Pocket

 読者のワイリーさんから、また投稿をいただきました。7月末から8月にかけて、バンコクとパタヤのゴーゴーバー巡りをされたそうです。初めてのゴーゴーバーで右往左往された1回目のころから比べると、もう完全にベテランの域に達しておられるようです。
 
 
◆・・・・・・・・・・・・<読者投稿>
やはりゴーゴーは楽しいですね
 
8泊9日(パタヤ5泊、バンコク3泊)の旅行です。悲喜交々はいつものこと、楽しい想い出が増えました。
今回は控えめに健康に気をつけ、ドラフトビールは無理に飲まない、焦ってぐるぐる回らないなど、心に留めておいたはずなのに、1日平均15件と延べ100件を超えるゴーゴー巡りを満喫しました。
 
 
●初日(1日目)~2日目 バンコク
いつものエアアジアでドンムアン空港に向かい、これまたいつもの赤バスとBTSでバンコク中心部に向かいます。
いつもの宿のみんなが明るく迎えてくれ、観光客ワイリーの旅がスタートです。
 
 
夜を待って、まずはパッポン。
ピンクパンサーがずば抜けてよかったです。スリムで小尻がぷりっと上がったかわいい、小柄な愛想のいい娘ばかりです。
キスは私が行った日はよかったのかな。彼女達が一番楽しそうにステージで盛り上がってました、雰囲気が好きになりました。
バタビンではいきなり日本語メニューを出され、左右のステージから彼女たちのアピールが凄く、俺ってモテモテ、と勘違いするほどでした。
 
 
ソイカですが、クレイジーハウスは時間が遅かったのですが、日本人好みのステージの娘も多く、混んではいましたが、十分楽しめる感じです。
ドールハウスはコヨーテ?が楽しくかなり散財してしまいましたが、とても楽しかったです。ここも彼女達が楽しそうに踊っていました。
ローハイドのショーが相変わらず楽しいです。ここに入って、へへへとニヤニヤできるようになってしまうとは、ワイリーも年を取ったのでしょうか?
バカラは当然のように混んでますが、最初を逃すとすぐ大勢ペイバーされて綺麗な方がいなくなってしまうので、入るなら最初がよさそうです。
 
 
ナナは、レインボー全店とツイスターバーは相変わらずの混雑でした。ただ時間が外れだったのでしょうか。人数が少なかったり、あまり好みの娘がいなかったり。そして、あいかわらず注文注文と急かされました。
大好きなエロチカはやはり楽しかったです。早い時間に行くと、商売繁盛の儀式が見れるので、それが楽しみで早くに行ったりしてます。
ビルボードは席がないほど毎日ファランで混雑してます。行った日は誰かの誕生日で盛り上がりまくりでした。
 
スパンキーはショーが被らないようにしているのか毎日通ってもあきません。
私はステージにあげられ嬢のあそこにのせたお菓子を食べさせられると言ううれしい?女体盛りステージデビューです、写真撮られていたら日本に帰れませんよ。しかも何度も顔をがんがんと押し付けられて…、もう恥ずかしいじゃないか…。
 
味付のり(サライ)は相変わらず評判がよかったのですが、他のお菓子はいまいちでした。レインボーの店の前などはお菓子が山済みになってますし、日本のお菓子も気軽に手に入るようで、数年前とは違い、正直、あまりうけません…。これは他の何かを開拓しなければ…。
お店にもよると思うのですがペイバーショートがコヨーテで4000バーツ、ゴーゴー嬢で3700バーツでした。あまり差がないんですね。
 
 
ブログのプチボッタとは違うのですがある店で、会計が違うことがあり、何度言っても通じないのでスマホの電卓で教えてあげたら、ゴメンゴメン暗算間違えたって…。他の店ではお釣りが足りなく、チップを引いたのかなとも思ったのですが、さすがに高いチップになるので、お釣り足りないよと言ったら、あれーゴメンて…。観光客はそのまま払うかもしれませんね。
あと、いくつかの店で露骨にチップが足りないと言われました、うーんちょっと残念。
 
 
●3日目~7日目 パタヤ
ウインドミルクラブに行くと、大柄なマネージャー?が、しばらく休みだよ。みんなアナベルズに行ってるから、そっちで楽しんでくれ。と言われ、夜を待ってアナベルズへ。
確かに私の好きなウインドミルズの彼女達が大勢、おばかなことをやって盛り上がっています。パタヤはこうでないと!!(今回はあまりにおばかなことをやっており、チップさえ払えばこんなこと(飲み終わったグラスにシャーって…)もできるのかと改めて感動?しました)
 
バカラも、バンコクとは違って素朴なところが好きで結局毎日来てました。特に2階では味付のり(サライ)が大うけで、しかも早い時間だと2階に人がいないこともあって、サライで2階を貸しきってやったぞ!みたいな優越感にしばしばひたっていました。
またある日はラストに来たのですが、全員ステージに乗せて詰めて詰めて踊って踊って、ハイ交替、みたいなわんさか満員電車状態です。ペイバーされなかったのか、戻ってきたのか、最後の売り込みでしょうか、彼女達のアピールが強烈です!
 
エッチなパタヤを感じられると言うことで気に入ったのは、ほかに、ドールハウス(ここでもサライの人と言われもてもてでした)、シュガーベイビー、ペパーミントと定番のお店が裏切らずにとても楽しかったです。
 
特に楽しかったのはアイアンクラブ。相変わらずファランがパンツ一枚でおばかバスに入っているよと眺めていたのですが、ファランがいなくなったなぁと思ったら、お前が来いと言われ、あれよあれよという間に、ワイリーおばかバスデビューです。コヨーテも掴むし、バスの裸の娘もつまむし(このまま数分いたらどうなるんだろう。チップ割増しかな…)、しかも彼女達はドリンクの要求一切なしと言うところに感動を覚え、帰りはチップを散在しましたが、じっくりエッチに楽しめる店でした。
 
他にも、パレスはかわいい娘が多い、ギンザは名前ほど日本向けの娘は多くない、など、とにかくほとんどの店に入りました。
 
ワッツアップでは、ひとり雰囲気を楽しんでいたのですが、隣の日本の方が、ステージの彼女が呼んでいますよと助言をしてくれます?ん、もしかして私がどうしていいかわからないと思われているのかな?優しい隣の日本人は二人組み30代後半の方でしょうか。ここではこうしたほうがいい、こういう場合はこうです、と親切に教えてくれました。結局、二人組みなのに4人の娘をペイバーするようでしたので、どうするんですか?と聞くと一緒に食事を食べるんですよと。あぁペイバーはそういう楽しみもあるよね、と当たり前のことに感動してしまいました。
 
 
また、別の日にはLKメトロに向かいました。
相変わらずオアシスは18時から開いていて、老ファランに人気のようです。私も毎回来て、まったりしてます。
 
バチェラーも早い時間に行ったので商売繁盛の儀式をやってました。中のよいトムボーイの給仕と一緒に私も参加。木の器をカンカン鳴らして、アルコールを振りまいているのをかけてもらったりとても楽しかったです。もちろん、踊っている彼女達も巨乳で素敵です。
他にもほぼ全店回りましたが、私しか客がいないことも多く、困ってしまうのですが、LKメトロはどこもドリンク攻撃が皆無に近く、のんびりできました。
 
パラダイス、クリスタルクラブがソフトなエッチでとてもよかったです。シュガーシュガーでは給仕さんともりあがってしまい、ポップコーンを山ほどいただきました。
 
 
●最終日 バンコク
ラストは体調万全なままバンコクです。
今回も無理を言ってジャンメダイさんと同席させていただきました。
 
ライトハウス、ドールハウスと巡り、ここで別れ、私はシャークで親しい給仕さんを(今回初の)ペイバーです。ショート、ロング代はゴーゴー嬢と一緒でした。しかも次回は日本の高級美容クリームお土産に頂戴ねって…。
 
 
●番外
バービアデビュー
パタヤでソンテウを待っていると、私をしきりに呼ぶ声が。普段なら無視するのですが、外が暑く、とても愛嬌のある雰囲気の方に呼ばれたこともあり、その先のバービアに入ることに。バービアデビューです。しかも、LB(レディボーイ)の店です。
 
結論から言うと、いやぁ楽しかった。
LBの方は楽しませ精神がしっかりしていると見えて、知っている日本語を話してくるし、自分のタイ語も先生のように直してくれるし、痛し痒しと言うところです。しかもドリンク代が安い!あっという間にいい時間過ごしてました。見た目はコミカルないいやつです。しかも楽しくて、3日間も通いました。
 
2日目は慣れて来た事もあり、LBの積極性が危険です。油断してると触ってきます。止めろといってももちろん止めません。すぐに上の部屋に行こう、あなたならチップだけでいい、って…、そのときに思いました。LBの店とわかっていて入ったのですが、本当にかわいいLBにしておけばよかったと…。
しかもどんどんエスカレートし、終いには究極の選択に。私が触るか、私のを触るか…。え、おまえ付いてんの?って感じですが、おもむろにぽろんと出してきました。うわぁ、どうしよう…。と考えるのもめんどうなので、相手のを触ってあげました。いやぁ飲んで酔ってなければできないですね。でも楽しかったぁ。
 
3日目、パーティーだから来てと言われ行きました。フリーフードだよと、LBが積極的に料理を取ってきてくれます。他にも紹介されたり、一躍人気者ワイリーでした。
 
 
本当のバービアデビュー?
LBのバービアは本位ではなかったのですが、今回はフェイスブックなどでも有名な素敵な嬢のたくさんいるバービアを探して行きました。
17時くらいでしたが、ずらっと彼女達勢ぞろい。どの店からも呼ばれる呼ばれる。そして見つけたあるバービア。フェイスブックの人はいないみたいだなと通り過ぎようとしたら、それ以上に綺麗な方を見つけました。もちろん、勇気を振り絞って入ります。
奥のソファ席に通され、ドリンクを頼んでしばしの有意義な時間です。彼女は積極的に話してくれ、でもとても他の部屋に行きたいといえる雰囲気ではありません。とにかく、綺麗な方でしたから。明日も来るねと、チップを渡して帰りました。
 
翌日、彼女目当てで店に行きます。でも、昨日とは打って変わり、むしろ自分が話さないと彼女は話してくれない感じ。前日とは違い、意思疎通ができないままに、撃沈と言う感じでした。唯一一緒にとった写真もピンボケという、悲しい結果が私の思いを表しているようでした。
 
 
とにかく、のんびり、ゆったり、たくさんゴーゴーを巡ってきました。
それだけまわって言えるのは…、ゴーゴーは楽しいな!って。
これからも新たな出会いを求めて、ゴーゴーを楽しみに、またバンコクに帰って来たいと思います。
◆・・・・・・・・・・・・<読者投稿>
 
 
 ワイリーさん、今回も大いに楽しまれたようですね。もはやベテランですから、私から何か言うようなこともありません。自分が楽しみたいように、自由に楽しまれてください。
 
 思ったようにならなかったり、思った以上に良かったり、いろいろな出会いや出来事があります。それを最初からすべて「楽しむ」と決めておけば、何があろうと楽しめるんですね。出来事や相手のせいにしないし、自分が悪いと罪悪感も感じない。起きたことは起きたことですから、楽しむかどうかは自分が勝手に決めれば良いのです。
 
 そういうことがわかるようになると、「夜遊びは人生の縮図」と私が言うことの意味もわかるようになるし、夜遊びのことを人生に応用することもできます。たとえば、奥さんと上手くいかない時などにも。夜遊びでたくさん経験して良かったなって、きっと思えるようになりますよ。