Pocket

 読者のワイリーさんが、4回目のタイ旅行をされたレポートの第2弾になります。今回はバンコクのソイカウボーイ、ナナプラザ、パッポンで、どういうことになったのでしょう。個人的にはLB(レディーボーイ)と間違いを犯してほしいのですが。(笑)どうぞ、ご覧になってください。
 
 
◆・・・・・・・・・・・・<読者投稿>
3日目(~バンコク)
復活して勢いがあるソイカです
まずは8時の顔見せを見ようとバカラに8時前に入る。早かったせいか思ったほど混んでません。7割くらいのお客様ですが、ほぼ全員日本人です。こういうときは日本語はわからないふりをして、他の人とはかかわりませんモードです。(水180バーツ)
 
1階正面のいい席。スピーカーが足元で響き、頼んだ水がスピーカーの振動でテーブル上を動くので気づくたびに落ちないように位置を戻すのがわずらわしいほど。ステージを終えた嬢が横でくつろいでいます。でも、なんか前よりかわいい…って嬢が少なくなったような?もちろん他から比べれば十分以上に綺麗なのですが、それだけ私がGOGOになれてしまったのでしょうか?皆さん同じような顔とスタイルといいますか、バカラ顔といいますか、パターンが似ています。はずれはないんだけど、選びにくい感じが…。
 
しばらくして、2階に移動(今日は3階はやってません)。こちらのほうが個性が強いと言うか、1階との差がありすぎる。むしろ選べないレベルがそろっている(ただこちらのほうが声をかけて楽しみやすいのですが…)。1階は踊らず(揺れるスペースもないほど30人近くがステージに上がっておりました)定番ですが、面白みがなく、2階は他の店以下の見た目(裸の巨乳嬢が多く20人弱でしょうか、その分面白い嬢は多かったのですが…)。でもバカラに来たくなります。しかしこんな大勢のバカラ嬢、全部で何人くらいいるんでしょう?ドリンクは高いけど、やはり来てよかった…。
 
2軒目はカーボーイ2(水95バーツ)会いたい彼女は不在のようです。何人かに偵察をかけますが、皆ホリデー、バカンスと教えてくれ、不在を告げられます。彼女たちにお礼のドリンク(テキーラコーラ攻撃をかわせませんでした)とチップを渡して店を意気消沈のまま出ます。(ちなみに最後盛り上がった彼女にペイバー代を聞くと800バーツ、ショートは2000、ロングなら3000でいいわよと言われました。カーボーイは高いと思っていただけに、ペイバーしちゃおうかなと一瞬悩みました)
 
3軒目はスージーウォン(コーラ135バーツ)ここで元気を取り戻しますか。ショーが10時からと言うのに知った顔の給仕が見えたので30分以上も前に入ってしまいました。
馴染みの給仕さんは必殺技のサライ(味付け海苔)とお菓子を配ると、すぐに思い出してくれました。私にも私にもと無邪気にみんな寄って来ます。
 
ここはドリンク攻撃も少なく、まったり給仕さんと話しこみ、もう帰ろうかなと思い、最後に、そういえば2年前のあの娘どうしてるかな?去年来たときは辞めちゃったって言ってたけど、元気でやってるかな?彼女覚えてる?とスマホの思い出の写真を見せながら尋ねてみると
「いるよ」
へっ??私が驚く番です。ちょ、ちょっと待ってよ、辞めたって言ってたじゃん
「ちょっと待って、向こうでお客についてるから、呼んできてあげるよ」
嘘だろ、なんだよそれ?!動揺が隠せません。
 
確かに彼女の面影を残した洗練された嬢が、ステージの反対方向で日本人と思われる若いグループにドリンクをもらっているようです。しかし、知り合いがいるとでも言ったのでしょうか、私と目を合わせると、すぐこちらに来ます。なんとなく私を覚えているような、思い出そうとしている不思議な顔の彼女に、スマホの写真を見せます。そこには田舎から出て来たてのようなすこし垢抜けない嬢が写っています。
 
私:これはあなたかい?本当?(自分でも目の前の嬢が綺麗に垢抜けていたので、似てるような違うような確信が持てません)
嬢:うん、懐かしい、恥ずかしいなぁ…
そういうと、2年前そうだったように、隣に来て私の肩にちょこんと顔を乗せます。あぁ、思い出した、このしぐさは彼女に間違いない。去年、もう会えないと思ったのに…。なんでいるの!!ペイバーするから。何も考えずに口をついて出ていました。
嬢:この後ステージがあるから終わってからね。
私:うんうん、後で迎えに来るからね。
嬢:とりあえず飲み物頂戴…
 
2年前は初々しかった彼女は自分からドリンクをくれと言えるくらいたくましく立派なGOGO嬢に成長しているようで、うれしく思いました(が、いきなりテキーラ続けて2杯は成長しすぎだよ…)。ずっと横についてくれ、ステージが終わってお疲れ様とドリンクをご馳走すると、後で迎えに来るねと約束して別れました。馴染みの給仕さんは、よかったね、よかったねと微笑んでくれます。今回は給仕さんのおかげです。もちろん、給仕さんにも大盤振る舞いです。ありがとう。
 
興奮冷めやらずにクレイジーハウスに行きますが、1階も2階も人人人。盛り上がりすぎの大混雑で、あきらめて出てきました。
 
ナナへ移動
4軒目はエロチカ3階(レッドブル130バーツ)私の場合ナナはここで給仕さんとじゃれあってから回るのがパターンとなっています。偶然オレンジのポロシャツを着ていたのですが、エロチカ給仕のユニフォームと一緒で、あなたここで働きなさい!と盛り上がります。お菓子をあげると、かわりにお菓子をもらったりで、エッチな店なのに、終始笑いっぱなしで、ママさんとも仲良くなりました。
 
気になる嬢が何人かいました。一人はスレンダーな無表情の嬢。私と目が合うのに全く表情を変えず、ステージの出番が終わるとすぐ外に出て行ってしまう。惹かれました(でも会話盛り上がらなさそう…)。とにかく明るい給仕さんたちとまた明日ね、と笑顔で別れます。(帰るときも自分の飲み物片付けて行けよと、俺が従業員である姿勢を崩さす、大爆笑で送られました)
 
5軒目はスパンキー(水120バーツ)ファランでいっぱい。盛り上がり方が半端なかったです。女性客も多く、相変わらず明るいエッチな店ですね。
 
6軒目はビルボード(コーラ150バーツ)幸いバスタブ周りの席に座れましたが、あまりに近すぎで凝視しずらいです。反対の回るステージの方は嬢たちがぎっしり満載で乗って回転しておりました。ここもファランで大盛り上がり、席がないくらいでした。トイレに行って帰ろうとしたらショーが始まるところでした。見逃してしまいました。残念。
 
7軒目はジェイルバーズ(水140バーツ)。毎回思いますが、広すぎます。嬢が少なく見えます。バスタブもステージも、3階ステージも遠く感じます。3階の裸嬢がやたら私にちょっかいを出してくるのですが…遠いから、無理…。ここで3階のステージから豪快にお金をばら撒くファランの彼女がいました。私が見てもかなりばら撒いてる感じがありました。偶然私のテーブルにもひらひらと500バーツが!!必死の形相の嬢にプレゼントいたしました。
 
駆け足で、キャンディランド、ツイスターバー、エンジェルウィッチ、レインボー全店(レインボー1の嬢がかわいくて迷ったのですが、今日は約束があるのでゴメンと別れました)と回りましたが、スージーウォンの彼女のことで頭がいっぱいになっており、ほとんど記憶が飛んでます…
 
テーメー前を通ってソイカに向かいます。ここで、とってもきれいな女性が外に立ってました。でもテーメーに入れないって事は、多分同性だと思うのですが、これなら過ちをおかしてもいいかなレベル。この後の予定がなければ、一緒に帰りませんかと声をかけたくなってました。今回の旅で一番かわいかったと思います。
 
ソイカに戻り
スージーウォンに戻って、彼女を改めてペイバーして帰ります(700バーツ)。待たせてしまったようで、すぐ出てきてくれました。ご飯を食べようと、お店を彼女に任せると、ハンバーガーショップに入ります。でも彼女はすぐ、あなたはタイ料理の方がいいよね。やっぱりタイ料理屋さんに行こうと私に気を使って店を移動してくれました。
 
彼女は、2年前に私と会った後店を辞めて、実家に戻って家の手伝いをしつつOLをしていたようです。しかし、1月前から、またこの店に戻ってきたとのことです。私を見て、あなたメガネはどうしたの?今回私はコンタクトレンズをしていたので、はじめ会ったときにわからなかったようです(そりゃぁ2年前に1回しか会ってないんだから)。ですが、スマホの写真を見て思い出してくれたそうです。あの時は、(自分の)スマホの画面が割れてたけど、ほら新しいの買ったんだよ、とかいろいろ当時のことをしっかり覚えています。
タクシーでホテルに戻り、つたないタイ語と英語で会話に花が咲きます。再会のお礼につけていた腕時計をあげました。
 
 
4日目(バンコク)
毎日タイマッサージに通っていましたが、どうも店のエアコンが効きすぎるんだよな。寒いし…。しっかり風邪をひいてしまいました(でもバンコクの気分高揚が脳にそれを認めさせません。その結果…)
ソイカに移動し6時半からシャークのハッピーアワーと言うが…店先で飲めるだけで踊りはもっと後なんですね。ということで、パッポンに移動します。
 
パッポンに移動(地下鉄は寒いことを思い出しました。というかもう体は寒い寒いってなってました)
1軒目はエレクトリックブルー(ドラフトビア65バーツ)男子校の制服上半身にミニスカート、どう見てもターゲットは日本人ですね。水着っぽいグループは胸元にコヨーテバイmooって書いてあったけど何なんでしょう?

チェックのときに給仕が「おつりは入らないよね、もらっていい?」となんで初めてあった人にそんなこと言われなければならないの?と一人切れてしまい、唯一チップを一切あげない店になりました。店側はもちろんそんなことわからないから、チップよこさないならさっさと帰れみたいに追い出されましたが、私以外にもああいうことしてるんでしょうね。もったいないですね。
 
2軒目はスーパースター(7up120バーツ)思い出の店です。まったりしていて落ち着きます。ママと給仕はやたら話しかけてきます。数年前に来ていい思い出の店なんだよと話したら、ゆっくりしていってねと、時々ステージを指してあの嬢どうだ、この嬢どうだと控えめな売込みが好感度アップです。しかし、この日は音響効果の調子が悪かったようで、短い時間に何度も壊れており、ただでさえ踊らない嬢たちはますます動かない嬢になってました。
 
3軒目はバダピン(レッドブル130バーツ)実は前回入ったので場所はわかったのですが、なぜか外にネオンも看板もなく(違う店の名前がついていた)外にいた呼び込みの人に、ここはバダピンでいいの?と聞いて入る始末。入ってみたらファラン1組だけしかおらずほぼ貸切。お客がいないからか嬢はあまり踊っておりませんでした。綺麗でスタイルのいい方が多かっただけに、少し踊りを見たかったです。残念です。
 
今日は全くパッポンでいい思い出が作れず、最後の砦に期待をかけて向かいます。
4軒目はピンクパンサー(水90バーツ)実は8時に来たら誰も踊っておらず、何時ごろから踊るのと聞いて、そろそろと思い来たのですが、まだ踊ってません。今化粧中だから、もう少し待っててと言われ、中で期待を膨らませ待ちます。8時45分。いよいよ始まりました。各テーブル上3人ぐらいで全員で20人ぐらいでしょうか。そうそう、こうでないと。お客さんも少しずつ入ってきます。スタイルのめちゃめちゃいい小顔の子がやたら踊りながら私にちょっかい出してきます。うーん、この後何もなければ呼びたいなぁと思いつつ、彼女にチップを渡して引き上げます。最後にようやくよかったと思えるひと時でした。
 
ソイカへ移動
カーボーイ2に行き、昨日の嬢を見つけ、探している嬢は今日はいる?と聞きますが、お休み~と教えてくれました。今回も彼女には会えませんでした。しょうがないかと、中に入ったのですが、席もないぐらいの混み様です。これはあきらめるかと、本日は出てきました。
 
5軒目はシャーク(水145バーツ)。ステージの嬢はきれいでしたが、給仕さんがかわいくて、そちらに見とれておりました。サライを気に入ってくれたかわいい給仕さんです。次回も会いたいです。お客は少なかったですが、上半身裸だし、綺麗な人多いし、嬢たちノリがいいし、のんびりできるし、好きな店です。
 
6軒目はスージーウォン。昨日の彼女に明日早いからペイバーはできない、ドリンクだけでごめんねと別れのドリンクを振る舞い、別れを告げます。彼女は昨日あげた時計を早速つけてくれていて、かわいいでしょと私に見せてくれます。しかし、彼女はやはりレベルアップしていました。かけつけ3杯テキーラを注文させられました。でもかわいいから許します。
 
首筋(パタヤの彼女のキスマーク)を見て、対抗意識が出たのでしょうか、しっかり口紅をぬったその唇で首筋にキスマークをつけられました。店を出た後ぬぐったのですが…。彼女にチップを渡し、また会おうね、と約束をして別れました。まさか、もう一度会えるとは思いませんでした。この店に帰って来てくれてよかった。素朴な彼女が好きです。
 
7軒目はローハイド(水145バーツ)ちょっと悲しい気分を変えたかったので入りましたが、ショーが面白すぎます。吹き矢のショーはファランの女性に大うけです。ケーキのろうそくも吹き消すし、私も大笑いして見てました。なんとなく、楽しくなってきました。日本人は私だけだったようですが、こういうの私は好きなんですけどね。
 
ナナへ移動
8軒目はエロチカ3階(レッドブル130バーツ)ナナのスタートはここです。昨日の無表情の嬢は相変わらず目を合わせてくれるものの、そこから先が進展しません。実はもう一人昨日気になった子がいたのですが、今日は見つかりません。給仕にサライを配っていると、おいおい唇にキスの跡の口紅残ってるぞと冷やかされます。先ほどの店で首筋の口紅はぬぐったのですが、別れの最後のキスでばっちりつけられていたことに気がつきませんでした。スタッフ全員が爆笑です。
 
ママが誰かいい人いないの?というので、昨日見た○番というと、うーん、今日はいないね。そういって、ママはスマホを取り出し、この子でしょとラインの写真を見せてくれます。??全然雰囲気違う。でも多分この子だよな?ママから残念だねと慰められ、給仕に持ってる全てのお菓子を提供し、違う意味で盛り上がって店を出ました。
 
9軒目はマーキュリー(ドラフトビア105バーツ)。全体が見渡せる席でのんびり見てました。お客のファランがママと大盛り上がりでしたが、ママさんちょっとはしゃぎすぎて私には邪魔でした。
 
10軒目はキャンディランド(レッドブル130バーツ)DJの側に座ってDJプレイを見ていたら、こっちに入ってもいいよとDJから声をかけられる。DJにドリンクを振舞いました。自己紹介の後、いろいろ機材の話などをして盛り上がっておりましたが、ステージの嬢たちから、そっちじゃないだろう、こっち見ろよと視線がすごかったです。確かにきれいな全裸嬢もいましたが、右手を怪我しながらも曲をつなぐDJがいい奴でした!
 
ビルボードに入ろうとしましたが、全く入れないほどの大混雑。今日はあきらめです。
11軒目はジェイルバーズ(水120バーツ)横にいたファランのノリが楽しく、二人で盛り上がりまくってました(そういえば以前来たときも同じように盛り上がったことがあったなぁ)ここでは、営業に来てた嬢そっちのけで私とファランで盛り上がってたので、嬢にパンチされちゃいました。
 
しかしこのファランの飲み方はスマートでした。営業に来た嬢にドリンクはご馳走しておりませんでしたがいろいろ話しをして、チップを渡してお帰り願っておりました。その次に、ファランは俺のところに来て盛り上がってましたが…。だったら俺にもチップくれよ。
 
 
この後、テーメー前を通り、昨日の女性?がいないかと探しましたが、もちろんいませんでした。いやぁ本当綺麗な人だったなぁって、ぼーっとなってきましたが、熱を帯びたのはそのせいだけではありません。体が言うことをききません。これは…、風邪ひいたな、それとも昼にドリアン食べてレッドブルとかアルコールさっき飲んだせいかな…。とにかく、宿になんとかたどり着いた体で必死でした。部屋に入ったとたんにベッドにバタンキューです。
 
しかし、帰らなければという本能がどこかに残っていたのでしょうか。ほんの数時間の仮眠で見事に起きることができました(体調は最悪でしたが)。いつも目覚ましタイマー代わりにつけていたテレビもなぜか今朝はつきませんでした。このままぐっすり眠っていたら、前回以上の失態を犯すところでした。
 
 
5日目(~日本)
宿の人に風邪を引いたみたいと話すと、ちょっと待ってと奥に行き、なんかもってきてくれたと思ったら、このメモ薬屋さんに出せば薬もらえるからって、朝9時前に店開いてないだろ。まったく、おちゃめなホテルマンだ。
モーチットまでBTSで移動し、そこからドンムアン空港まで29番のローカルバスは無料でした。
楽しいバンコクの地を離れ、無事帰国です。
 
パッポンは期待していただけにがっかり感が強かったです。ピンクパンサーは嬢も給仕さんも好感の持てるいい方でした。
ナナは日本人が減ったような気がします。オカマに注意して歩きましたが、ここでは全然もてなくてよかったです。
ソイカは今勢いがあると思いました。バカラは定番として、他にも人がいっぱいでとても楽しいと言うのが素直な気持ちです。
また、今回はまさかの出会いがあり、わくわくどきどきでした。彼女とは連絡が取り合えるようになったのですが、なかなか返事をくれません。でも次は貴方の誕生日に会いましょうと約束をしましたので、こちらも新たな物語が始まりそうです。
 
ただ、今回は最初から体調が不良であったようで、かなり無理をして動き回った結果、最終日には風邪を引いてどうにか帰ってくるという失態を犯してしまいました。GOGOで楽しく遊ぶためにも、体調の管理はベストにしておかなければいけないなぁと改めて思いました。
いろんなGOGOがあり、いろんな思いを持って今回も楽しめたGOGOの出会いでした!!
◆・・・・・・・・・・・・<読者投稿>
 
 
 ワイリーさん、今回もバンコク内を縦横無尽に回ってお疲れ様でしたね。それにしても、惜しかったなあ。テルメの彼女。ソイカウボーイの子との約束を反故にして突っ走る勇気を持って欲しかった。次回に期待します。
 
 パッポンのスーパースターは、キスのオーナーでもあるようで、今はキスを閉めてスーパースターだけでやっています。ママさんも女の子も移動していましたね。看板ネコちゃんは、どうやらキスの辺りにいるとのことでした。
 
 エレクトリックブルーは、ママが問題です。女の子たちに、ママにドリンクをご馳走するようにと、客に頼むことを強制しています。給仕のしつけの悪さも、ママの影響かと。それと、以前のオーナーとは替わったそうです。
 
 次回のパッポンは、ぜひキングスキャッスル1と2へ行ってくださいね。特に1は、ほぼ全員コヨーティーですが、容姿も素晴らしい子が多いし、(一部)よく踊っています。ペイバー代がコヨーティーでも600バーツくらいで、ゴーゴーガールと同じというのがいいです。
 
 最期は体調を崩されたようですが、仕事に影響がなかったのでしょうか。自分の体調とも相談しながら、夜遊びを楽しみましょうね。お疲れ様でした。