Pocket

 もうすぐソンクラーンです。「ゴーゴーバーつれづれ」に前回載せたのが年末の記事ですから、随分と間が空いてしまいました。前回の投稿からも1ヶ月になるので、なんとか隔月投稿になる前に1回投稿しておこうと思い、書くことにしました。
 
 
 ソンクラーンと言うのは、すでにご存じの方も多いと思いますが、タイ正月のことです。毎年4月13日から15日の3日間が、ソンクラーン休日となっています。その期間に、伝統的に水掛けが行われるため、水掛け祭りとも呼ばれます。
 
 元々は、水を掛け合ってはしゃぐお祭りではなかったと思います。タイでは、お祝いをする時、祝う相手の手に水を掛けるのですが、親族の長老の手に水を掛けて長寿をお祝いする行事から、水掛けが始まったのではないかと思います。正月を祝うこと、豊作を祈ることなど、そういう意味も合わさってきているのかと。
 
 ただ今年のタイは、いつもに増して水不足です。そのため、水掛けの期間や時間に制限が設けられています。水掛けのお祭り騒ぎを期待してタイに来られる方もおられると思いますが、軍事政権のお世話にならないようお気をつけくださいませ。
 
 
 そう言えば先日、王室ゆかりのフアヒンの海岸で素っ裸になって、ひんしゅくを買った日本の企業があったようですね。社員旅行だったそうですが、泥酔した一部の社員が羽目を外したと言い訳していましたが、実態は社長など幹部の命令で強要されたようです。体育会系のノリなのでしょう。
 
 タイ人女性がその写真をツイートしたことで、タイ人の間で拡散され、大ひんしゅくを買ったようです。日本人の中には、まだ服を脱ぎたがる人が大勢います。カラオケのVIPルーム(個室のこと)の中で脱ぐ分には、まだ許せますけど、部屋から出て他の部屋へ行ったり、ホール(大部屋)へ出て行くなど乱行三昧。挙句は女の子を脱がせたりとやりたい放題。評判を落とす日本人も多いようです。
 
 基本的に、自分がやりたいことをやるのは賛成です。やりたくもないことを強制されることは、断固として反対ですから。しかし、自分がやりたいことであっても、他人に強制するのはもちろん、それを嫌がる人に見せるというのも押し付けですからね。タイ人は、カラオケのようなところで働いている子だって、人前で脱ぐのは嫌がるものです。相手の了承を得ずに押し付けるなら、それは暴力ですから。
 
 
 こういうことを書き連ねるのは、無駄とは思いながらも、ソンクラーンからGWにかけて、タイに旅行しようとされてる多くの方へ注意を喚起するためです。私も基本はスケベですから、スケベなことをしてはいけないなどと、道徳的なことを言うつもりはありません。ただ、相手が心から了承しないことは強制しない、ということは、羽目を外しても守ってほしいなあと思います。
 
 
 さて、最近のゴーゴーバーの状況ですが、傾向としてはコヨーティーとレディーボーイの増殖が続いていると言えるでしょう。そしてコヨーティーが増殖すれば、ゴーゴーガールとの垣根が低くなります。連れ出しOKの店も増えていて、交渉次第ではホテルへも。なので、コヨーティーだからといって諦める必要もなくなった、という気はします。ただし、ペイバー代が高いという傾向はありますけどね。
 
 
 パッポンのキングスキャッスル系ですが、キングスキャッスル2はゴーゴーガールだけになり、キングスキャッスル1は、逆にほとんどコヨーティーになりました。お客さんは正直で、やはり容姿が優れているためにキングスキャッスル1の方が人気となっています。一部ゴーゴーガールもいますが、ほとんど見分けがつかないと思います。ゴーゴーガールも、なかなかのスタイルですから。
 
 ピンクパンサーは、21時くらいにならないと女の子が揃わないのが難点です。23時からムエタイショーがあるため、ダンスを楽しめる時間は2時間しかありません。ムエタイショーも見たいという方は、ぜひ22時過ぎくらいに行ってみてください。あのテーブルを片付けてリングを作る様子も、ある意味で見ものですから。
 
 パッポンで私がお勧めするのは、ピンクパンサー、キングスキャッスル1、バダビン、エレクトリックブルーです。タイバーやストリップは、以前は良かったのですが、お気に入りの子がいなくなったため、今はたまーに行くくらいです。
 
 
 ソイカウボーイでは、人気店はバカラとクレージーハウスです。ただ、どちらも混んでいますから、3人以上の集団で行けるような店ではありません。運良くまとまって座れればいいですけど、席がなければ別れて座ることになります。
 
 ソイカウボーイには小さい店がたくさんあり、そのほとんどにコヨーティーが派遣されています。しかし、一度に踊る人数が2~3人のため、ダンスを楽しむというより、女の子と話をしたりして楽しむのがメインになります。なので初心者の場合は、上記人気店以外なら大部屋の、シャーク、ドールハウス、ライトハウス、カウボーイ2などがいいと思いますよ。ちょっとドリンク代が高いですが、スパイスガールズ系のデジャブは、女の子のレベルがかなり高いです。
 
 コヨーティーはいませんが、スージーウォン、ロングガン、ローハイドのショーもお勧めです。私は最近、コヨーティー専門になりつつあるので、カウボーイ2やライトハウスをメインに、小さな店にも出入りしている状況です。なお、カクテルクラブは店名を変えました。クレージーキャッツだったかな。そんな名前です。
 
 
 ナナプラザは、人気店はレインボー系の4店です。あとは2Fのスパンキーズ。でも私のお勧めは、マンダリン1と3です。この1とか3は、私が勝手につけているだけで、どこにも書かれていません。マンダリン3は、マンダリン・テーブルダンスとも呼ばれます。こちらの方がコヨーティーが多いです。
 
 最近のナナプラザは、レディーボーイが増殖しているのが特徴です。1Fのロンドンコーリングやプレイスクールなど、非常に多いですね。ただ、完全に女になっている子もいるようなので、ホテルに連れ帰っても気づかないかもしれません。まあ、自分がそれでいいなら、気にすることもないかと思いますが。
 
 ショーは、2Fのスパンキーズ、エンジェルウィッチが有名です。他に3Fのビルボード、1Fのロンドンコーリングでもやっているはずです。私も最近はあまり行かないので、やっているかどうかは何とも。
 
 
 最後に、ソンクラーンはタイ正月だと言いましたが、日本の正月と同様に帰省ラッシュが発生します。それだけ、多くのタイ人が地方へ帰るのです。したがって、女の子たちも交代で休むことが多いです。女の子の数が目立って減るほどではありませんが、前後の期間も含めて、交代で数日の休みを取ることがあります。
 
 GW中は、休んで帰省する子はほとんどいません。それより、特定のお客さんにブッキングされて、一緒に行動するケースが多いと思います。最近は、ほとんどの子がLINEでやり取りしていますから、客も簡単にブッキングできるようです。
 
 
 遊び方は人それぞれです。自分が楽しいと感じる遊びをしましょう。ただし、相手に強制しないこと。本当はそんなことを言わなくても、強制している時点で楽しくないはずなので、楽しみたい人なら絶対にやらないと思います。強制したくなったら、楽しんでないなと気づいてくださいね。なお、私は例年のごとく、ソンクラーン中はバンコクから脱出します。探さないでください。