Pocket

 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。と言いつつ、すでに月が変わって2月になっていますが。でも、あながち間違いとも言えません。旧正月(中国正月)は1月28日でしたからね。さらに言えば、元々は節分で年が変わるので、2月4日から新たな年とも言えるのです。
 
 まあ2月4日から新年というのは、四柱推命など易をもとにした考え方ですけどね。そちらに詳しい方は、馴染みがあるかもしれません。私はそれほど詳しくはないので、そちらの話は聞きかじり程度です。でも、タイ人にも馴染みがあるのが中国正月です。この日は、赤い服を着て祝うのが中華系タイ人の常識です。
 
 
 1月28日は、ナナプラザへ行きました。馴染みの子と会った時、まっさきにこう言われました。「なんで黒い服着ているの?今日は赤い服でしょう?」その子が中華系かどうかは知りませんが、見た目はそんな感じがしなくもありません。私が黒い服を着ていたのはたまたまで、決して前国王陛下の喪に服したわけではありませんよ。
 
 街中では、まだ黒い服を着ているタイ人を多く見ることも事実です。しかし、一般大衆への服喪義務は終わっており、何を着ていてもとがめられることはありません。喪章も要りませんので、心配することなく普通の服でいらしてくださいね。
 
 
 最近感じているのは、コヨーティーの始動時刻が早まった、ということです。服喪中からなのですが、それがずっと続いている感じです。ナナプラザのツイスターバーも、19時半からコヨーティーが出勤しています。まあここは、コヨーティーしかいないのですけど。トップレスもいるので、コヨーティーとは思えないかもしれませんけどね。ストッキングも履かないし。マンダリン1や3も、20時にはコヨーティーが出勤しています。
 
 ソイカウボーイのライトハウスも、20時からコヨーティーが普通に踊っています。ゴーゴーガールはせいぜい5人くらいしかいないので、これまた仕方ない一面もありますが。向かいのカウボーイ2もほぼコヨーティーだけなので、同様な感じです。ライトハウスでは、21時までのハッピーアワーに加え、水曜日は終日100バーツのドリンク料金というプロモーションもやっていますね。
 
 ソイカウボーイは、ほぼ全店にコヨーティーが派遣されています。されていないのは、バカラ、クレージーハウス、スージーウォン、ファイブスターズくらいではないかと思います。前から言っていますが、それだけコヨーティーとゴーゴーガールの垣根が低くなり、差が縮まってきていますね。
 
 
 ただ、レディースドリンク代は、全般的に上がっている気がします。パッポンのキングスキャッスル系では、200バーツになっています。ソイカウボーイのスパイスガールズ系がもっとも高くて250バーツです。しかし、飲み物によっては、もっと高いところがあります。ソイカウボーイのドールハウスでは、ビール系(スパイも含む)のレディースドリンクは290(280?)バーツでした。テキーラなどが160(180?)バーツくらいだったので、異常に高いです。
 
 まあ物価も上がっていますし、もう1ドリンク200バーツくらいで考えた方が良いのかもしれません。それで概算でドリンク代を計算すれば、ほぼ間違いありませんから。ナナプラザのツイスターバーでも、レディースドリンクは185バーツです。徐々に200バーツ平均に近づいているという実感です。
 
 
 それに比べると、女の子たちの取り分は、それほど上がっていません。せいぜい1ドリンク60バーツくらいで、以前までの50バーツと大差ありません。さらに、1杯目はドリンクバックがもらえないというシステムの店もけっこうあります。ですから、5杯ご馳走になっても、ドリンクバックは200バーツ(4杯分)ということになるのです。
 
 ノルマに達しない場合は、ペナルティーという店もあります。特にコヨーティーは、日給月給(週給)というシステムが多いので、1日5杯のノルマを達成しないと、日給からカットされるということがあるようです。
 
 こういうのを聞くと、なんだかかわいそうになっちゃうんですよね。そのくせシャイで、自分から営業できないという若い子がいたりします。(積極的に営業しまくるのは、たいていオカマ(LB)です。それか、もう場馴れし過ぎたコヨーティーですね。)先日もキングスキャッスル2で、割りとよく踊っているのに呼ばれなくてしょげてた若い子に、ドリンクをご馳走しちゃいました。とは言え、私一人の財布でどうこうできる問題でもないので、「がんばれよ」と言うくらいなのですけどね。
 
 
 パッポンでは、グラマーのあとだと思うのですが、新しい店がオープンするようです。(すでにオープンしているかもしれません。)情報源は、エレクトリックブルーのタイトルちゃん。そっちへ移籍するかもと言っていました。どうやらまた、ママさんとの相性が悪いようです。いつものことですが。
 
 その近くにある渡り廊下のようなブラックパコダは、相変わらず頑張って営業してますね。最近は行っていないので、どんな感じなのかわかりません。下から見上げていると、踊っている女の子が手を振ってくれたりします。入り口にはたいてい、呼び込み嬢(エスコートガール)がいるので、もしよろしければどうぞ。
 
 
 最近の閉店時間は、だいたい2時から3時のようです。通常通りに戻った感じです。ときどき警察の手入れみたいなものがあり、1時とかに閉めさせられることもあるようですが。私はたいてい24時くらいには帰るので、遭遇したことはありません。女の子からの情報です。
 
 こんな感じで、ゆるーくゴーゴーバー巡りを続けています。いつまで、こんな感じで続くのかわかりませんが、やれるうちはやってみようかと思っています。基本的にゴーゴーバーが大好きですから。ということで、今年もどうぞよろしくお願いします。