Pocket

 昨年の8月以来ですが、読者のワイリーさんから投稿がありました。前回会ったお気に入りの子との再会ができるのかどうか。そして今回は、ワイリーさんのたっての要望で、お会いすることになりました。約束して会ったのは1回だけですが、半端じゃないワイリーさんの行動力もあって、またお会いすることに。長文になりますが、ワイリーさんの全記録をご覧ください。お店情報など、役立つ情報が満載ですから。
 
 
◆・・・・・・・・・・・・<読者投稿>
ちょっと遅めの夏休みを10月になって取りました。もちろん、訪タイ!(3回目)です。
前回の優しい彼女たちに会いたい思いでワクワクしています。
前半パタヤ、後半バンコク、タイ6日間のゴーゴー巡りです。
 
 
[初日(1日目)]
 
◎タイに到着、まずはSIMを購入!
 エアアジアを利用し、深夜にドンムアン空港に到着。空港内の「MAGAZINE」の店で1週間使用可能のSIMカードを購入(290バーツ)。店員さんに、スマホをタイ語モードにしようかと言ったら、英語にしてほしいとリクエストされました。渡してものの5分で終了です。LINEも使えるしこれで安心!
 
◎ドンムアン空港からパタヤに移動(まさかのローカルバスからの鉄道!)
 あいかわらず時間だけはあるので、ますは空港ロビーで一眠り。深夜に到着なので、不容易にうろうろするのはちょっと怖いです…。
 グーグルマップによると、ここからファランポーン駅までは1時間とありますが、29番の赤バス(8バーツ)に乗り、45分でファランポーン駅に到着しました。
 グーグルマップはすごいですね。バンコクの地図を開き、バス停をクリックすると、何番のバスが通過するのか表示されます。でも到着時間はあてになりませんでした。
 ファランポーン駅からは鉄道でパタヤまで行きます。一日一便のパタヤ方面なのにしっかり遅れてました(31バーツ)。鉄道の旅はとても風情があり、同席のタイの人とも仲良くなり、注ぎ込む風もとてもさわやかで、筆舌に尽くしがたいものがあります。最後方は鎖が渡されているだけだし、連結部分はむき出しでスリルがあるし、まさに世界の車窓からと言う感じでした。
 
 パタヤ駅からは待ち構えていたミニバンに乗車しWS(ウォーキング・ストリート)まで。他に手段がないのでこれはしょうがない。どこに降りるのか個々に降ろしていたようなのですが、乗車時に自分は何も聞かれません?どうしようかなぁと思っていたら、埠頭近くで集団の方がごそっと降りたので、自分も一緒に降り、支払いを助手席に乗っていた係員に払おうと待っていると、団体のリーダーが「俺ら全員でいくらにしてほしい!」と交渉をしております。うーん、自分はさっさと払ってホテルに行きたいんだけどなぁと待っていますが、なかなか交渉は終わらないようです。他の人はリーダーを残していなくなっていたので、まぁいいかと、自分もそ~っと気配を失くしていなくなりました。そういったことから、多分一人50バーツと言っていた気がします。
 ドンムアン空港からパタヤまで全部で39バーツ(本当は89バーツ)。時間のある人は挑戦してみてください。私は…、もういいです。
 
 
夜になり、パタヤにGOGO!
 
【1軒目】バカラへ。まずはバカラへ入りましたが、日本人好みの嬢が多く、見ていてワクワクしてきます。ステージの嬢が多すぎるのか、揺れているだけ感があるのはご愛嬌。2階と3階も上がりましたが、個性強すぎの嬢が多く、見るのは1階だけでよかったかなと(逆に1階に集まってる嬢がかわいかったなぁ。1時間も見続けてました)。
 
【2軒目】ウインドミルクラブ。日本語少し話せるよと自分にドンピシャのかわいい嬢が隣でかなりの積極的攻撃をするのでたじたじです。他にもあの娘かわいいなと思って目で追っていたら、同類が即ペイバーしてました。ここはドリンクが安く、自分がおばかになれるのでお気に入りになりました。
 
【3軒目】ペパーミント。前回とんでもなくいい思いをしたので、今回もと期待して入ったのですが…、あれ?全然静かだよ。めちゃめちゃ積極的攻撃を期待したのですが、タイミングが悪かったのでしょうか?静かに店を出ます。
 
【4軒目】クレージーハウス。二人の嬢が積極的攻撃合戦です。今回も配りまくっていた味のり(サライ)ですが、ここでも大人気です。両サイドの嬢は、右嬢にキスすると、左嬢(ノーブラノーパン)が急所にキスしろと、左嬢が上からものをさわると、右嬢もズボンの中を直接さわって突き出してくるなど、かなりピンチです。さらに右嬢はブラを外し自分につけます(記念に写真を撮られました)。
 しかも味のり効果なのか店の嬢みんなにも好意をもたれているようで、ステージに上がれコールが!!えーっ!!まいったなぁと思いつつ、ブラを付けて自分でブラをもみながらステージでポールダンスしました(あちゃぁ~、普段はステージに勝手に乱入している人を冷めた目で見ていた自分だったのに…)。と弾けまくりました、パタヤ最高!!
 
【5軒目】エンジェルウィッチで12時からショーを鑑賞。とても広いステージと迫力あるダンスに圧倒です。でも時間が遅いからか空いてます。自分はたまにうとうとして給仕さんにつつかれて起こされてました。
 
【6軒目】マンダリン。外にいた呼び込み嬢がちょこんと隣についてきます。すごく小さくてかわいい嬢です。呼び込み嬢は違うのかな?と、でもあまりにかわいいので、ディスコに行きたいんだけど後で連れて行ってくれない?ブンブンなしでいいからと誘ってみます。すると、いいよ、じゃぁ後でね。あらっ?拍子抜けするぐらいあっさりOKです。横で一緒にドリンクを飲み終えると、じゃぁ後でね、とあっさり別れます。
 
【7軒目】スパンキーズ。前回一緒にいられなかった彼女を探しに来たのが、今回の目的の一つです。しかし、見当たりません。前回一緒に盛り上がった嬢が配りまくってるサライで自分を思い出したのか、私に会いに来たの?と勘違いされ盛り上がり積極性に磨きがかかり、変なところも盛り上がってしまいました。
 彼女に聞くと、探していた彼女はあの後やめてしまったそうです。正直落ち込みました。もう会うことはないんだよな。あの瞬間通じ合えたと思った彼女だったのに。目の前の嬢の積極的な攻撃による体の反応とは別に、彼女と会えない運命に心の中は冷めまくり、落ち込みまくり。パタヤに来ないで思い出のままにしておけばよかった…と。今日一日の楽しかった自分が全て失われました。思い通りに行きませんね…。
 
 足取り重く、ホテルに帰ろうかと思ったのですが、さっきのマンダリンの嬢が覚えているかわからないけど、会ってから帰ろうと、店に行くと、待っていてくれました。しかも、先輩の嬢に、どこの店が楽しいのかいろいろ聞いてます。ありがとう、ペイバーして、一緒に遊んで悲しさを吹き飛ばすべく発散します!
 結局、WS入り口のディスコというよりは生演奏のクラブのような店に入り、ガンガン二人で飲んで、盛り上がります!!クラフトビールを二人で6本ぐらい飲みました。
 さらに終わって出るのかと思いきや、よっぽど楽しかったのか、向かいの生演奏のディスコ?に入って、また飲んでます。私はお酒は強くないので控えめにしていましたが、彼女はマイペースで飲みます。
 
 
◎チップを払って!
 彼女と飲んでいると、店員さんにちょっと親切にされたりすると、すぐ、チップを払ってあげてと言われます。いくら?と財布を彼女に見せると100バーツをガンガン取ります。さらに、ステージで演奏している人にチップ払ってくるからとおねだりされます。もちろん自分は出します。だって彼女のねだる顔がかわいいんですもの…。
 
 
 さて、ディスコも十分楽しみ、自分も弾けたし、気分も吹っ切れたからいいか、今日はありがとうじゃあねと思ったら、彼女が眠いと言い出します。屋台で食べ物を適当に買わされて、ホテルについて来るようです。幸い今回の旅は弾けまくれるようにWSの中にホテルをとったので、近いから来るのはかまわないけど、どうしよう?と言うのが正直な気持ちでした。ですが、過去を振り切ったというのもあるのでしょうか(ってほんの数時間前じゃないか)。一緒にホテルに戻りました。
 でも彼女は無理して飲んでいたようです。気持ち悪いと言って、トイレにこもります。自分は介抱しながらその姿を見て、自分は何もしないって言ったのに、自分を楽しませようと多分強くないお酒をガンガン飲んでたんだよなぁ。家に帰ってたら、家で大変だったじゃないかよ。と、愛情がこみ上げてきました。支えてあげたくて一晩一緒に過ごします。
 朝になりましたが、彼女はまだいます。あまりにかわいい寝起きの顔を見るとまたがんばりました。
 
 昨日彼女と話していてうすうす気づいていたのですが、彼女が自分の環境について話し始めてくれます。実は、子供が二人いるの(スマホの壁紙はかわいいお子さんでした)。改めて言われるとショックでしたが、言わなくてもいい事実を正直に話してくれたことに、より愛情がわいてしまいました。
 そんな楽しい時間もそろそろ終わり、帰ると言います。ここで心配事が。案の定と言いますか、彼女がチップといいます(あぁやはりお金だったのか…。事前に交渉してなかったし、これは失敗したか…)。正直、悲しい気持ちになりつつ、ロングには遠い、かなり低額の金額を提示したところ、うんいいよ、とキスをしてくれます。ん?本当にチップでよかったのか?結局、昼近くまでいろいろ話して、バイタクに乗る彼女を見送って別れました。
 彼女、いい娘かもしれない…。
 パタヤに来てよかった…。
 
 
[2日目] 
 
【1軒目】シュガーベイビー。1件目から積極的な嬢でチップとドリンクで弾けてます。パタヤはやはり最高です。
 
【2軒目】ニューリビングドールズ。ホステスと給仕にご馳走。ホステスという方が横につき給仕とともにLDを飲みながら、あの胸は作り物だ、彼女は彼氏がいるなど愚痴られてしまう。ホステスからいろいろ楽しい話を聞きます。
 
【3軒目】ウインドミルクラブ。昨日のサライの人ということで、混んでいましたが奥に席を作ってもらい昨日の嬢と楽しみます。
 昨日すぐペイバーされた嬢を追うと、自分のところにサライをありがとうと来たものの、なんと今日もすぐお呼びがかかって行ってしまいました。かわいくてスタイル良いからなぁ。ほかの嬢たちがお互いに自分のすぐ横でメイクをしてます。確かに変身した。自分もやってくれと言ったら、あなたはオカマなの?そうじゃないからダメよと言われました。
 
【4軒目】ベイビードールズ。冷房効きすぎて寒くてもう少し見たかったけど、すぐ出ました。
 
【5軒目】シャーク。ワッツアップに行ったのですが、あまりに混んでいて入れないので、シャークで少しまったりしていました。でもお客さん少ないです。
 
【6軒目】ハッピー。ここで紙幣を大量にばら撒いている人を見かけました。ばら撒くならピンポン玉の方がいいのではと多少冷めた目で見てましたが、ばら撒きはエスカレートしており、ファランが撒くと、負けじとアジア系カップルがそれぞればら撒き…(紙幣がばら撒かれても全く参加しない嬢がいます。りりしく感じて彼女にチップあげちゃいました)。ちょっと冷めて店を出ました。フーターズの衣装の方が飲み物配ってましたけど、宣伝なのかな?
 
【7軒目】ワッツアップ。相変わらず混んでます。しかもファラン圧倒的人数。入れてよかったけどショーは見えにくい位置。隣の嬢とドリンクを飲み混んでるねと話し盛り上がります。
 
【8軒目】アルカトラズ。3人の嬢から積極的攻撃です。ちょっと耐えられません。楽しいからしょうがないか。
 
【9軒目】マンダリン。昨日の彼女が今日もペイバーといいます。明日はラーン島に朝から行きたいからダメだよ。一緒に行く?と聞くと、それなら行かない。と軽くすねます。明日は私と先輩をペイバーしてご飯をみんなで食べに行こうと提案されます。自分ももう一日遊びたかったので、いいよ、明日ね、と別れます。が、短時間に先輩の分と彼女の分でかなりLD注文させられてました。
 
【10軒目】サファイアクラブ。すでに3時を回っているので終わりの時間でしょうか。全員水着の嬢たちもほとんど盛り上がることなく、静かに帰りました。
 
 
[3日目]
 
 まさかの大雨です。でもラーン島に行くか、と無理やり行き、午前中雨に濡れながらパタヤに戻ってくると、まさかのピーカン!思い通りに行かないなぁ。天気にまで見放されたか…
 午後は時間があるので、置屋のあるソイを通ったり、バービアをのぞきます。あるバービアでは、帽子をかぶったとんでもなくかわいい娘がちょこんといます。しっかり2度見しました(今回、またやってしまいました。なんでただ通り過ぎてしまったんだろう。もう一人の彼女ができたからかな。もう一度戻れなかったことが強い後悔です。ここでも思い通りにいきません)。
 
【1軒目】バカラ。やはりここはいいです!早い時間にずらっとかわいい嬢を眺めるのは贅沢ですね。ドラフトビアも69バーツとお得です!ただ今日も上のフロアは不作?
 
【2軒目】ウインドミルクラブ。ここはもっといいです!ハッピーアワーだと60バーツ。毎日通ったお気に入りの店です。追い続けた嬢はシャワーショーに行ってました。毎日通ったので、みなさんから声をかけられます。
 
【3軒目】ニューリビングドールズ。昨日の給仕がしつこかったのですが静かに飲ませてくれと昨日のホステスと二人でしっぽり飲みました。。
 
【4軒目】ペパーミント。やはり静かな店でした。今日もタイミング悪かったのかな。前回の積極性を望んだのですが…。
 
【5軒目】ベイビードールズ。先の反動で積極的に楽しみます。
次の店を探して歩いているとマンダリンの彼女に見つかり、今日はペイバーだよと約束させられました。
 
【6軒目】シュガーベイビー。盛り上がったのですが、さっきのマンダリンの彼女の動揺が冷めず、うまく楽しめず早めに出ます。
 
【7軒目】ワッツアップ。隣に来た嬢と楽しんでいたら、昨日の嬢が来て、私にもとドリンク攻撃をくらいます。初めてショーが見やすい位置に座ったかもしれない。誕生日パーティを奥でやっていて、盛り上がりが尋常でなく楽しい。チップもLDも豪快に行きました。
 
【8軒目】ハッピー。もう少しいたかったのですが、彼女との待ち合わせ時間が気になり、出ます。
 
【9軒目】マンダリンに向かう。1時の約束だったので、時間通りに向かい、今日は先輩と彼女の二人をペイバーします(ペイバーは800バーツです。二人分ですからその倍ですね。ドリンクは安いと思いますが、ペイバー代などはバンコクと変わらない気がします)。
 一緒にみんなで食事をすると言っていたのに、初日と同じくディスコ2件掛け持ちです。自分はとにかく気前のいい彼氏を演じてますから、チップはがんがん彼女経由で渡します(搾取されてる?)。ステージの歌手は何グループもいるので、その度にチップです。楽しいからいいか。
 
 3時を回り、たっぷりみんなで弾けたので、ホテルに向かおうとすると、明日店でパーティがある。ドレスがほしい、と路上の屋台で売っているドレスを物色し始めます(屋台でドレスを売っているのに驚きました)。ほしい、とおねだりします。え?いくらするんだよ?と一瞬財布の厚みを確認しましたが、いいよ、と買ってあげます(しかし値段が400バーツと安いのを聞いてさらにびっくりです)。帰るまでにいろいろ屋台に寄り食料を買い、戻りました。
 朝も彼女が横にいてくれます。パタヤでの別れを惜しんで、二人楽しく過ごします。
 
 彼女は別れたくないとごねます。次はいつ来るの?日本での仕事をやめてバンコクで働けば一緒にいられるね?私はステージでは踊らないからペイバーされないの…なんとなく、嬢にはまる人のパターンですよね。バイタクに彼女を乗せ、見送ります。何回も振り返る彼女の笑顔が脳裏に焼きつきます…。
 でも、バンコクに行かなければ。まだ、やり残していることがあるからね。
 
 
◎ パタヤからバンコクへ(ミニバン)
 WS手前を曲がった辺りにミニバンがあり、バンコクの戦勝記念塔(アヌサワリー)まで92バーツです。少し待ってすぐ出発します。自分を含めて4人の乗員でエアコンも適度に効いて2時間ほどのとても快適な道のりでした。
 
 
[4日目]バンコクGOGO編
 
【1軒目】カウボーイ2。8時に待ち合わせです。今回無理を言って時間を作っていただき、ジャンメダイさんにお会いさせていただきました。あの~、私緊張しまくりでした。
 1時間ちょっとお話させていただいたのですが、緊張のあまり飲み物はのどを通らないわ、嬢のダンスは夢のようだわ、自分がバンコクに一歩を踏み出したあのときを思い出し、なんだか感無量でした(ジャンメダイさんの隣の嬢に、私が飲まないので大丈夫か心配させてしまったそうです。ごめんなさい)。
 
 それはそれとして、ここに来たのには理由があります。これまでバンコクに来るたびにダンスのすばらしさを、嬢たちの素敵な姿を教えてくれた彼女に会うためです。しかし、見当たりません。彼女のお友達である、これまたかわいい猫耳嬢を呼んで、いろいろ聞きます。ついでにいろいろさわってしまいました。結果今日はいないよとのことです。う~ん、悲しいけどしょうがない。猫耳嬢は次は明後日来ると言うのでまた来るねと別れます。そして、就職面接ぐらい緊張したジャンメダイさんともここでお別れしました。ありがとうございます。
 
【2軒目】バカラ。やはり定番ですし、ソイカの現在を知るには一番の店ですね。多分一流所はペイバーされてしまったのでしょうが、残っている嬢だけでも十分かわいいです。パタヤが天然の原石だとしたら、こちらは磨かれた日本向けの宝石と言う感じでしょうか。はずれがありません。ただ上のフロアは少し残念でしたので、1階だけで十分かもしれません。
 
【3軒目】スージーウォン。もうひとつの理由である、前回仲良くなった嬢を探しに来ました。サライを給仕さんに渡すと、自分を思い出してくれたようで、楽しく話が弾みます。ですが、彼女のことを聞くと、彼女はやめたんだよと…。あぁここでも思い通りに行かない…。ゆっくりショーを見て行ってと言われ、前回の思いを頭に描きつつ、なんだか失恋した感じでショーを悲しい顔で見ていたようです。
 ショーのひとつにその場で蛍光塗料でボディペイントするものがあったのですが、これが実にうまい!!短時間で体にペイントしていくのですが、全裸以外でもこの店いいじゃん!と改めて好きになりました。
 
【4軒目】クレージーハウス。もう騒ぎまくってますね。2階にも上がりましたが、こちらはかなり残念でした。しかもアジアの方がステージに乱入して騒いでおり、かなり冷めて店を出ました。
少し欲求不満ですので、ナナに向かいます!
 
【5軒目】エロチカ。ここはトップレス嬢のステージが近く、給仕さんがいつも楽しく、むしろ嬢より目立ってますので楽しいお店です。サライを配りまくります。
 
【6軒目】スパンキー。積極的な嬢にからまれ(ズボンを降ろされました…)、ここでもちょっと散在します。
 
【7軒目】エンジェルウィッチ。ショーが楽しく、嬢と一緒に見てました。ドリンク攻撃の少ない嬢で明るくいい方でした。
 
【8軒目】ジェイルバーズ。二人のかわいい嬢にからまれます。明日は私たちレズビアンショーをやるから見に来てと指切りをします。
 隣のファランが楽しいおじさんで嬢を呼んでおきながら自分にさわれ触れと言います。期待には応えましょうと、得意の指ブルブルで対応するとファランは大喜び、嬢はもっと大喜び。そんなことで楽しく過ごし、帰りました。
 
 しかし、このジェイルバーズは広すぎるのではないでしょうか?かえって嬢が少なく見えます。ステージまでは遠いなぁと感じますし、左右に分かれたステージも一度に見れずになんだかもったいないような気がします。ですが、ここでタイミュージックが流れた時の嬢たちの切れっぷりと言いますか、踊りが見ていて半端なく楽しかったです。今回一番自由に楽しく踊っていると感じたのはこの店でした。明日も来ようっと…
 
 
◎ ダンスミュージック
 パタヤもバンコクもあまり踊っていないなぁと言うのが正直な感想でした。ですが、どこでもそうですが、タイミュージックがかかったときの嬢はノリまくりでした。後は定番ですが、Pitbull,LMFAO,古い曲ですがカンナムスタイルもまだまだ現役でしたね。前回来た時に自分がはまったPiny FoxのSnow Whiteが全然流れていなかったのは少し寂しかったです…。DJからCDを買おうかなとも思ったのですが、なんとなく知っている曲が多く、今回は見送りました。
 
 
[5日目]
 
 ソイカをぐるっと周り、カウボーイ2をのぞき、聞き込みをしますが、探している彼女は今日もいなかったので、ナナに向かいます。
 
【1軒目】エロチカ。積極的なきれいな嬢が気になりますが、まだ1件目なのでドリンクとチップを払って退散願います。ここで「マツコで~す(日本語)」と入ってきた有名なママ?さんと会い、サインをもらいました。本当に似てます。
 
【2軒目】マーキュリー。店内でジャンメダイさんを見かけ声をかけさせていただきます。昨日の緊張とは違い、やわらかい話が多少できました。
 
【3軒目】ジェイルバーズ。昨日の嬢たちとの約束の10時に来たのですがいません。昨日の給仕さんに聞くと、ショーは11時からに伸びたとのこと(注文の後に言わないでよ)。それならまた後で来ると、さっさと会計を終わらせて飛び出ます。しかし、約束の時間に来たのに全く昨日の二人に会えないと言うのは…マイペンライかな(とまだおとなしい自分…)
 
【4軒目】スパンキーズ。昨日の嬢はシャワールームにいましたが、自分に気づいてくれました。昨日の嬢の視線が気になるので、隣に誰かを呼ぶのをためらい遠慮しました。
 
【5軒目】ジェイルバーズ(2回目)。今度こそと約束の11時前に早めに来て待ちます…、待ちます…、待ちます…。いったいいつまで待たせるんだ!昨日の嬢は気づいてかどうか自分を遠回りに歩いていきます。さっきの給仕も、彼女たち来ないねぇとまるで他人行儀(そもそもあなたが11時って言ったから来て待ってるのに…)。
 結局12時を過ぎても、なんにも起こらない?ので(昨日の給仕もいつのまにか遠巻きにいなくなってる)少し怒りモードで店を出ます。単純に長時間この店を楽しんだと思えばと、納得させようとしましたが、それだったら隣に嬢を呼ぶって…と、ただ拘束させられた感がありました。思い通りにいきません。
 
【6軒目】チリ。ここもトップレスで雰囲気がエロチカと似ていて好きになりました。しかも隣に来た嬢がかわいくて積極的過ぎるので最高です!さっきのもどかしい思いはこのかわいい嬢であっさり解消です!ちょっと散在しました。
 
【7軒目】バンコクバニーズ。ダンサーが近くでも踊り、楽しいです。でも日本人の好みかと言われるとどうなんでしょう?
 
【8軒目】エンジェルウィッチ。相変わらずショーが楽しい店です。
 
 さて、本日のもやもやをどうするか?ジェイルバーズでペイバーと思っていただけにちょっと悔しい思いが残ります。う~ん、こうなったらナナの奥の階段で何度も「おにいさ~ん、どこ行くの~」とすれ違い、毎回「ホーンナム(トイレ)…」と言って、仲良くなったLB(わかっていてもこれだけきれいなら…)でどうにかするかと交渉に向かうと、あんなに毎回会った彼女?がいません…。待て待て!どうなってんだよ今日は!全く思い通りに行きません。昨日今日のもやもやが持越しです…。
 
 
◎ 日本のお菓子
 何がうけるかなぁといろいろテスト?しました。
 味のり(サライ)は定番ですね。配るとみんな寄って来て手を出してきます。基本として自分は嬢とはサライは口移しでしかもらいません。
 柿の種、これもおいしいと評判です。次回は大量に持参します。
 カリカリ梅、これは大失敗でした。みんなまずいといってしかめ面です。ある意味罰ゲームでした。
 抹茶キットカット、バンコクでも販売しているようで、あまり食いつきはよくありませんでした。みんなお土産で渡すからかな?渡しても普通の反応でした。
 番外。ペロペロキャンディ(抹茶味、キティちゃん)。抹茶味でキティちゃんの絵が付いているペロペロキャンディです。これが実に受けました、キャンディをぺろぺろなめると、自分もぺろぺろなめられます(ちょっとべたべたになったけど)。嬢に出したときは不審そうに見るのですが、抹茶味だよ、ここにキティちゃんと教えると途端に、かわいい!となりました。
 
 
[6日目]
 
◎ アユタヤ観光
 ローカルバスでファランポーン駅に向かうと、鉄道でアユタヤまで(15バーツ)向かいます。またしてものんびり旅ですが、始発で1時間以上遅延て…。アユタヤではレンタル自転車で昨日までの鬱憤を解消するべく走りまくりました。帰りは借りたレンタル自転車の店に来てくれたミニバンでアヌサワリーまで80バーツでした。
 
◎ チップ
 今回隣におられた紳士の方が、踊っている嬢の足首をちょんちょんと叩くと、あなたのそのダンスにとおもむろにチップを渡していました。それを見て、粋だなぁと思いました。
 パタヤでは、お札のばら撒きに遭遇しましたが、参加しない嬢もいます。なんで?と聞くと、別にそこまでして欲しくないとのこと。それに(殺到して)怪我するしと、実にスマートな回答でした。
 とあるゴーゴーでは、踊っている嬢に並べと号令をかけ、胸や太もも、おしり、前と嫌がる嬢をよそに勝手気ままにチップをはさんでいる人を見ました。何だこの人と思いつつ、嬢の挟んだチップがちらちら見えると「1000」の数字が見えます!何だと1,000バーツ!それじゃぁあそこまで傲慢な扱いもしょうがないのかなぁと給仕さんに話しかけると、彼女は笑いながら「ははは、違うのよ…」と嬢からチップを借りてきます。よく見るとなんと「1000ウォン!」この程度のチップであの振舞いは、ダメでしょう。確かにいらないとか、イヤだと逃げていた嬢がいましたからね。
 
【1軒目】カウボーイ2。結局今日も会いたかった彼女には会えませんでした。約束した猫耳嬢に会い、ありがとうと伝え、先日ジャンメダイさんの横で自分を心配してくれた嬢にもお礼をいい、二人と少しだけ飲んで別れのあいさつをして、店を出ます。
 
【2軒目】ライトハウス。少し気を落ち着けます…、って余計興奮してきた。
ナナに向かいます。
 
【3軒目】エロチカ。昨日のママサンがいます。ドリンクをご馳走して、サライと柿の種を豪快に振舞います。ママサンはしきりに私をペイバーしなさいと言うけど、さすがに許してください。とにかくママサンに気に入られました。その後も通りでうろうろしてすれ違うと、私をペイバーしに来たの?って…。よっぽど気に入られたのかな?
 
【4軒目】スパンキー。給仕が嬢を呼べとやたらうるさかった。呼ばないんならもっとドリンクを注文しろという。あまりにしつこいのでさっさと出て行きました。
 
【5軒目】マンダリン。積極的な嬢と一緒に飲みます。ステージもかわいい嬢が多かったです。ペイバーを聞くと700バーツ。あら?パタヤより安いね。
 
【6軒目】レインボー4。12時近かったこともあり、踊っている嬢たちは残っている感がありました。さすがのレインボーもこの時間では選びにくいかな。
 
【7軒目】ロンドンコーリング。横についた嬢がとても積極的で、散々攻撃してドリンクを頼んだかと思うと、シャワーブースに行きました。ここは、ショーがなかなか見ごたえありでした(ステージにいたのはちょっと年配そうでしたが…)。シャワーから戻ってきた嬢が、寒い寒いと震えていたのが印象的です。
 
【8軒目】レインボー1。時間が遅いからか?ペイバーは600バーツ。とても安いですね。ただロング5,000バーツは負けないよ。と給仕さん強気発言でした。ここでとってもかわいい嬢がいました。レインボーは4以外もじっくり巡ればかわいい嬢がいますね!!
 
【9軒目】ジェイルバーズ。やはり嬢たちののりのりダンスが見たくて入ります。ペイバーは…、悩んでやめました。
 
【10軒目】チリ。横に来た嬢がいきなりドリンクという。ずいぶん馴れ馴れしい嬢だなぁ。と敬遠していたら、なんと昨日の嬢でした。昨日と打って変わり積極性が少なかったので気づきませんでした。
 昨日の積極性に期待して、ペイバーか?と悩んでいたら、他の客が指名して移っていきました。給仕にそれならいいや、3階のエロチカいくからというと、ちょっと待ってちょっと待ってとしきりに止める。結局、移動したテーブルを断って自分のところに来てくれました。
 
 そしてバンコク最後の夜は彼女と一緒に帰ります。ようやくバンコクで満足の行く夜になりました。なんで残っていたの?と聞くと、実は今日は3回目と正直に答えます。でもホテルに向かう道でしきりに私は(あなたを)覚えていたのに、あなたは(わたしのことを)覚えていなかった。隣に来た時にすごく邪険に扱ってた!しらんぷりしたでしょと怒られてしまいました。そんなことないよ、昨日と違ってあまりにかわいくてわからなかったよ、としきりに言い訳をしていました。
 
 
会いたい人には全く会えず、思い通りにいかない旅となってしまいました。
その一方でパタヤでは新たな運命の彼女と出会い、次に会えるのが今から楽しみです。
バンコクで、ダンスの上手な彼女と会うのは次回の課題でしょうか?
今度の旅もいろいろ学ぶことが多く、少し成長し前進できたかなと思ってます。
次はうまく立ち回ろうと、こうして、ああして、こう行って…、思いはすでに次回のバンコクです。
◆・・・・・・・・・・・・<読者投稿>
 
 ワイリーさん、随分とたくさんのお店を回られましたね。お疲れ様でした。お店情報もたくさんあるので、カットせずにすべて掲載することにしました。ナナプラザのバンコクバニーズは、1Fの元スペルバウンズですかね?私も名前が変わったのは確認しましたが、店名を記憶してないので。
 
 カウボーイ2の子のことは、通訳してあげたはずですけどね。地方に帰っていて、電話で呼び出すこともできないと。どんな事情かはわかりませんが、少なくとも当面は仕事に戻らないのでしょう。それでもまた行ったのは、未練でしょうか。
 
 いろいろな出会いとともに別れがあります。だからこそ、そのときが一期一会なんですね。「明日がある」ようで「明日がない」のが人生です。しかし、「明日がある」というのもまた真実。ガンジーの言葉が心に響きます。「明日死ぬかのように生きよ。永遠に生きるかのように学べ。」夜遊びは人生の縮図ですから、そういう遊び方を心がけたいと思います。
 
 ワイリーさん、またぜひ遊びに来てくださいね。今度は、はじけたワイリーさんを見てみたいです。