…
 
 6軒目 ビルボード。サライ受けまくりです。が、大量に持ってきたサライは残りわずか。
 
 7軒目 運命のレインボー4。彼女を探すが、まずは注文といわれコーラを頼む。もうコーラだけで2年分ぐらい飲んだ気がする。散々探してくれるが見つからない。他の嬢は事情を知らないから、私を選べと積極的に来る。確かに、きれいな嬢が多く、運命の彼女に会うためでなければ、まだいる人片っ端からペイバーしたいぐらいです。
なかなか進展しないので、他の給仕に聞くと、今日は休みだとあっさり言われる。コーラ半分以上残し、給仕さんに明日また来る、サライとお菓子を渡し、たぶん彼女は思い出してくれると思う、明日来たら渡してくれと頼んで店を出ました。
 
 8軒目 残り一日の不安を解消するために先日楽しかったスパンキーズへ入る。ショーを見たかったのだが、横に来た嬢が楽しそうだったのでドリンクをご馳走する。しかし、この嬢が若いからなのかよくわからない行動をとる。踊るのでもなく席を立ったかと思えば、スマホを取ってきていじったり、何度もトイレに立ったり、手相を見てなんかわめいたり、でもまぁ(2乳1ちち)はしましたが。
 
 
◎お前その粉なんだ!
 帰国時にバンコクで有名なシッカロールをお土産として購入しておりました。帰国便はクアラルプールを経由したのですが、通関でその粉はなんだ!偉い人に止められてしまいました。若い制服の人はこれは違うよと上司らしき人に言っておりますが、上の人はちゃんと調べろ!!怒鳴ってます。え~?!俺やばいのか~?!若い制服の人が大丈夫だ、行け行けと。上の人は相変わらずちゃんと調べたのか!!怒鳴ってます。若い制服人は笑いながら、大丈夫ですよ、お前は行っていいぞ(たぶんこんな会話だと思う)。ということで、ちょっと焦りました。若い制服の人ありがとう。寿命が3日縮まりました。
 
 
・7月18日(最終日)
 1軒目 ちょっと景気付けにドールハウスへ。’80Sが流れているんですね。ちょっとゆっくり落ち着けていい店だと思いました。
 
 2軒目 やはりバカラへ!20時前と早い時間だったからか、1階は8割以上日本人、2階は開いたばかり、3階はやっていませんでした。今日はサライがないので配れません。
 
 3軒目 スージーウォンへ。彼女に最後の別れを言わなければと来ました。周りの人もわかっているようで、パタヤの彼氏が来たみたいに言われています。なんかちょっとうれしいですね。彼女はもうすぐ来るから待っててねと給仕さんから言われる。
しばらく待っていたが、給仕さんがあわててやってきた。実は彼女が昨日店の階段を踏み外して落ちてしまい病院に行った。打撲がひどく今日来れないらしいと…。ショックです。そういう別れがあるなんて。給仕さんも同情してくれるし、嬢たちもなんとなく雰囲気を察してくれています。日本に帰るよ。彼女にありがとうと伝えてほしい。そういい残し、店を出ました。昨日無理やりにでも残って話をすればよかったのかなぁ。運命が辛すぎます。
 
 4軒目 ナナに向かい、マーキュリーへ。ちょっと気分を落ち着け、高揚させ(どっちなんだよ?)平常心になります。
 
 5軒目 マンダリン2F。暗くてよく見えないのですが、隣で親切にしてくれた嬢にこちらも親切にします(2乳)
 
 6軒目 今度こそ運命のレインボー4へ。前回バンコクに来たときに親切にしてもらい昼間も一緒に観光を楽しんだ彼女に会いたい一心で来ました。今日は彼女はいるかと聞くと、1時間後に戻ってくると言われる。待っていていいかとひたすら待ち続ける。
ただ待っているのも悪いから残りのサライを1枚だけ残して全部配る。ひたすら待ちます。本当に戻ってくるかはわからないけど、それしか今の自分にはできない。待ちます。給仕さんとかが選べ選べと来ますが、彼女を待っているというと、そうかとわかってくれます。
 
 ママさんらしい人が来て、誰を待っているんだと、彼女だというと、戻ったからすぐ連れてくると言われます。本当か?彼女なのか?信じられません。それよりも、あなたは誰?といわれたらどうしようかと。
現れたのは変わらない彼女でした。そして「何しに来た?」日本語で話しかけてくれました。覚えていてくれたんです。今日となっては、明日は早いので、ありがとうと伝え、帰るつもりでした。ありがとうを言うためだけに来たから、これでいいんだと。
 
 でも、ここでパタヤの彼女がちらっとかすめました、だめだ、それでは俺はまたくよくよしてしまうと。彼女に明日帰るから、短い時間しかいられないけどと伝え、一緒に帰ることにしました。
途中おなかすいたといわれ、落花生を買ってあげたのがいい思い出になりました。もっと高いものねだってくれればいいのに。歩きながらも一生懸命話します。英語、日本語、タイ語。本当に会えてよかった。会いに来て、まさか会えるなんて、幸せです。
 
 
・総評
 今回自分自身の目標として、前回訪タイで親切にしてもらった嬢二人に会って、直接お礼を言うことができるとは夢にも思いませんでした。想いは叶う。とにかくうれしいです。
 
 ジャンメダイさんの宿題は、やってみなさいということで挑戦をしましたが、おかげでそれ以上楽しんでしまったようです。途中、コヨーテなのか違うのかわからなくなりましたが、やりたい、やってみよう、うまくできた!そんな感じです。
なんかうまくいきすぎですね。というか、やらなければ何も生まれません。まずはやってみる!そこから始まりました。(いろんな店で弾けすぎて、とんでもない日本人とかサライの人みたいに言われてた感じがします。ファランはこうやって楽しんでいるんですね。少しわかりました)
 
 しかし、今回は2つの失敗が、スージーウォンの彼女とパタヤの彼女です。見事に傷心です。でもわかってます。次回、必ず二人を迎えに行きます。そして今回の運命の二人にも会いますから、次回は4人を探す旅になります。
 
 これだけせつなくなってしまった旅ですが、やはり想いを伝えたい。
 この気持ちがあるからうれしい、そしてまた戻ってくるよ!
 「ありがとう、みんな」
 
 
長文大変失礼いたしました。
そして、次回またまたリベンジです!次回は自分がどんな店が好きか傾向がわかってきましたので、たくさんクリアではなく、ひとつの店をじっくり楽しんでみたいと思います。
パタヤは実に勢いがあり、とても私にはあってる感じがしました。ただ、弾けすぎた店は明日ペイバーねと約束して出てきてしまった店も多く、すでに行きづらい店があるのも確かです。高々一日二日なのに店の前通って呼ばれたらどうしよう?ってびくびくでした。
ゴーゴーって本当奥が深いですね。まさに人生の縮図です。
◆・・・・・・・・・・・・<読者投稿>
 
 
 目的だった女の子2人とも再会できて良かったですね。パタヤの子のことは後悔があるようですが、そのお陰で、レインボー4の子とは最後の時間を過ごせたとも言えます。役に立たない経験はないのです。無駄な出来事はありません。すべての出来事が必然で、自分のためになるんですね。
 
 お酒を飲まれないとのことで、コーラだからここまで回れたということもあると思います。私などはビールなので、せいぜい3軒で終わりですから。なお、ソフトドリンクの注文はコーラ以外にも水がありますからね。どこもボトルで出してくれると思います。値段はコーラと同じところが多いです。これなら糖分を取り過ぎずに済むし、グラスで出されるコーラより、量も多いですよ。
 
 さて次回は、「思い通りにならない」という体験を、ぜひしてほしいですね。そういう中でどこまで楽しめるか。ハードルは上がりますが、きっと素晴らしい人生経験になると思います。次回の投稿を、楽しみにしています。