Pocket

 昨年2月に、「お気に入りの子と会えなくても」の投稿を送ってくれた読者のJPさんが、また投稿してくださいました。今回は、ソイカウボーイで豪遊されたようです。電車や各店のドリンク代などの情報もあるので、きっと参考になると思いますよ。
 
 
◆・・・・・・・・・・・・<読者投稿>
・空港からの移動
空港からスクンビットに電車で行く場合、エアポートリンクのマッカサン駅から地下鉄のペチャブリ駅まで、高架橋が出来て乗り換えが楽になったとの記事を見て、今回初めて電車で移動してみた。
空港でエキスプレス駅に行こうとするとエスカレータの前に柵がしてあり、駅員が1人座っていて、僕の前を歩いていた外人が駅員に、”まだ止まっているのか?もう一か月近くなるぞ!”と言っている。
駅員に聞くと、隣のシティラインに行きなさい、とのことで、いきなり出鼻をくじかれた。
シティラインでマッカサンまで35B。電車内は結構混んでいるがマッカサンまで約20分、MRTのペチャブリに乗り換えスクンビットまで一駅。なかなか便利だと思った。
 
 
<1日目>
マムアンさんやワイリーさんの投稿を見てパッポンに行きたくなり、今回初めて訪れました。
滞在地のスクンビットから、MRTで最寄駅のシーロムまで10分弱と結構近く、シーロムからは夜店が連なっている通りを歩いて10分くらいで行きやすかったです。
 
・1軒目
9時ごろ期待のバタビンへ。ステージ周りの席に客はまだ誰も居ません。
1人でゆったりとシンハ140Bでステージ観察します。みんなスタイルがいいですね。
ホントに久しぶりのゴーゴーバーで、まずは感激に浸りながらダンスを観賞します。
2グループのダンスを見ましたが、特に目に引く子もいなくて30分滞在で次へ移動。
また、次の機会に期待。(キレのいいダンスが見たい!)
 
・2軒目
キングスキャッスル2へ。70%ぐらいの客の入り。
隣の席ではファランのブロンド美女2人がミネラルウォータで静かにダンスを見ている。
チャン130B。注文ごとにサインが必要なシステムなんですね。
ここも2グループのダンスを見て次へ。
 
・3軒目
キングスキャッスル1へ。客入り30%。シンハ130Bを注文。香港から来たというママがよく話しかけてきて”誰がいい?”と聞いてくる。女の子はみんなスタイルがよく粒ぞろいの印象だが、ダンスにキレがなかったかな。でも、好みの子がいたので席に呼んでもらいました。
初々しい子でまだ2か月目とのこと。笑顔がかわいい!ママの指令でホッペにキスしてきて鼻の下が伸びてしまいます。レディドリンクは200Bでした。
ソイカのコヨーテと違い、生脚なのがいいですね。脚フェチには最高です。
 
MRTの最終列車に間に合うようにソイカに移動。
 
・4軒目
今までとても楽しんだ覚えのあるスパイスガールズへ。
客は2組、シンハ200B! 高いなあ~、パッポンが良心的に思えました。
席に座るとすぐに、入るとき外にいた2人が座っていいかと聞いてきますがダンスを見てからと断ります。
今まではこれを断るのが悪いなあ~と思っていましたが、ちょっと慣れたのか、断りずらいということがなくなりました。断るときは、笑顔でNo!ですね(笑)
踊っている子はみんなスタイルがいいですが、期待しているキレのいいダンスは見られず次へ移動します。
 
・5軒目
リオへ。客の入りは50%くらい。シンハ200Bを注文。着席してすぐに外にいた2人が言い寄ってきたが1人でダンスを観賞します。しばらくして別の2人組が聞いてきます。これもスルー。
ダンスを見るのも飽きたなというタイミングでまた別の2人組が近づいてきました。
そのうち1人の笑顔が最高だったので、もちろんOK!
するとその2人はダンスしながら密着度を高めてきて、そしてドリンクOK?と聞いてきます。
今まではここで2人にOKしてきましたが、今回はお気に入りの1人だけにOKしました。
レディドリンク230Bです。
(この値段設定はつらいです。数人の女の子と飲んでバカ騒ぎするとスグにすごい金額になりますから)
 
ドリンク断った子、ごめんね。その子はすぐに離れていき、お気に入り1人に。
その子はアユタヤ出身のBで僕の上にまたがって腰をふりふりダンスしてくれます。
スタイルも最高で今日はこの子と飲もうと決めました。積極的にキスまでしてきます。
しばらくするとお約束どおり、友達にもドリンクOK?と聞いてきて、みんなかわいくノリもいいので、その女の子たち3人と2時まで飲みました。
 
みんな本当に明るくて自然と一緒にダンスが始まり、踊りのセンスゼロの僕ですが、バカ(変態?)みたいに腰をふりながら楽しく飲めました。
しかし立って並んで腰を振っていると僕の腰の高さが彼女たちより低くてガックリきますが…、そこは年期の入った腰づかいでカバーです。といっても早漏なので持続性は無いですが…。
 
今回のゴーゴーバーでの新たな発見は、ノリのいい子達と一緒にダンスすると盛り上がって楽しくなる!でした。
 
 
<2日目>
前回楽しんだビルボードのショーが見たくてナナからスタート。
 
・1軒目
9時ごろビルボードへ入店。
30%ぐらいの客の入り。コロナ195Bを注文してショーを待ちます。
ショーを待っている間、給仕の子からタイ語レッスンを受けたりしてドリンクOKすると160Bでした。
10時前にやっとショー開始。1人のストリップショーが3回ありましたが好みに合いません。
前回楽しめた団体ショーはなくなっていました。
帰り際、どこに行くのかと給仕に聞かれて、適当に入るというと下にあるロリポップがおすすめとのこと。
下と言うので2階にあると思いぐるっと回るが見つからない。レインボー系の前では日本人が好みそうなかわいい子が座っていてやはり人気店だけあってレベルが高いな、と1人勝手に納得。
 
・2軒目
ロリポップがないなと思いながら立って思案しているとマンダリンの客引きに腕をつかまれて入店。
店内は小さなステージが5個ほどあり、それぞれに2~3人が踊っている。
飲み物はその小さなステージに置く。だから自然と女の子を近くで見上げる形になりますね。
しばらく店の雰囲気を楽しんでから退出。するとまた腕をつかまれ隣のマンダリンへ。
案内されそうになる。聞くと最初に入ったのがマンダリン1で隣が2とのこと。
 
マンダリン2は断り1階に移動してロリポップを探しますが見つかりません。
ロリポップに似た店名があったが酔っ払って目の焦点が合わないのか、ロリポップのようでロリポップではなく、結局読めないので店の子に聞くとサッカーズとのこと。確かにそう読める。
(あとでロリポップの店名が下から透けて見えていたとネット情報で判明して納得です)
 
BTSの最終に乗り遅れないようにスクンビットへ移動。
相変わらずスパイスガールズはガラガラで入る気になれず。バカラを覗くと店内は座れない人で溢れかえっている。なぜこんなに人気なの?
キレのあるダンス鑑賞と、かわいい子と一緒に楽しく飲むのが好きな僕には合わないです。
 
・3軒目
昨日楽しんだリオへ。客ゼロでバカラとの落差におじさん心配です。
昨日一緒に楽しんだ3人とバカ騒ぎをしたくて最初からテキーラ4杯をオーダーする。
最初は4人で乾杯していたが、そのうち、ジャンケン一気に移行した。
テキーラ4杯だと1回のオーダーで約900Bになり、これを10回ほどやったので懐に痛い楽しみ方だが、久しぶりのバンコクでテンションは最高潮です。
2時過ぎに照明が消え音楽が鳴りやみ退出です。
 
 
<3日目>
今日の夕食はお気に入りのマッサージ嬢と有名レストランのソンブーンへ。
確かに旨いがスパイシーさが足りなかった。前に庶民レストランで激辛で食べられなかったのと同じサラダを注文したが、ピリ辛のピもなく、しかも2人で合計1400B。
昼はいつもホテル近くの屋台レストランで40Bのタイカレー等を食べている者としてはびっくり値段でした。でも店内はすごく混んでいて人気ありますね。
 
10時ごろいったんホテルに戻りソイカに出動しようとしたが腹いっぱいで一休みしたら寝てしまい、結局1時頃にソイカに出動。しまった、寝過ごした!
 
・1軒目
お気に入りが待っているリオに直行。寝ている間に着信が5回も入っていたが気づかずじまい。
早速昨日と同じように飲む。テキーラを飲むときライムがついているが、そのライムを口移しでくれるので、テキーラも口移ししてくれとエロおやじ満開でリクエストするとなんとOKで、堂々と口移しをしてくる。ただ最初は慣れなくてテキーラがボトボトこぼれたが、そのうち一滴もこぼさず、完璧にできるようになった。変態のリクエストにも応じてくれて感謝!
2時過ぎの閉店で退出。
 
 
<4日目>
本日最終日。キレのあるダンスが見たくて再びパッポンからスタート。
 
・1軒目
キングスコーナーへ。客の入りは30%。シンハ130B。
ビキニの水着で踊っていて、ロリ系のかわいい子が多いように感じます。
店内は明るい雰囲気で、舞台上から笑顔や手を振ってのアピールも目立ちます。
ダンスを見ていると後ろの席にいるLB達がちょっかいを出してきました。
適当にあしらっていましたが、彼女?達はそんなことにお構いなく、隣に座ってきて体を触ってきます。
両手で股間を守っていたが、百戦錬磨の彼女たちに敢え無く突破され、触られまくりました。
そんなやり取りをしながらレディドリンク200Bをおごり、最後はLB達から逃れるように退出です。
 
・2軒目
再び期待のバタビンへ。客の入りは50%ほど。舞台の上ではみんな楽しそうにしゃべりながら踊っている。
ひとりこちらに熱い視線を送ってくる金髪のゴージャスな雰囲気の子がいた。
ダンス交代になりその子が隣いいですか?ときたのでOK。名前はJで、おなかには鯉の入れ墨がある。
レディドリンク180B。交代したグループはJとは別の衣装でキレのあるダンスを踊っている子が何人かいて、Jに彼女のダンスは激しいねというと、彼女たちはコヨーテよ。えっ、Jはコヨーテじゃないの?
衣装やスタイルの感じからみんなコヨーテと思ったが違うようだ。
再びダンス交代になり、Jがステージに。四つん這いになってのセクシーなプライベートダンスをごちそうになりました。
 
最終日の締めはリオと決めていて、MRTの終電に間に合うようにソイカへ移動。
 
・3軒目
田舎娘の登竜門と入り口に書いてあるダンディーへ。
コロナ200Bを注文。長屋みたいに店内が奥に細く5人が一列になって踊り後ろは壁で、観客席は前側のみになっている。明るい雰囲気の店ですね。
かわいい子が踊っていたので席に呼んでみる。ナムちゃん近くで見てもかわいいなぁ。笑顔も素敵。
あと、珍しく黒縁のメガネをかけた子がいてその子もロリかわいくてしばらく一緒に飲んだ。
 
・4軒目
バンコク夜の最後の締めでリオへ。いや~時間の経つのがはやいな~、ホントにアッという間に2時過ぎの閉店になり、4日間に渡り楽しませてくれた彼女達に感謝です!
 
 
・空港への移動
帰りも電車で移動しようとMRTでスクンビットからペチャブリまで移動してマッカサンに乗り換える。
マッカサンでは電車を待っている間に乗客の列がどんどん長くなり、いやな予感が…。
15分ほど待ってたった3両の電車が到着。車内は混んでいて待っているみんな全員が乗れるか不安になる。
案の定、僕が乗ろうとしても乗り込めない。すると同じように乗れなくて困っているタイ人が大声で叫ぶと、何とかスペースが出来て乗ることが出来た。夜の9時頃でこの混雑なので時間帯によっては乗れないこともあると思います。
◆・・・・・・・・・・・・<読者投稿>
 
 
 JPさん、電車での移動は大変でしたね。車両整備の不備(予算不足)などから、急行は運休してました。再開したかどうか知りませんが、このいい加減さはJR北海道以上だと思います。これもまた、タイらしいところですけどね。
 
 ロリポップは店名を変えてましたね、私も先日気づきましたが、まだ裏がとれてません。ビルボードの集団でのショーというのは、おそらく専門のショーダンサーによるものでしょう。あれはなくなりましたね。
 
 それにしても、テキーラ4杯×10回ですか。これだけで9,200バーツです。女の子へのチップも入れると、軽く1万バーツ超えですね。うらやましい。そこまでの豪遊は、私も久しくやってませんね。行けば一晩で1万バーツ使うというのが、私の理想なんですけど。まだまだ道半ばです。